Devata
d0165723_09994.jpg


先日のおデート、お互い行ったことがあるカンボジア話で盛り上がりました。
私が、「何が一番だったってDevataよ!」と言ったことから、この記事のアップに。
ブースカさん、今日の画像は全て貴方に捧げます。
いつか一緒にカンボジアツアーはいかが?


Devata(デヴァター)とは、カンボジアの遺跡を彩る女神像のことです。
アンコール・ワットだけで2000体が彫られていると言われています。
2003年3月に行った際、私はすっかりデヴァターに魅せられてしまい、一緒に行った友達を待たせて何度も怒られながらも写真を撮ってきました。
出来ることなら、もう一度アンコール遺跡群を訪れて、心行くまでデヴァターを眺めたいと思っています。
そんなDevataばかりのエントリーです。
(画像はデジカメとフィルム一眼が混在してます)







d0165723_0182519.jpg


アンコール遺跡群の中心、アンコール・ワット。
12世紀初めに建てられたヒンドゥー教寺院。
ヒンドゥー教のヴィシュヌ神を奉り、伽藍はヒンドゥーの世界観を表しています。
中央祠堂は須弥山を模し、ひたすら上へ上へと伸びています。
そんな中央祠堂に彫られたデヴァターたち。


d0165723_0213038.jpg


3体が一度に見れるポイント。


d0165723_025652.jpg


d0165723_0251682.jpg


d0165723_0252599.jpg


こんなところに、どうやって彫ったのだろう・・・


d0165723_0254757.jpg


d0165723_0255666.jpg


回廊の壁には複数のデヴァターが並んでいる。
皆髪型が違う。


d0165723_026258.jpg


アンコール・ワットで私が一番好きなデヴァター。
穏やかなほほ笑みに、柔らかな夕日が当たって神々しさが増しています。


d0165723_0304291.jpg


12世紀末の仏教寺院バイヨン。
大きな人面像で有名なお寺です。


d0165723_034245.jpg


d0165723_0343750.jpg


姉妹のような2体のデヴァター。


d0165723_0344866.jpg


手前の装飾が、奥のデヴァターの額縁のように見えるポイント。


d0165723_0354924.jpg


私が一番好きなデヴァター。
アンコール・ワットのデヴァターは足が真横に向いているのですが、バイヨンのデヴァターはきちんと前を向いています。
その分、彫が深くなっているのです。


d0165723_0374468.jpg


アプサラダンスを踊る天女たちのレリーフ。


d0165723_0381862.jpg



d0165723_03830100.jpg


12世紀末に建てられたバンテアイ・クデイ。
バイヨンと同じくジャヤバルマン7世が建てたと言われている。


d0165723_0402532.jpg


目がつり上がって勝気な顔のデヴァター。


d0165723_0411265.jpg


ここにも蓮の上で踊るアプサラ。


d0165723_0414620.jpg


「東洋のモナリザ」で有名なバンテアイ・スレイ。
10世紀末に建てられた赤砂岩と壁面を埋め尽くす深いレリーフが美しい寺院。


d0165723_045775.jpg


遺跡保護のためロープが張られ、中に立ち入ることが出来ない。
なので、全て多くから望遠を駆使して撮影。


d0165723_0471222.jpg



d0165723_045501.jpg


アンドレ・マルローが持ち去ろうとした「東洋のモナリザ」と言われるデヴァター。
こんなのを持って帰ろうって考えるところがすごい。

デヴァターそのものよりも、周囲の装飾のち密さに目を奪われた。
ここの装飾はアンコール遺跡群の中でも群を抜いている。
当初の予定には入っていなかったのだけど、昼寝タイムを削れば行けると言われ、ガイドにお願いして訪れることが出来ました。
この寺院のレリーフを見るだけでも行く価値があります。


d0165723_113442.jpg


結構見たつもりでも、数千体のデヴァターのほんのひとにぎり。
きっともっともっといろんな顔の、いろんな衣装や冠で装ったデヴァターがいるんだろうなぁ。

あぁ、見たい。またいつか行けますように・・・

by ruki_fevrier | 2011-10-10 01:20 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/14725604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by boosuka1220 at 2011-10-10 04:52
rukiさん、こんばんはー。
写真を見て、懐かしくなってしまいました。
私が行ったのは、rukiさんの一年後ですねー。
アンコールトムのインパクトと同時に、
カンボジアの悲しい歴史に頭いっぱいだったのですが、
今思うと繊細な彫刻が夕日に照らされて
綺麗だったなあ。。。
旅行時はホント子供で知識不足でしたねー。。
美しい写真、ありがとうございました。

アンコールワットツアー、私達ずっと見てて、
置いてかれちゃうかも(笑
月夜で見ても美しいでしょうねー。
Commented by ruki_fevrier at 2011-10-10 21:12
ブースカさん

こんばんは!
写真見ていると思いだしますねー。私も懐かしくなりました。
おっ、1年後だったんですね!
カンボジアの内戦時代の話は本当に戦慄を覚えますね。
なぜあんな悲劇が起こってしまったのだろう・・・って。
でも現地で出会った人たちの笑顔が素敵で、とても救われました。
そうそう、私、カンボジアの巻きスカートを穿いて観光してたの。
そしたらすごく現地の人たちから話かけられて仲良くなりました。

ツアーじゃ間違いなく置いてかれるでしょうね。
専属ドライバーとガイドを雇いましょう!
Commented at 2011-10-11 01:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2011-10-12 00:03
鍵コメ様

1枚目は朝日なの~。これを見るために、早起きしてみんなスタンバってるのよ。(笑)
そうそう1体だけ歯を見せて笑っているデヴァターがいるんだよね。
私は見そびれました・・・
重機も何も無い時代に、人の力だけであれだけの石の建造物を作ったんなんて、
すごいですよね~。
圧倒されますよん!!

こちらこそ!!すっごく楽しかった~~~!!
笑いっぱなしだったね。
そうそう!!また面白いネタ仕入れました!!
後でコメしに行きますわ。
あれ、可愛いでしょ~~~。私も人に贈る度に自分にも買っちゃうの。(笑)
美味しいうちにぜひどうぞ!
私は頂いたクッキー、ひとりであっという間に食べちゃいましたよ。
リンク、もちろんどうぞどうぞ!
私もアップさせていただきますね~。
ぜひ、また行きましょう!今度は鍵コメ様の旅話が聞けるかな~?
Commented by uransuzu at 2012-02-10 16:30
すごい、すごい!
写真で見て、アンコールワットの予習しています。
というか、仕事以外にも時間とらなくっちゃね~
ありがとうございました。
Commented by ruki_fevrier at 2012-02-11 00:51
uransuzuさん

見てくださってありがとうございます~
そうですよ、仕事以外にもたっぷり時間を取らないと!!
いくら見ても見足りませんよ~。本当に沢山の遺跡がありますので。
こちらこそ、リンク、ありがとうございました!!
私もアップしたらリンクさせていただきます。


<< 四十の手習い クィストゴー3兄弟 >>