秋の赤色
d0165723_23503315.jpg


3連休は暑かったのに、今日はすごく涼しくてびっくり。
あ~~~、やっと秋が来たのね!!嬉しい!!

週末は、秋の味覚いちじくでジャム作り。
と言っても、紀ノ国屋のお高いいちじくだから、ちょっとしか買えず・・・


d0165723_2356981.jpg


いちじく4個で出来上がったのは一瓶分。
いつものレシピで、今年も自家製レモンを使って作りました。

プラムの鮮やかな赤と違って、少しくすんだようないちじくの赤。
どちらも大好きな赤いジャムです。
そういえば、プラム酒を作ってたんだ!そろそろ実を引き上げないと。






d0165723_003128.jpg


月曜日の朝ごはんは、空海展に行く前に寄った銀座木村屋のいちじくあんパン。
甘酸っぱいいちじくの餡がたっぷり入っています。あんパンと言うよりジャムパンって感じかな。


d0165723_014035.jpg


この日は日差しが強くて、なんだかまだ夏気分。
ブルーと白、そしてガラスで朝食。
梨を入れたガラスのボウルは安土忠久さんのもの。
目玉焼きのお皿はロールストランドのAgda。卵が映える濃紺のお皿です。


d0165723_054868.jpg


これは土曜日の朝ごはん。
メインは、前日のお夕飯の残りのサーモンのクリームスープ。
秋を意識した食卓にしてみたけど、この日はまだ暑かった!
そろそろスムージーも厳しくなるかな~。
by ruki_fevrier | 2011-09-20 23:50 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/14600785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miki3998 at 2011-09-21 00:14
うまそうだ! あ、いや、おいしそうでございます。

 なかでもイチジクは大好物。生ハムを絡めて食べるのが最高でっす! ヘルシーな食事風景。 きれいになるよ、きっと!
Commented by ruki_fevrier at 2011-09-22 00:40
miki先生

あはは、うまそうでしょ!レモンたっぷり絞っているので、甘酸っぱくて美味しいですよ~。

いちじくと生ハムも美味しそう!!
ヘルシーでしょうか。お料理上手の先生に言われると嬉しさ倍増です~。
Commented by aoanela at 2011-09-22 15:31
こんにちは!
夏気分の食卓も爽やかで素敵ですが、やっぱり私は秋を意識した食卓が好きだなぁ~~~。
相変わらずステキです☆
いちじくのジャムも美味しそう~!
前に一度作りましたが、今年は私も作ります。
こんな綺麗に仕上がるかな??
rukiさんのレシピでやってみますね。
Commented by ruki_fevrier at 2011-09-23 00:27
aoanelaさん

こんばんは~!
秋バージョン、aoanelaさんの器とかぶってますよね?
北欧の器、茶系だと本領発揮!という名品が多く無いですか?
ルスカもスピサも、どちらもホントに使いやすくて美しいですよね。

いちじくジャム、ぜひぜひこの簡単レシピで!
元レシピはこちらです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/56956/
私はかなりレモン多めで作ってます。
ぜひ試してみてくださいね~
Commented by KOH at 2011-09-24 21:22 x
rukiさん、こんばんは。
昨日、ワシントン ナショナル ギャラリー展に行ってきたので、
こちらの3つのいちじくを見て「皿の上の3つの桃」を連想しました。
この時期、京都に行く時間を作り出すのが大変でしたが、rukiさんの記事を読んで、ぜひ行かねば!と調整し、
かなり無茶なスケジュールで行ってきました。
特に印象に残ったのは、「薔薇」、モリゾの「姉妹」、ルノワールの「ポン ヌフ、パリ」、セザンヌの「ゼラニウム」でした。
ゴッホの「薔薇」のためけにでもまた行きたい!と一緒に行ってくれた会社の後輩と意見が一致しましたが、
あの作品を描きあげた時の気持ちがずっと彼の心を占めていたら、
彼の生涯が終わるのはもっと先になったことでしょうね。
京都まで遠征して本当に良かったです。
rukiさんのおかげです。

追伸:明日はメタルビーズ教室に行ってきま~す
Commented by ruki_fevrier at 2011-09-25 11:56
KOHさん

こんにちは!
京都に行かれたんですね~~~。
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展、楽しまれたようで良かった!!
偉そうに言うのもなんですが、展覧会の構成、出展の絵画、どちらも
とても質の高い展覧会だと思います。
ルノワールの「ポン・ヌフ」、あれはいいですよね。光に溢れて、平和な
とある日、という感じで。ルノワールがああいう風景画を描くんだ、、、と
ある意味衝撃を受けました。
「薔薇」は、、、泣ける絵ですよね。最後の輝き、と言うのでしょうか。
モリゾもセザンヌも、どちらも私も好きです。ゼラニウムなんて、セザンヌが
あまり好きじゃない人でもぐっとくるんじゃないでしょうか。
やっぱり彼は凄い!
私の備忘録がKOHさんのお役に立って嬉しいです~!

今日はメタルビーズ教室なんですね。
あの方によろしくお伝えくださいませ・・・なんて、もう遅いですよね~。


<< 銀座 手仕事直売所にて 空海と密教美術展@東京国立博物館 >>