秋色
d0165723_221349.jpg


秋の色、と聞いて真っ先の浮かぶのは「紅」。
この時期、柔らかさを増して行く太陽の光の中、すごく映えるのがこの色だと思うのです。

秋の花、菊。
以前は苦手だったのだけど、この紅い菊を育ててから「いい花じゃん!」と思うようになりました。

花弁と花芯の黄色のコントラストが、くらくらするほど美しい。


d0165723_227373.jpg


株いっぱいに咲くので惜しげなく切って仏壇に飾れます。母大喜び。
が、しかし、菊の花は美味しいらしく、夏の間、シソやハーブを食べていたバッタが、秋は菊の花に群がります。
気付くと、花びらが半分だけの花があちこちに・・・
穴だらけのシソの葉を見て、「バッタの食べ残ししかないっ!」と怒っていた母。
今度は食べ残しの菊を一生懸命探しています。








d0165723_22121167.jpg


今日は久しぶりに庭仕事を頑張りました。
雑草を抜いて、クレマチスやブラックベリーの整枝だけですけど。
気になっていたことが少し片付いて気分がいいです。

薔薇は、まぁ、ポツポツという感じ。
今年も剪定時期を失敗したなぁ・・・
それでも大好きなFrancis Dubreuil が咲いていて、思わずにんまり。
今夜はこの薔薇を枕元に置いて、大好きな香りに包まれて眠ります。

by ruki_fevrier | 2011-11-03 22:21 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/14878173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 地味練 朋あり遠方より来る >>