桜 さくら SAKURA 2012@山種美術館
d0165723_22445112.jpg



土曜日に、もう1つ美術展に行ってきました。
山種美術館の「桜 さくら SAKURA 2012」。
ブログ「弐代目 青い日記帳」さんと山種美術館のコラボ企画のギャラリートークに応募したので、閉館後に鑑賞。

「美術館でお花見!」のサブタイトル通り、館内は桜色の絵で溢れていました~~~♪
広尾に移転される前は毎年桜がテーマの展覧会をされていたそうで、今回は2009年移転後初の桜展。
山崎館長さんの解説付きでの鑑賞です。なんて贅沢。
しかも美術館のご厚意で、今回は一部の作品について撮影を許可していただきました。


d0165723_22532676.jpg



フロアに降りて最初に目に入る絵は、前回の「ザ・ベスト・オブ山種コレクション」でも展示されていた、奥村土牛の「醍醐」。
華やかな桜色が美しい絵なのですが、この桜色、カイガラムシの体液から作られた絵具と聞いてびっくり!!
カイガラムシ・・・私が一年中、歯ブラシ片手に闘っている虫です。蘭にも薔薇にもつくのですよ・・・
枝や幹に付着し、樹液を吸う虫です。
薬剤が効かないので、成虫を退治するには歯ブラシでこすり取るしか方法がありません。
そんな厄介な虫が、この美しい桜色の原料とは・・・世の中って不思議なことが多いです。


d0165723_2312342.jpg



これがその絵具「綿臙脂(わたえんじ)」で、カイガラムシの体液が染み込んだもの。
これと胡粉を混ぜると、あの桜色になるのだそうです。
一体誰が発見したのでしょうか・・・








d0165723_2354091.jpg



土牛の次は石田武の「月宵」「春宵」、加山又造の「夜桜」と、月と桜の幽玄の世界が続きます。
月と桜、今年は撮れなかったなぁ・・・ちょうど満月の頃に満開だったのに。
桜越しの満月、いつか撮ってみたい絵です。

石田武の「千鳥ケ淵」は、桜の向こうにお堀の水面が揺らめき、さらにその先にあるはずの景色が、描かれていないのにまるで見えるよな錯覚に陥る絵。
絵に吸い込まれそうで、揺ら揺らと揺れる水面を眺めてしまいました。


d0165723_23212294.jpg



奥の小部屋には御舟の描いた三日月と桜の絵がありました。
細い三日月のため、暗い夜。ハラハラと舞う桜。泣きたくなるほど美しい。

同じ部屋にあった、渡辺省亭の「桜に雀」。
先日、根津美術館で省亭の「紅葉・菊図」と「不忍蓮・枯野牧童図」を見たばかり。
それまで全く知らない画家だったけど、彼の描く枯野にぽっかりと浮かぶ満月にやられた私はすっかり省亭のファンになりました。
ここで出会えるとは思っていなかったので、感激!
しかも、ちょうどその場にいらした山崎館長さんと省亭について話すことが出来て、ものすごーく嬉しかった。
いつか省亭展、どこかでやってほしいなぁ・・・

他にも大観の山桜や孤月の枝垂れ桜など、見事な花ばかり・・・
一番のお気に入りは、稗田一穂の「朧春」。
水面に映る満月に、水辺に枝を伸ばす八重桜。
桜と水面の向こうに見える山影が、夜の不気味さを演出しています。
危ない感じなのに、それでも見ずにはいられない夜の桜・・・
うーん、来年は夜桜、見に行こう。出来たら満月に合わせて。


d0165723_23473369.jpg



美術館のカフェでは青山の骨董通りにある和菓子屋、菊屋さんのお菓子がいただけます。
展覧会のテーマに合わせたオリジナルだそうです。
私が選んだのは、「醍醐」(右)と「陽春」(左)。
どちらも絵のタイトルがついています。
見た目だけでなく味も美味しい・・・和菓子ってホント素晴らしい。

菊屋さんは骨董通りなので、オフィスから徒歩5分で行けます。
なので、和菓子が食べたくなるとオフィスを抜けて買い出しに。オホホ。
先日も桜餅を買いに。菊屋さんの道明寺、美味しいんです~。
青山のお店でも沢山の美しい練り切りが売られていますが、山種美術館オリジナルは和菓子の常識ではちょっと・・・という色合いのものもあるのだそうです。
特に次の福田平八郎展では、面白い和菓子が出るそうです。うー、また行かなくちゃ。

美術館って、基本立って鑑賞なので2つ梯子するとクタクタです。
でも楽しかった~~~!!面白い絵、美しい絵、美味しいもの、、、3拍子揃った休日でした♪
by ruki_fevrier | 2012-04-16 00:01 | 日々 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/15728912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by xiangpian at 2012-04-16 04:18 x
これは、素晴らしい!!!!!
桜の絵って、うっとりする。 私は個人的に枝垂れを描いたものがいいなぁ~   夜桜もいいねぇ~  妖艶でゾクゾクしちゃうよね~
山種美術館って、行ったことないのだけれど、館長さんがお綺麗な方よね。(雑誌で見たよ)   一度行ってみたいな。   セレクトが上品。

