もてなす悦び展@三菱一号館美術館
d0165723_17505148.jpg


備忘録をもうひとつアップ。
昨日行った、三菱一号館美術館で今日まで開催だった「もてなす悦び展」。
始まった頃、大きなポスターが表参道駅構内に貼られていて、「器好きとしてこれは見なくては!」と思ったんですよね。
で、会期終了間際の昨日、整体の帰りに寄ってきました。
が、しかし、、、そーいえば、「ジャポニズムのうつわで愉しむお茶会」ってのが副題でしたね、ってことを見終わって気付く私。
私の好みとは全くかけ離れた世界でございました。(笑)

万博をきっかけに興った日本趣味ブーム。
輸入した古伊万里や浮世絵等から受けたインスピレーションで、西洋の人が作ったジャポニズムの器たち。
なんていうか、日本人から見ると笑っちゃう組み合わせや色使いなんですよね、これが。
でも一生懸命日本風のパターンを取り入れようとしていたことが、残されている記録(パターン帳など)で分かりました。

磁器の他にガレが草花と紙に描かれた花をモチーフに作ったガラスの壺とか、ラリックの朝顔の鉢とか、素敵なガラス製品もありました。
ダコタハウスの格天井を思わせるデザインの暖炉カバーも素晴らしかったです。
また日本の意匠を用いた銀細工も繊細で素敵でした。
磁器より銀細工の意匠の方が洗練されていた気がします。
西洋磁器のオリエンタル趣味の初期の作品が見れて面白い展覧会でした。
by ruki_fevrier | 2011-08-21 18:18 | 日々 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/14392245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アッサムのママ at 2011-08-23 00:37 x
私も行く予定だったのですが、、、左足小指を骨折してしまい、大人しくしていることにしました。
マイセンは好きですか?(笑)↓入場料無料です。今年のサントリー美術館の展示品と同じだそうです。
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/museum/museum/kikakutenji.html
Commented by ruki_fevrier at 2011-08-23 01:27
アッサムのママさん

こんばんは!
えーっ、小指骨折ですか!?大丈夫ですか?
どうぞお大事になさってくださいね。

マイセンはひとつも持っておりませんが、憧れております~。
あの白いのとか、ブルーオニオンとか・・・いいですよね。
面白そうな展覧会ですね~。しかも入場無料!
町田・・・遠いですが、行けそうだったら行ってきます!
情報、ありがとうございます~。
Commented by yuki at 2011-08-25 11:06 x
rukiさんは絶対行くと思っていました(笑)。私は招待券を持っており、行こうと思っていたのですが、なかなか都合が合わず行けませんでした・・・。やっぱり行きたかったなぁ。。。あ、ワシントン・ナショナル・ギャラリーは7月の平日に行ってきました。今までの印象派の展覧会とはひと味違う、見応えのある素晴らしい展示だと思いました。。。


昨日は、太田記念美術館に歌川芳艶を見に行ってきました。
最近、浮世絵もおもしろくなってきました。。。
Commented by ruki_fevrier at 2011-08-25 21:56
yukiちゃん

あはは、読まれてましたか。もてなし展、器好きなら見逃せない!って思いますよね~
ワシントンナショナルギャラリー、すごくよかったですよね!!
もう一度見たいな、って思うけど、時間的に無理そう…

太田美術館、私も見たいと思ったんでした!忘れてた~
いつまででしょう…
私も先日の写楽展以来、浮世絵が気になります。
これからも色々見たいな~と思ってます。
Commented by yuki at 2011-08-26 10:51 x
歌川芳艶は今日までなんです(涙)私が行ったときはリーフレットも完売しちゃっていました。調べたら歌川芳艶のものってなかなかないのですよね、資料にしても・・・(涙)
Commented by ruki_fevrier at 2011-08-28 23:42
yukiちゃん

芳艶展、もう終わっちゃったのね~。残念!
そうそう、あまり無いのよね。
写楽の時に、そう思いました。
また機会があるといいなぁ。


<< ロブションのクリームパン ワシントン・ナショナル・ギャラ... >>