テーブルウェア・フェスティバル2011 その1
d0165723_22364846.jpg


NAOが誕生日を祝ってくれると言う。
「行きたいところがあったら言ってください」と言われたので、ちょうど東京ドームで開催中のテーブルウェア・フェスティバル2011に行きたい、とリクエスト。
そしたらチケットの手配からランチ場所の選定、揚句によさげな器のお店まで調べてくれてました・・・
すごいわ、NAO。大学院時代に培ったリサーチ力、総動員したわね。

毎年、会期が終わってから気付くこのフェスティバル。
行ってみたいような、怖いような・・・(笑)
とにかく、財布のひもが無くならないよう注意しなければ、、、と思いつつ家を出る。

会場には11時半ごろ入場。
蘭展に比べるとものすごく人が少ない気がしたのですが、どうなんでしょう?あんなもの?
蘭展並みの人だったらどーしよーと思っていましたが、どの展示もスムーズに見れる人数でホッとしました。





d0165723_22461714.jpg


「彩りの暮らし」コーナーで気に入ったテーブルセッティング。

一番気に入ったのはビーズ刺繍デザイナー田川啓二さんのテーブル。
「大人のクリスマス」がテーマだそうです。
何と言ってもクロスが素敵。
黒い部分が効いていますよね~。ここが黒じゃなかったら、とんでもない気が・・・
渋いんだけど派手、というコーディネイト。
リースのバックと照明の装飾以外は、めちゃくちゃ好みです。


d0165723_22503510.jpg


田川さんとは真逆の世界、黒柳哲子さんのテーブル。
「不思議の国のアリス」をイメージしたのだそうです。
確かに・・・
これ、全部既製品なんですよね?アリスの世界そのものみたいな物っていっぱい売られているんですね。
ものすごーく沢山の色が使われているのに、まとまっているのが不思議。
あのお年でこのセンス。素晴らしいわ。私も見習いたい!


d0165723_2255397.jpg


本を何冊か持っているクニエダ・ヤスエさんのテーブル。
パリがテーマで、お皿の上にミニエッフェル塔が。こういうのいいなぁ。
私は多分一生しないであろうコーディネイトだけど、モダンなのもいいなと思った組み合わせでした。


d0165723_22564772.jpg


これは誰のテーブルだったか忘れました・・・
オリエンタルでいいなぁと思ったコーディネイト。
クロスの色合わせがとても勉強になりました。
何よりもあの蓮の花をモチーフにしたお皿・・・素敵!!欲しい!!


d0165723_233196.jpg


リサ・スティッグマイヤーさんのテーブルはあまり好みではなく・・・
でもこのコーナーはドストライクでした。
私の大好きなトリシア・ギルドの世界みたいで。
壁の淡い水色、スツールの鮮やかな赤紫の柄、シノワズリーなサイドボード、春爛漫を思わせるアレンジメント・・・
うっとりです。あぁ、こんな部屋に出来たら・・・


久しぶりにコンデジで撮りまくりました。
なのでその2に続く・・・
by ruki_fevrier | 2011-02-12 23:19 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/12864010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< テーブルウェア・フェスティバル... Rigoletto a Man... >>