桜の季節は、日本が1番です~

↓の写真、うっとり♪
桜の写真、あっちのブログでもこっちのブログでも見せてもらって、おなかいっぱいだったけれど、rukiさんの写真、やっぱり素敵!
Commented at 2012-04-16 12:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-16 12:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-16 19:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masoraly at 2012-04-17 11:20
rukiさん、こんにちは。
素敵な展覧会ですね。
あー私が東京にいる時にrukiさんとお知り合いになっていたら、
美術展関係、楽しかっただろうなぁ・・・
日本画、はまってらっしゃいますね。探究心をお持ちだから、加速してますね。
渡辺省亭、知りませんでした。渋いですねぇ。
カイガラムシ、南米の染色に使われるコチニールの方がよく知られてるかも。
そーなんだ。rukiさんは実体験がおありだから。我が庭にもいるのかな。
和菓子、かわいい。目と舌で味わう。屋内のお花見ですね。
Commented by ruki_fevrier at 2012-04-18 00:35
xiangpianさん

今、ちょうど枝垂れ桜が綺麗なのよー。
青山の小道の奥にひょっこり咲いてたりして。桜、まだまだ楽しんでます。
いいよね、夜桜!!出来たら月明かりで見たいわ。
どっか田舎の一本桜を月明かりで愛でる。。。憧れです。

そうそう、山崎館長、とってもお綺麗なのです。
すごく気さくで、素敵な方でした・・・お話も深くてね~
山種、いつか一緒に行きませう!
カフェでいただく菊屋の和菓子も美味しいよ~

桜、気に入ってくれてありがとう~♪
桜の写真、いつも同じところだからワンパターンかなぁと思いつつ、
これでもイロイロと頑張っております!
何を隠そう、↓の何枚かは新レンズで撮ったのだ!!
買ったわよ!広角から望遠まで1本でイケるレンズ!
これ持って上陸するわ~待っててね!
Commented by ruki_fevrier at 2012-04-18 00:40
鍵コメ様 at 2012-04-16 12:02 様

枝垂れ桜、人気ですね。ビルの裏でひっそり咲いているのよ~
花の時期は、いつも出勤前にお花見。それもひとり占めよ~。
そうそう、鍵コメ様なら花より団子ですよね。分かってますとも!!(笑)
菊屋の桜餅、美味しいよ~~~。今日も買っちゃおうかと思ったけど、
踏みとどまりました。最近、食べ過ぎだから・・・

おぉ、ありがとうございます!!でもホント、急がないからお暇な時にで構いませんよ~
でも嬉しい。ありがとう!

なるほど、純正バッグを持ってるんだ・・・私、どうしようかなー。
えっ、ずっと首から下げてるの???重くない?
レンズは買ったわよ!本体は・・・今月末に支給されるボーナス次第ね。(笑)
でも間違いなく今のより重いから、どうしようかな・・・
Commented by ruki_fevrier at 2012-04-18 00:40
鍵コメ at 2012-04-16 12:09 様

お食事、ぜひぜひ!
旅立つ前に、あれこれ教えて欲しいわ・・・
Commented by ruki_fevrier at 2012-04-18 00:46
鍵コメ  at 2012-04-16 19:12 様

なぜに鍵コメ???(笑)
先日はホントに楽しかったですね~。
そうそう、ボストン→山種はいい流れでした。日本画どっぷりで楽しかった!!

いえいえ、全然すごくありません。日本画、全く分かってませんから。(^^;
美術史の師匠が日本画専門にも関わらず、全く関心なかったという不届き者です。
今さらながら、師匠の元にもう一度修行に行きたい気分です。マジで。

そうそう、蕭白展、千葉市美術館でもやってるのよ。
しかも、個人蔵の若冲の絵が出てて、それがすごく素敵なんだよね・・・
個人蔵なんて、次いつ見れるか分からないからちょっと気になってます。チェックしてみて!

ポロック展、ぜひ!
今回は初期から晩年までの絵が見れるので、彼の画家人生が辿れるのです。
どれだけ苦しんだかがよく分かるよ。
不遇の作家好き、そうなんだ!(笑)だったら、絶対行かないとね。
ロベール展も楽しみましょうね~!!
あの絵、装飾好きの私たちなら絶対テンション上がると思う。
Commented by ruki_fevrier at 2012-04-18 00:50
masoralyさん

桜展、すごく素敵な展覧会でした。
ホント、花花花・・・でフロアがピンク色なんですよ~
桜というテーマであれだけの絵があるなんて、日本人は本当に桜好きですね。

ホント、masoralyさんがこちらにいらっしゃったらきっとあちこち一緒に行ってますね!
私、最近は印象派も好きになってきたし。
日本画はまだまだ見始めたばかりなので、全然分かってません。
でも知れば知るほど奥深く、日本人としてもっと知りたいとも思いますね。

カイガラは風通しの悪いところによくいるので、masoralyさんのお庭にはいないかもしれません。
本当に厄介な虫なので、いない方が絶対いいですよ!
菊屋の和菓子、美味しいですよ~。最近、洋菓子より和菓子にハマってます・・・


<< うちの庭 20120415 ボストン美術館 日本美術の至宝... >>