ラファエル前派からウィリアム・モリスへ@目黒区美術館
d0165723_23154973.jpg


今週月曜日、五十嵐太郎さんのツイートで知った「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」展。
調べたら木曜まで!ひーっ、行けない!!
と嘆いていたら、隣でアシスタントが囁く。

「どうせ水曜日歯医者で早退するんですから、ついでに行っちゃえばいいんじゃないですか?」

そーね、そーね!
いつも「お先に・・・オホホホ」と笑ってごまかしつつ歯医者に向かっているのだけど、堂々と半休取ればいいんじゃん!

というわけで、半休取って行ってきました。懐かしの目黒。
高校生時代、週1回、目黒のヤマハまでエレクトーンのお稽古に通ってました。
部活終わってそのまま電車に乗り、2時間かけて。
時には竹刀担いで行ってましたねー。
おぉ、権之助坂商店街に大鳥前商店街・・・懐かし~、と呟きつつ向かいました。

14~15世紀の絵画しか興味が無いので、あまりよく知らないラファエル前派。
2008年のミレイ展に行った時も、ラファエル前派の画家としてのミレイより、「オフィーリア」の作者としてのミレイを見に行ったくらい。
ラファエル前派の画家としては全然意識していませんでした。

ミレイ、ラスキン、ハント、ロセッティ・・・個別ではなく、このように全体を俯瞰するような展覧会は珍しいのだとか。
芸術家と職人が分離していない「中世」を理想に掲げたラファエル前派と、美術と工芸の融合を目指したモリスのアーツ・アンド・クラフトまでの流れを展観する展覧会。
すごーく面白かったです。知識が欠落しているところをが埋まっていく感じ。







d0165723_23335144.jpg


例によって心に残った絵を羅列。

・ロセッティ「マリゴールド」(1枚目の画像) バックのモリスっぽいタペストリーが美しい。ロセッティの絵は、女性の顔があまり好きじゃないのだけど、これは好き。ハントは自分の描く女性の方が、モデルの個性をより表している!とロセッティに張り合ってたらしい。確かにそうだけど、ハントの絵はあまり好きじゃない・・・

・ラスキン「ルーアン大聖堂西玄関口」 鉛筆で描いたものに水彩で着色。こんな風にスケッチ出来たら楽しいんでしょうねぇぇぇぇ。描写力にあんぐりしてしまいました。

・モリス商会のタペストリー「東方三博士の礼拝」↑ 幅4m近くある大きなタペストリー。モリスらしいグリーンが美しい作品。ところどころ刺繍がしてある。たとえば、この赤い服の丸い装飾。刺繍によって、模様が浮かび上がる。このタペストリーの前に椅子があったら時間ぎりぎりまで眺めていたのにな。

・ミレイ「目覚め」 ミレイ展に続いて2度目です。真っ白な世界に、鳥かごのグリーンが効いてます。ミレイの絵はやっぱりいいなぁ。


d0165723_23433578.jpg


・ウォーターハウス「南の国のマリアナ」 こちらはこの絵の習作らしいのですが、私はこの絵の方が好き。マリアナの嘆き具合をより強く感じます。
そういえば、ミレイ展で一番印象に残ったのもマリアナでした。
色彩豊かなミレイのマリアナと、構図が絶妙なウォーターハウスのマリアナ。どちらも好き。


d0165723_23482713.jpg


・モーガン「フローラ」 マリアナの隣に展示されていた「フローラ」。とても大きな絵です。見た瞬間、ボッティチェリの「春」が浮かびました。間違いなく影響されてることが分かる絵。菫の花が描かれた衣を纏い、バラの花を抱えそれらを振り撒く少女。足元の花々の鮮やかな色彩、こぼれ落ちるバラの描き方がリアルで思わず見入ってしまいました。
今回の展覧会で一番感動した絵です。これを生で見れただけでも行った甲斐がありました。


私的額縁ベスト3は、「マリゴールド」「目覚め」、そしてアーサー・ヒューズの「彼は蘇る」。
一番は「マリゴールド」のゴージャス過ぎない清楚な額縁。「彼は蘇る」も繊細な装飾で美しかったです。
ハントが自分でデザインしたという「ビアンカ」の額縁は、絵の中の女性と同じく「どうだ!」って感じでちょっと笑っちゃいました。


トラブルが無事に収まったので気持ちよーく絵を楽しむことが出来ました。
展覧会は明日まで。もしご興味がある方がいらっしゃったらぜひ!
by ruki_fevrier | 2011-07-13 23:59 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/14088392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by YAsapi at 2011-07-14 06:27
無事、解決、おめでとう!
美術館へもコンサートにも行ってないな〜。
では。明日。
Commented by boosuka1220 at 2011-07-14 21:02
rukiさんへ
がーん。。。ウォーターハウスの作品ありましたか。。。
行きたかったなあ。
庭園美術館に行ったとき、看板があったのは
気づいていたんですが−。なんだあ〜。
お仕事、お疲れ様でした。
(あのおじさんから解放されたのですか?)
そろそろ出張シーズン、お体気を付けてー。
Commented by ruki_fevrier at 2011-07-14 23:33
Asapi先生

ありがとうございます!
そーなんです。無事、解決。しかも予想以上に良い収まり方で。
とにかく良かったです。

ここ数カ月、美術館通いが続いています。
去年の出不精が嘘みたい。(笑)
まだまだ行きたい展覧会が続くので、忙しいです~
明日、お待ちしてます!
Commented by ruki_fevrier at 2011-07-14 23:36
ブースカさん

あ、やっぱりご存知でした?この展覧会。
でもウォーターハウスの作品があるのは知らなかったんだ・・・
「フローラ」と「マリアナ」、2作品が展示されていました。
ラファエル前派、全体像に関する知識が無かったのでとてもいい勉強になりました。

じーさんからの解放・・・解放どころか・・・今度ランチしながら聞いてください!!
最終週から出張シーズン開幕です。来月の関西出張まで、倒れないよう頑張ります!


<< プラムで Tea For Two♪ 庭に癒される >>