ひとときのうちに永遠がある
d0165723_2158428.jpg


この3連休中に見たベニシアさんの『猫のしっぽ カエルの手』で紹介されていたウィリアム・ブレイクの詩の一節。


  一粒の砂にも世界が
  一輪の野の花にも天国がある
  きみの手のひらには無限があり
  ひとときのうちに永遠がある


胸にズンと来たので書き留めておきます。

今日は夕方、1時間ほど庭に出て薔薇の手入れ。
涼しかった時期についた蕾が咲いていたので、ミニミニブーケにして安土さんの花瓶にポン。

安土さんのまあるい一輪ざしは、水を入れるととても綺麗に光を集める。
眺めていると小さな世界を手にしたような気分になる。
ブレイクの言う、掌の無限。
by ruki_fevrier | 2011-08-08 22:02 | 日々 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/14306063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a-monly at 2011-08-09 21:57
ピンクに紫って、素敵な組み合わせですよね~
最近、ピンクと紫って気になるお色!(お花以外も全部)
「猫のしっぽ カエルの手」観たい番組・・・BS繋いでないので見られませんが・・^^;
確か、フィレンツェの山のお家で暮らしているご家族が出演していると思うのですが・・(前回のイタリア旅行で、その方のお宅で開催されているお料理教室に参加したのです)
詩の一説、とても深くて、素敵な言葉。心に残りますね。
最近、日常に追われているような生活。rukiさんのように、お庭の手入れをしてお花を活けたり眺めたり、そんな風に過ごしたいな。
あ、ベランダしかないし、何も置いてないけど^^;

Commented by ruki_fevrier at 2011-08-09 23:47
a-monlyさん

たまたま咲いていたので合わせただけなんだけど、組み合わせてみて意外に良かった!(笑)
ピンクとパープルなんて乙女じゃない~?ピンクなんてしばらく着てないわ。

BS、意外に契約してない方が多いんですよね。
私はBS以外、ほとんど見ないのですが。
そうそう、チホさんだったかな、ブログやっている方の回もありますよ!
ご主人のお料理がとっても美味しそうなの~。
えっ!!!amoさん、お料理教室に、ってか、あの家に行ったの!!!すごーい!!
ぜひぜひその時の話を今度聞かせて。

この一節、いいですよね~。
ベニシアさんの語りで、心にドンと来ました。
私も最近、体調不良で毎日仕事するだけでヒーヒー言ってます。
全然余裕が無くて嫌だわ~。
amoさんは綺麗なアクセサリーを眺めていたら癒されるでしょ?
お花に限らず、自分の好きなもの、綺麗なものの中にきっと癒しはあるのですよ!
Commented by uransuzu at 2011-08-11 20:32
いい詩ですね、自然で深くて。
ふと「さよならの向こう側」の歌詞を思い出しました。
rukiさま、体調戻りましたか?
この暑さです、あんまり無理なさらないでくださいね。
Commented by ruki_fevrier at 2011-08-12 00:05
uransuzuさん

ウィリアム・ブレイク、いいこと言いますよね~。(なんて言ったら怒られますね。)
無限の命~♪ですね。

体調、少しづつ戻ってきています。
もちろん夜遊びは全てキャンセルですよぉぉぉぉ。
でも明後日のmiki先生のレッスンは行く予定なんです~♪
また自慢させていただきますわん!

今週いっぱい猛暑のようです。uransuzu様もどうぞご自愛くださいませ。


<< 世界遺産 一万年の叙事詩 2 春の薔薇2011 vol.7 ... >>