祖母の胡蝶蘭
d0165723_19365027.jpg


今年も咲きました、祖母の胡蝶蘭。
11年前、祖母のお葬式で祭壇を飾っていた蘭を2鉢いただいて、育てています。
この濃いピンクは毎年咲くのですが、もう1つの淡いピンクは・・・今、瀕死の状態で養生中です。
同じように育てているのに、この違いは・・・なぜ?

今年は今までで一番花数が多いです!
しかも、早めにワイヤーで誘引したので、綺麗にアーチを描いて咲いています。
やれば出来るじゃん、私!


d0165723_1940507.jpg


祖母は、「一生を家の蔵の古文書を読んで終えたい」と願っていたくらいの箱入り娘でした。
結婚はもちろん自分の意志ではなく、親の決めた相手で、それが普通だという家。
しかし、「えっ、そんなお嬢様だったの?見えなーい」と思うくらいしっかりした人でした。
父いわく、満州で終戦を迎え、祖父がシベリアに抑留されたために子供3人を連れて引き揚げてきた時の経験で変わったんじゃないか、と。
確かに、その時の話を祖母から聞いたことがありましたが、私ならとても生きて日本に帰ってこれない、と思うくらい大変な経験をしていました。
当時、心中も考えたそうです。祖父から何かあった時のために、と拳銃を預かっていて、それで子供4人を道連れに死のうと思ったのだとか。
長男だった父(当時6歳)が、「僕は死にたくない」と言って思いとどまったと言っていました。(でも父はそのことを覚えてないんですって)
そういえば、病院にお見舞いに行くと、小切手でお小遣いをくれました。
ササっとサインする姿、カッコよかったです。うん、確かにあの時はお嬢っぽかったかも。(笑)

長くなりましたが、この花が咲く度、そんな祖母の色々を思い出します。
今年もお仏壇にこの胡蝶蘭が飾れて良かったです。







d0165723_19523967.jpg


数年ぶりにオンシジウムも咲きました。
この花、どうしても民族衣装を着て踊ってる女の子に見えるんですよね~。


d0165723_19534732.jpg



みんなでダンス。楽しそう~。
しかし株が鉢をはみ出しているので、花が終わったら植え替え必須です。
頑張らねば~。
by ruki_fevrier | 2011-05-25 20:03 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/13649415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-05-26 14:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2011-05-26 23:32
鍵コメ様

はじめまして!コメントありがとうございます。
miki先生のところから、飛んできてくださったのですね~嬉しいです!
リンクもありがとうございます。
私も後で伺わせていただきます~。
Commented by a-monly at 2011-05-27 12:58
ほんとだ! みんなダンスしてる~~♪

お祖母さまの胡蝶蘭、、じーんときてしまいました。 
そして満州からの引き揚げのお話、、まるで『赤い月』や愛新覚羅溥傑と浩さんのお話のようです。こんなに身近にお聞きするとは、、
小切手でお小遣いって! なんてカッコイイんでしょ!!!
ほんとお嬢様だったのですね~☆

何だか、10年ほど前に無くなった祖母の事を思い出してしまいました。
Commented by ruki_fevrier at 2011-05-28 01:44
a-monlyさん

ね~、ダンスしてるみたいでしょ?しかも黄色と赤のスカート穿いて!

「赤い月」見ても読んでもいないのよね~。
引き揚げ時の話はもっともっとすごいのもあって、おばあちゃん、よく4人の子供を連れて帰ってきたね、
と思いました。
父も叔父たちもそれぞれ色々な思いがあったみたい。
小切手ってすごいよね。私、使ってる人を初めて見たもの。(笑)
祖母の実家は結構すごくて、多分大阪市民で知らない人はいないんじゃないか、ってくらいのところなの。
でもホントーに慎ましくて、タクシーなんかも滅多に乗らない祖父母でした。

a-monlyさんのおばあさまの話、今度聞かせてくださいね!


<< 春の薔薇2011 vol.4 ... 今宵の音 >>