ニューイヤー・コンサート2012@サントリーホール
d0165723_14272917.jpg


今年最初のコンサートは、サントリーホールでのウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラによるニューイヤー・コンサート。
去年、オペラの招待券をいただいたのと同じところからのご招待。
シュトラウスは好んで聴かないので、「どうしようかな~」と思いつつ一応アシスタントKちゃんに聞いてみた。
最初はあまり乗り気じゃなかったKちゃんですが、招待と知った途端「いいじゃないですか!ニューイヤー・コンサートですよ!」と豹変。(笑)
というわけで、Kちゃんに引きずられる形で行ったコンサート、でもこれが面白かった!

普通のクラシックのコンサートと違い、お祭りのようなノリで、指揮者からウェーブや手拍子を要求されます。
こんなに手を叩いたコンサートは初めて!
そしてこんなに爆笑して面白いと思ったコンサートも初めて。(笑)

毎年、ウィーンで元旦に開催されるニューイヤー・コンサート。
楽友協会で行われるウィーン・フィルのものは、日本でもNHKで放送されます。
このウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラ(SFO)も、2000年から元旦にコンツェルトハウスで
ニューイヤー・コンサートを行っているらしいです。
パンフレットによれば、「ウィーン音楽の伝統的な様式を踏襲した正統派オーケストラ」だそうです。

指揮者はペーター・グートという方で、ヴァイオリンの弾き振りをします。
すごーく可愛らしいおじさま、いや、おじいちゃま?でした。









曲目は、「こうもり」や「メリー・ウィドウ」、「皇帝円舞曲」等知っている曲が多かったのですが、私は初めて聴いたこの曲が気に入りました。
シュトラウス(父)作曲のワルツ「水彩画」です。
華やかだけじゃない、なんか力強さも感じるワルツ。
フツーのワルツは敷居が高い感じがするのよね~。どうせ踊れないし。





そして、ウェーブを要求されたポルカ・シュネル「喜んで」。
最初、いきなり楽団員が演奏しながらウェーブを行い、「えっ?何事!?」と驚いていると、グート氏がこちらを振り返り、「みんなもやって!」と手ぶりする。
もう大笑いでした。





アンコールはなんと4曲。これが一番盛り上がりました。
最後はもちろんラデツキー行進曲。
グート氏を先頭に一部の楽団員とソプラノ歌手鈴木慶江さんが舞台を降りて、観客席を演奏しながら行進。
もー、びっくり。
鈴木さんはみんなとハイタッチしてて、すごく可愛かった~。

↑これは2010年のウィーン・フィルのラデツキー行進曲。
毎年指揮者の個性が出て面白いです。私はこのジョルジュ・プレートル氏のが好き。
指揮をしながらこんなお茶目な表情を見せるのって、普段は絶対に無いですよね~。
そして着飾った方々が行う手拍子・・・これも見てて楽しい。

最初は「シュトラウスか~。寝たらどうしよう・・・」と思っていたけど、寝る暇なんて全然無かった!
確かに、明るく華やかなシュトラウスはお正月にぴったりな曲ですね。
いつか、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートに行ってみたい・・・なんて思った現金な私・・・
このコンサートの後は、しばらく頭の中をポルカが流れてました。

華やかなシュトラウスで始まった2012年、今年はどんな音に出会えるかな~♪
by ruki_fevrier | 2012-01-14 15:04 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/15268640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masoraly at 2012-01-18 00:10
rukiさん、こんばんは~。
しばらくネットを見ることができませんでした。
なので、rukiさんの記事もやっと読ませていただきました。
テレビのニューイヤーコンサート、毎年見てます。バレエあるし。
ラデッキー行進曲のお決まりの手拍子。いつも楽しいだろうなぁって見てます。
このプレートル氏。手下ろして、何もしない場面が多いんですよねー。

山種美術館、行かれたのですね。
実は私、日本画専攻していたんです。
なので、日本画を取り上げてくれて、いいと言ってくれる方が増えることが
とってもうれしいです。自分では、取り上げないのにね(笑)。
東山かいい(変換省略)画伯は、作品も人柄も生き方も、お住まいも、
全てにおいて、すばらしい方ですよね。私も、とても好きです。

そう、rukiさんは、ご自分で絵を描かれたこととか、描いてみようとかはないのでしょうかー?
Commented by ruki_fevrier at 2012-01-19 00:30
masoralyさん

こんばんは!
おぉ、ニューイヤーコンサート、毎年ご覧になってるんですね~。
そうそう、バレエありますよね。
あのお祭りコンサートはお正月らしく明るくていいですね。
行ってみて初めて「シュトラウスで新年、いいもんだ」と思いました。うふふ。
バンバン手拍子するクラシックコンサート、楽しかったですよ!

えーっ、日本画専攻なんですか!!意外~。
絵なら絶対西洋画ってイメージなのに・・・(笑)
ぜひぜひ色々教えてください。
私の美術の師匠は禅画が専門なのです。渋いですよー。日本画よりさらに渋い。(笑)
学生時代、墨だけで描かれた掛け軸をたくさん見せていただきましたが、私にはどれが誰の作品か、さっぱり・・・
その影響か、日本画は「ちゃんと勉強しないと見ちゃいけない」って思ってたんですよね。
でも、今回山種に行って、勉強も大事だけど、実物を沢山見るのも大事、と思いました。
これからも機会見つけて見ようと思います。
絵、、、昔、遊びで描いたりはしましたけど、ちゃんと習ったり描いたことはないです~。
透明水彩で何かは描いてましたけど・・・
日本画、習ったら楽しそう!!!!!古典的な画法がいいなぁ。


<< Lc.Dubescens &#... 今年最初のジャム作り >>