肥前磁器の華展@根津美術館
d0165723_21565255.jpg


今日まで開催だった、根津美術館のコレクション展「肥前磁器の華 伊万里・柿右衛門・鍋島」。
まだまだ日にちあるし、と思っていたら、既に最終週。
慌てて水曜日の昼休みに行ってきました。
時間が無いけどオーディオガイドを借りて。

17世紀に肥前で初めて磁器が作られた頃の、大きな染付のお皿からスタート。
まだ真っ白ではなく、少し灰色がかっていた日本製磁器が、徐々に白くなり綺麗な白磁になっていく。
そして染付だけでなく色絵も作られるようになり、柿右衛門や鍋島等独特な絵柄の器が出てくる。
また、白磁だけなく青磁も作られるようになる。
形もただ丸いだけでなく、凝った形の器も作られるようになる。
そして18世紀には日本製の磁器がヨーロッパに輸出されるようになり、脚付きのお皿など輸出先に合わせた器が作られるようになった。
最後のコーナーは、当時のヨーロッパの人々が大広間の壁一面大皿等を並べた室内装飾を再現していて、直径50センチ以上ある大皿や大きな壺が並んでました。
駆け足だったけど、日本の磁器の変遷が見れて面白かったです。



d0165723_2284238.jpg


でも、私が今回一番惹かれたものは、こちら
「嵯峨山蒔絵硯箱」です。
黒い背景に浮かぶ、大小2つの大太鼓。
このしぶーい金にノックアウトです。こんな硯箱があったらお習字頑張る!なんて一瞬思った。
いえ、思ったって買えないことはよく分かってるんですけど・・・
ため息が出るほど美しい蒔絵です。

それと、オーディオガイドで分かったのだけど、やはり根津美術館の青銅器コレクションはかなりの水準らしい。
展示室4の照明は青銅器のために特別にデザインされている。
根津美術館のチケットにも印刷されている、羊をモチーフにした双羊尊は、世界でもここと大英博物館にしかないんですって。
根津か大英博物館か、ってすごい。

TDLのような年間パスポートみたいなのがあったら絶対買うのにー。
昼休みの根津通い、これからも続きます~。
by ruki_fevrier | 2011-07-03 22:21 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/13963861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uransuzu at 2011-07-03 22:47
根津美術館に行かれたのですね。
あそこは、落ち着くいい美術館ですね、お庭も素晴らしいし。
お忙しい合間にも、いろんなことにアンテナをはっていらして、
しかもフットワークがいい・・・お若いのだわ~
(私も、今回は北鎌倉まで行ってきましたよ)
Commented by xiangpian at 2011-07-05 18:56
まさに!
オランダの美術館なんか行くと、↑写真のようなすごい大きなサイズの伊万里柄のお皿なんかがたくさんあります。
デルフト焼きやマッカム焼きなんかも、東インド会社があった頃の長崎の出島との交流と影響で、すごく日本の焼き物に似ているものがあるわ。  蚤の市に行くと、ときどき、え、これ日本の骨董市?って思うような品揃えの店があるから、驚く。
和骨董、古伊万里なんかが大好きな私には、かなり嬉しい。
ただ、やはり日本の繊細な絵仕事は、真似できないっぽい。
根津美術館・・・行かねば!!!  
Commented by ruki_fevrier at 2011-07-10 11:53
uransuzuさん

お返事、ものすごく遅くなってしまって本当に申し訳ありません!
↑のような状況でして・・・PC立ち上げる気力も無い1週間でした。

根津美術館、オフィスから徒歩1分のところにあるんです。
お庭、素晴らしいですよね~。都心にいることを忘れてしまいます。
若くないですよー。あちこちゼイゼイ言いながら行ってます。
uransuzuさんこそ、北鎌倉での個人レッスンなんて素敵!!
そちらの方がすごいと思います。
後でブーケ、拝見しに伺います!!
Commented by ruki_fevrier at 2011-07-10 12:09
xiangpianさん

お返事遅くなってごめんなさい~。
なんとか自力浮上してるけど、こういう時は彼氏がいたら・・・って思っちゃった。でも今はやっぱりいらないけど。(笑)

そーなんだ!すごく大きいお皿がいっぱい並んでて、これはいくらなんでも
実用品じゃないなーって感じでした。
確かに、お城のホールを飾るならこのくらい大きくないと映えないもんね。
そうそう、長崎の出島からオランダ向けに輸出された陶磁器がいくつかありました。
江戸時代はオランダとしか交易してないからね。

今回の企画展、xiangpianさん見たらすごく楽しかったと思うよ。
日本磁器の、デザインや素材等いろんな角度からの変遷がよく分かりました。
日本の染付や古伊万里を真似したオランダの磁器、もし蚤の市でゲットしたら見せてねー。

帰国したら根津美術館にぜひいらして!カフェでランチしましょ♪


<< お暑うございます・・・ 梅雨の庭 >>