『インセプション』
d0165723_12383364.jpg


昨晩、急に思い立ってレイトショーで『インセプション』を観てきました。
最初はあまり興味が無かったんだけど、ある日とある番組でこの映画はCGを使っていない、と知り、俄然興味が湧いたのでした。
無重力状態のシーンは、筒状のセットを用意して撮影したり、爆破のシーンは全てのパーツを軽い素材で作り空気で吹っ飛ばした、とか。

ターゲットの夢の中に入り、アイディアを盗み出す産業スパイの話。
でも夢に中に入りこむというより夢を共有する形で潜るので、夢に入り込んだ側の意識も投影される。
だからこそ夢のデザインが可能になるのだけど、それを理解するまでにちょっと時間がかかった。
きっと見落としていることがいっぱいありそうで、3回くらい見ないとちゃんと理解出来ないだろうなぁ。
ラストとか、私のように印象だけで捉えていると真実は見えない。
お陰で、「結局どっちだったの!?」と悩む羽目に。
ディテールひとつひとつ、細かく把握してこそ理解できる映画です。
だからこの方の捉え方はさすが!って思いました。
エッシャーの階段の絵は浮かんだけど、「見捨てられた町」という絵は知らなかった。
でもまさに!!と映画を観て思った絵。
こういうのが浮かぶ、っていうのが教養ですよね~。尊敬です。








映画を一緒に見に行ったのは、前の会社の後輩アミ。
6つ年下の彼女、東北の事業所にいたんだけど、1ヶ月ほど前に転勤で東京勤務になり、しかも隣の市に引っ越してきたのです。
車でたった20分の距離。
一緒に働いた期間は1年に満たないのだけど、妙に馬が合い10年以上の付き合いとなりました。
「いつでも遊びますよ!車も持ってきたし、猫も連れてきたし(猫大好き!)、家もまあまあ広いんでうちにも遊びに来てください。」と彼女。
当分結婚する気も無いそうです。可愛いんですけどね~性格は男以上に逞しいからね・・・
お嫁さんもらった方がいいのかも。
そんな絶好の遊び相手が近所に越してきたので、さっそく遊びに行ったというわけ。
私が独りになったタイミングでやってくるなんて、ちょっとだけ運命感じたりして。(笑)
そういえば、独りになった途端、同級生や後輩からの「飲み行きましょー。遊びましょー。」の誘いが増えました。
彼女たちいわく、「今までは一応遠慮してた」のだとか。ホント!?
とにかく、当分遊び相手に不自由しそうにない私は幸せ者かも?と思った夜でした~
by ruki_fevrier | 2010-08-15 13:32 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/11744832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-08-16 00:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2010-08-17 01:10
鍵コメ様

こんばんは~!
はい、観に行ってきました!!
面白かった~~~!
でも、同じく、字幕と画面を追うので精一杯。
いまだにあの夢を共有するしくみはよくわからない・・・
そうそう、ラストね~
それについてはランチで語り合いましょう!(笑)

ノーラン監督はきっと色々なものからインスパイアされて
あの脚本を書き下ろしたと思うので、この小説も影響している
のかもしれませんえ~
とにかく、あの絵は映画を見たら納得!!でしたよ。
それにしても、ふたりが作った街は誰もいなくて寂しかったですね。

そう、やっぱり類は友を呼ぶのか、みんなね~ごにょごにょごにょ。(笑)
私も木曜日まで、金~日はな~んの予定も入ってなかったんですよ。
それがドドドドドッと直前に決まり・・・
今週末は、ひとりでのんびりしたい気分なんですが、果たして
京都から帰ってこれるのかしらん!?


<< 久しぶり尽くしの休日 久しぶりにLIVE! >>