春の薔薇 2012 Leonardo da Vinci
d0165723_22323397.jpg



メイアン作出のLeonardo da Vinci(CL)。
すっごく目立つピンクの花です。
でもただのショッキングピンクでは無く、深みのあるピンク。
つい、じーっと眺めてしまう花。さすがダ・ヴィンチ。


d0165723_22361613.jpg



まん丸の蕾。
ころりんとした形がとても可愛い。







d0165723_22382260.jpg



カマユーと同じオベリスクに絡めてみたら、意外に相性が良かった。
花の大きさも似たような感じだし。
来年もこの組み合わせで行こう。


d0165723_22423281.jpg



昨日は、Bunkamuraでやっている「レオナルド・ダ・ヴィンチ展 in シアター」を見てきました。
ルーブルとロンドン・ナショナル・ギャラリーが所有する2つの「岩窟の聖母」。
それが同時に公開された展覧会があったなんてね~。
映画を見たら、また「ほつれ髪の女」を見たくなったけど、最終日前日とあって入口はすごい行列。
とても見る気にはなれない人口密度。
で、展覧会に行った時に買いそびれた図録だけ買って帰ってきました。

女性には興味が無かったらしいダ・ヴィンチ。
でも彼が描く女性はすごく魅力的なんですよね。
10年くらい前、横浜美術館で「白貂を抱く貴婦人」を見た時は、描かれた貴婦人の愛らしさに魅了されました。
すんごい人だったんですけど、ずずずいっと前まで進んでじーっと眺め、それ以外の作品の記憶は全くない。(笑)
またいつか会えるといいな。
あ、でもダ・ヴィンチの女性たちの中でモナリザはあまり・・・なのですが。
あの微笑みが・・・なぜかちょっと怖い。
by ruki_fevrier | 2012-06-10 23:01 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/16027096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masoraly at 2012-06-13 20:23
rukiさん、こんばんは~。
おぉ、レオナルド、主張のある色ですねー。でも、素敵ですねー。
rukiさん、たくさんのバラ、育ててるのですねー。
何種類くらいでしょうか。あ、思い出した。HPありましたよね。今もあるのでしょうか。
しかもオールマイティですね。
昔、この絵に魅かれて、ダ・ヴィンチの素描のカレンダーを使ってました。
役目を終えても、捨てられなくて、どこかにしまってると思います。
あー、東京は、展覧会が目白押しで、いいなぁ。

渡航を控えてるrukiさんは、しっかり睡眠時間とってくださいね。
私も、そろそろLiveはきついんだけど、今晩も好カードですねー。困った。
Commented by ruki_fevrier at 2012-06-14 01:33
masoralyさん

こんばんは~
そうそう、レオナルドですから、とっても自己主張の強い色なのですよ。
でもただ派手じゃないところがレオナルド!
深みのあるすごく魅力的なピンクです。

HPは前のブログと一緒に閉めてしまいました。
一時よりは全然少なくなりましたよ。今は全部で50株くらいだと思います。

今年は展覧会がいつも以上に目白押しで、スケジュールが大変です。
行きたいけど、帰国したら終わってるものがいくつもあります。トホホ。

今日はドイツvsオランダ、ですよね~
見たい。すごく見たい。でも、寝ます。
しかもきっと帰国後まで見れないと言う・・・(涙)
いってきます♪



<< 留守にします エルダーフラワーシロップ >>