東京JAZZ 2011



やっとこの日が来ました。
彼女のデビュー・アルバムを手にしてから早8年。
生で上原ひろみの演奏が聴ける日がやってきたのです!

金曜から今日まで開催の東京JAZZ 2011。
昨日の夜の部と、今日の昼の部に行ってきました。

昨日はニュートリオで、今日はタップダンサー熊谷和徳さんとの演奏でした。
どちらもものすごくパワフルで、圧倒され、耳はアドリブの音を追うので必死。
あんな小柄な、そして喋りはほわほわした感じの彼女なのに、ひとたびピアノに向かえば壊れちゃうんじゃない?と思うくらい鍵盤を叩きつけるように弾いたり、弾きながら跳ねたり。
「ピアノで元気を届けたい」という彼女の言葉がよく分かりました。
もー聴いてるだけで元気になる!生の音は、鳥肌が立つほどすごかったです。






昨日のトリは上原ひろみでしたが、今日のトリはセルジオ・メンデス。
おじーちゃんですが、元気で可愛い。
久しぶりにボサノバを堪能~♪
ラップなアレンジの「おいしい水」に聴き惚れました~。昔、よくエレクトーンで弾いた曲です。懐かしい!
最後は「Mas Que Nada」で総立ち。
ゆる~い感じの始まりだったけど、最後はしっかり盛り上げて〆る、ベテランの貫録ステージでした。
東京JAZZ、初めてだったけど楽しかった~!また来年も行こうかな。




↑最新アルバム「VOICE」の中で一番気に入っている「Haze」。
今回は演奏されなかったけど、12月の公演では弾いてくれるかな~♪





「Place to be」で一番好きな曲「BQE」。
by ruki_fevrier | 2011-09-05 00:51 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/14492983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-09-05 01:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2011-09-05 22:34
鍵コメ様

なんで鍵なんだろう、と思ったら、生まれ変わったら・・・そうなんだ!
まあ、プロは難しいかもだけど、どちらも今から趣味で始めたらいいのに。
私は始めるよ~♪四十の手習い。(爆)

私がちょっとネットの世界から離れている間に、そんなことが!!(笑)
確かに、ラインナップを聞くだけで結構かぶっているかも。
ポートメリオンはなかなかいないよね~。
私も早速そちら経由でお邪魔してくるね。

あの方も健在なのですね・・・そう言えば、最近全然チェックしてないわ。
相変わらずなのね~。そちらもたまには覗いてみよう!
Commented at 2011-09-06 23:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2011-09-07 22:33
鍵コメ  at 2011-09-06 23:14 様

おぉ、熊谷ファンなのですね。KAZって呼ぶんだ~。
はい、そりゃーもう、すごいステージでしたよ。
タップってパーカッションの代わりか、くらいに思っていたのが見事に裏切られました。
上原ひろみの演奏は言葉も出ないですね。楽しそうに、小柄な体をピアノに叩きつけるように、
時には跳ねるように、撫でるように、弾いてました。

例の件、結構真面目に考えてますよ。
色々目処が立ったら便乗します!またご連絡しますね~。


<< イイホシユミコ展@ギャルリーワッツ 道頓堀night >>