「たるいなぁ」
d0165723_23193776.jpg


今日、母方の祖母の見舞いに愛知県某市に行ってきました。
具合が悪く、ベッドで死んでいた水曜日の夕方、虫の知らせというのでしょうか、ふと突然祖母のことを思い出したのです。
そしたら翌日、伯母からかなり危ない状況だ、と連絡があり・・・
一昨日、救急車で運ばれ、点滴を受けたらかなり持ち直したとまた連絡があったので、急きょ両親と会いに行くことにしたのです。

一時は意識を失ったそうなのですが、私たちが行った時はだいぶ持ち直して、ひとりひとりの顔も分かるし、言葉も返してくれました。
意識のあるうちに会う事が出来て、本当に良かったです。

庭の紫陽花でブーケを作って持って行きました。
紫陽花3種と紫のクレマチス、黄色いディルの花で作ったブーケ。
「お庭の花を持ってきたよ」と声をかけると、「ほうか~」と言ってニコーっと笑ってくれました。
昔から可愛い祖母なのですが、歳を取るにつれさらに可愛くなっています。






d0165723_23244847.jpg


一時は意識を失っていたので、回復してくれたのは嬉しいのですが、同時に痛みも戻ってきたようで、体が痛い痛いと訴えます。
そんな姿を見ていると、切なくなってきます。
長生きしてほしいけれど、痛い思いや辛い思いはしてほしくない。複雑・・・
二人きりの時に「長生きは辛い」とぽつりと呟かれ、さらに気分は複雑に・・・
「元気になるよう頑張って」とはとても言えなくなりました。

「そろそろ帰るね」と声をかえたら、「たるいなぁ」と何度も呟きました。
「つまらないなぁ」という意味です。
子供みたいに、「たるいなぁ」って拗ねたように呟くのです。

「また来るね。元気でね」と言ったけれど、次に来る時はお葬式かもしれないと両親も私も覚悟してます。
そうそう簡単に行ける距離ではありませんので・・・

でももう一度、祖母の可愛い声で「たるいなぁ」って聞きたいな。
痛くて辛いだろうけど、やっぱり1日でも長く生きて欲しい。
人はやっぱり矛盾だらけ。
by ruki_fevrier | 2011-06-26 23:55 | 日々 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/13899885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Amelia42 at 2011-06-27 08:12
rukiちゃん

おはよう♪
遅ればせながら、一周年おめでとうございます!
これからも、rukiちゃんらしく仕事や暮らしを謳歌してくださいね。

おばあちゃま、この花束を見るたびにrukiちゃんを思い出すことでしょうね。
願わくば、次に会うときも 「たるいなぁ」という言葉が聞けますように・・・
Commented by azurnote at 2011-06-27 08:46
rukiさん
紫陽花のブーケ、とても素敵です。
おばあちゃまもさぞかし喜ばれたことでしょうね。
なるべく苦痛のない穏やかな日々を過ごせますように。
Commented at 2011-06-27 10:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みゅえり at 2011-06-27 20:01 x
お見舞いもつらいけど、うちの祖母は100歳に近くなって、寝たきりです。
80代後半から認知症で誰一人わかりません。
祖父や息子に先立たれたことはわからないのがせめてもの救いですが、
行っても寝たきりで話しもしないし食事は流動食となると、お見舞いにも行く気もせず・・・
近くにいるのに祖母不幸です。
最後かもしれなくても、かわいいおばあちゃんの姿は、ちゃんと焼き付けられたのですから、
よしとして、必ず近いうちに行こう。という気持ちだけは持ってあげればいいと思います。
高い花より庭の花がなんとも温かい心遣いで、きっと喜ばれたことでしょうね。
我が家は今花はサルビア以外咲いておらず、何かあっても誰にも何もあげることができません。(--;
Commented by ruki_fevrier at 2011-06-27 23:49
Ameliaさん

こんばんは!
コメントありがとうございます★
あれからあっという間に1年が経ちました。お箸、大事に使わせていただいています。

祖母は昔、広い庭を持っていて、植物だけでなく、鳥や猫、犬、亀・・・
いろんなものを育てていたんです。
無機質な病室で、少しでも自然を感じてもらえたらなぁって思います。
本当に。私もまた「たるいなぁ」を聞きたいです。
ありがとうございました。
Commented by ruki_fevrier at 2011-06-27 23:55
azurnoteさん

コメント、ありがとうございます。
身体が痛いと苦しみ、家に帰りたいと呟く祖母を前にして、何も出来ない無力さを感じました。
あぁ、こんな時、azurnoteさんと会えたらな~。
そうですね。祖母が少しでも穏やかな日々が過ごせるよう、私も祈ります。
Commented by ruki_fevrier at 2011-06-28 00:01
鍵コメ様

コメントありがとうございます!
私も、祖母が苦しんで生きるのを見るのは辛いけれど、やっぱり出来る限り生きて欲しい、と思ってしまいます。
「またね」と言った言葉が本当になるといいな、と。

まぁ!私にお便りですか!!
鍵コメ様からのお便りなんて、すごく嬉しいです。
後でゆっくり伺いますね~~~!!
Commented by ruki_fevrier at 2011-06-28 00:06
みゅえりさん

コメントありがとうございます。
みゅえりさんのおばあ様は100歳近いのですね。
自分を分かってもらえないって、しょうがないと分かっていても悲しいですね。
仰る通り、少しでも会話が出来て、私の顔を見てもらえただけでも良かったです。
優しい言葉、ありがとう。

「お庭の花だよ」と言って見せた時の笑顔が本当に可愛かったんです。
もちろん、買ったお花でも喜んでくれたとは思うけれど、どうしても庭の花を見せたくてね。
紫陽花がいっぱい咲いてくれてるので助かりました!
あはは、花が無くても、みゅえりさんなら緑の葉や枝でグリーンのブーケを作りそうじゃない?
Commented by masoraly at 2011-06-28 12:50
rukiさん、こちらにもお邪魔しますね~。
虫の知らせってありますよね。
それにしても、お祖母様、おいくつなのでしょう。
複雑な気持ち、わかります。
私の95歳という大往生を遂げた祖母も、最後の数年は、
「お迎えが来てほしい」ってよく言ってました。
夫や息子、兄弟や友人を送るばかりで、長生きも寂しいものだなぁって。
それでも100歳まで生きるって目標と、息子や娘、孫やひ孫、
おばあちゃんって慕ってくれる方たちがいたから、元気だったんだろうと思います。
世の中は、本当に矛盾だらけですね。
心残りのないように・・・
今年も猛暑のようですが、お祖母さまが少しでも楽しめますように。
Commented by ruki_fevrier at 2011-06-29 01:00
masoralyさん

こちらにもコメントくださってありがとうございます。

そうそう、虫の知らせは恐ろしいほどビビっときたんです。
祖母は93歳。だからもういつ亡くなっても大往生だと思います。
長生きはしてほしいけれど、生きているからってそうそう会いに行けない
私がそう思うのはエゴなんじゃないかと思ったりして・・・
なんだか色々と考えてしまいました。

とにかく、また時間が取れたら母を誘って会いに行こうと思います。
祖母は家に帰りたがっていましたが、病院にいてくれた方が安心なんですよね。
ま、これも私のエゴですよね・・・(^^;


<< 梅雨の庭 アンデルセンのデンマークフェア >>