オランダ旅:デルフト 蚤の市
d0165723_0124797.jpg



オランダ・スキポール空港に着いたのは、金曜の夜7時半。
友達が空港まで迎えに来てくれて、そのまま運河沿いのレストランで晩ご飯~♪
しかし、オランダ時間19時は、日本時間の午前零時。実は眠くてフラフラ。
しかもフライトでしっかり機内食を食べているので、全然お腹空かず。
せっかくのオシャレな店でのディナーにも関わらず、軽くサラダだけいただき、友達宅に着いたら1番にシャワーを浴びて即行寝ました。
こんな感じで初日は終了。

そして翌日~。窓の外は陽が燦々♪やっぱり私は晴れ女!
オランダ2日目はデルフトで開催される蚤の市へ。
この、土曜日に開催される蚤の市に行くためにわざわざ金曜着になるよう出発したのです。
なんとトータル10連休・・・わはは。私の会社員人生で一番長い休暇となりました。









d0165723_022412.jpg



アムスからデルフトまで電車で約1時間。
デルフト駅から街の中心までは、徒歩15分ほどでしょうか。
でもあちこち写真を撮りながら歩くので、30分はかかったかも。(笑)

まず見えてきたのは旧教会。13世紀に建てられた教会です。
運河沿いにあるため地盤沈下し、ちょっと斜めに傾いています。
フェルメールが埋葬されている教会です。


d0165723_0245251.jpg



途中、こんな素敵な建物があったりして~。
きっとデルフトが一番栄えた時代に、商売で成功した方が建てたのでしょう。
立派なお屋敷でした。


d0165723_026084.jpg



運河の上のレストラン、気持ち良さそう~♪


d0165723_02640100.jpg



運河沿いにずら~っとお店が並んでいます。
片っ端から見て歩く。


d0165723_0293236.jpg



蚤の市を眺めるこんなカフェもあったけど、でも誰も座って無かったわ・・・(笑)


d0165723_0301287.jpg



もちろん、歩道も店に。
この写真をアップしてて、あー、こんなお皿があったんだ!と、今気付く私・・・
見てるようで、結構見えてない。
友達に、「ほら、こんなのあるよ」と教えられて、「おぉ!」と思うことしばしば。
初蚤の市で舞い上がっちゃっていました。


d0165723_0321139.jpg



ホントにいろ~んなものが売られています。
中にはカツラとかも・・・
こんなところでヅラ買う人なんているのかしら。でもいるから売ってるのよね。うん。


d0165723_0343772.jpg



街中のお店も楽しい。
ここはDe Diamante Ringという、ひっきりなしに人が買いに来る人気のパン屋さん。
私も帰りにアップルフラップとブラウニーを買って帰りました。

この時点でユーロ2012で2連敗し、決勝トーナメント進出が限りなく遠いチームオランダ。
サッカーボールやオレンジのケーキが痛々しい・・・


d0165723_0372269.jpg



オランダの桃。平べったいのですよ。
どうしてなんだろう~。


d0165723_0405497.jpg



オランダと言えばチーズ!
なんか、こういうチーズを見ているとハイジを思い出す・・・あれはスイスの話だけど。


d0165723_042578.jpg



こちらはデルフト焼きのお店。
でもね、、、いいなぁと思うものはどれも手描きで、お高いのですよ。
とても手が出ません~。なのでデルフト焼きは1つも買いませんでした。

この日は大人しく、1セット15ユーロのお買い物をして、蚤の市初体験は終了しました。
何を買ったかはまた後日。

そして、デルフト記事はその2へ続く・・・
by ruki_fevrier | 2012-06-26 00:54 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/16140023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by xiangpian at 2012-06-26 02:24 x
わーい わーい 始まった旅行記♪
さすが、写真が綺麗。  そうそう、蚤の市の記事ってね、あとから写真を見て、え、こんなのあったんだ? なんて思うもの。  私もよくあるのよ。  これといった素敵な出会いはなくとも、デルフト蚤の市は、町じたいがかわいいから、おススメなのです。
デルフトだけでも記事2つか・・・ふふふ、この先大変だ 笑
でも、rukiさんの旅行紀を誰より私が1番楽しみにしていますので、頑張ってね。
Commented by masoraly at 2012-06-26 20:50
rukiさん、おかえりなさ~い☆
おぉー「デルフトの眺望」のデルフトですねー。わぉ。
蚤の市、楽しそう~。お皿、気になりますねー。
デルフト焼きってお幾らぐらいなのでしょうか。
私も、無事アムスの街を歩けたら、アンティーク通りを楽しみにしてました。
rukiさんのお買い物、見たいですー。
ところで、イタリアVイングランド。今のところ、私のベスト1ですよー。
イタリアいいですねー。すごくサッカーらしいサッカー。
見てたら、私にサッカー観戦のおもしろさを知らせたのは、ピルロだったことを思い出しました。
ピルロ、すごく走ってるけど、お幾つなんでしょう。
ブッフォンの大口あけた笑い顔と国家斉唱が好きです。笑
Commented by uransuzu at 2012-06-26 22:01
のみの市、グローブホルダーは無くても、カツラはあるんだ~(爆)
写真で見ると、素敵なお皿がいっぱいありますね~
でも実際に買うとなると、難しいかな。
オランダと言えば、風車とチューリップな私、この写真のチューリップは造花ですよね?
あ、ヨーロッパでは桃は平らなところが多いですよ。
Commented by ruki_fevrier at 2012-06-26 22:56
xiangpianさん

わーい!xiangpianさんが喜んでくれるととっても嬉しい!!
写真を整理してて、「なんでこれ気付かなかったんだろう!!!」って凹みました。
まぁ、あの場で気づいても買ったかどうかはわからないけれども。
でも、簡単に行ける場所では無いのでね~。

あの規模は見ごたえあるし、街は歩いているだけで楽しいし、デルフトの蚤の市でデビューできて良かったです!
いやー、画像が10を超えたので分けたんだけど、後半の方が画像が多くなったと言う・・・(汗)

はい、頑張りますわ!私の目から見たオランダ、楽しんでおくれ~。
Commented by ruki_fevrier at 2012-06-26 23:00
masoralyさん

そうです、そうです。フェルメールが生まれ、絵を描き、そして天に召された街です。
しかし彼の絵は一枚も無いと言う・・・

デルフト焼きは、手描きで無ければすごくお安いですよ。
でも、やはり繊細で美しいのは手描きのものです。
そしてそれは、3ケタは下らない・・・

おぉ、そうですか!私、まだ前半しか見てないんですが・・・(^^;
まぁ、イングランドには勝つだろうと信じてたので、寝てました。
しかし、明後日はドイツ戦!これはライブで見ます。
もちろんイタリアが勝つと信じてますけど!!
「ドイツ優勝」とぬかすスタッフとランチを賭けてます。
ピルロ、もう30半ばかと。でも2年前とは違い、絶好調なので絶対大丈夫です!!
Commented by ruki_fevrier at 2012-06-26 23:03
uransuzuさん

そうなんですよ。ヅラはあるけど、グローブホルダーなんてオサレなものはありませんでした。
そうですね、とにかく沢山ものがありますが、好みで良好なコンディションのものとの出会いは滅多にないようです。

はい、チューリップは造花です。
今の時期、お花は芍薬や紫陽花。日本と同じですね。
おぉ、ヨーロッパの桃は平らなものが多いんですか!知らなかった~
他の国に行ったらチェックしてみます。


<< オランダ旅:デルフト 新教会と旧教会 帰国しました >>