オランダ旅:デルフト 新教会と旧教会
d0165723_234830.jpg



街の中心、マルクト広場。
正面に見えるのは市庁舎で13世紀の建物だそうです。


d0165723_23552615.jpg



フェルメールはここで結婚宣言をしたとか。
いつまでも見飽きない装飾的なファサードです。
でもガイドブックに寄れば、塔はバロック、その他はルネサンス様式ということなので、創建後かなり改築されたということでしょう。


d0165723_2393971.jpg



市庁舎の向かいに建つのが新教会(Nieuwe Kerk)。
新、と言っても14世紀後半には建設が始まってたようです。
フェルメールはこの教会で洗礼を受けたそうです。
高くそびえる塔、登りたかったけれど時間が無くて断念・・・
でも帰国してから、登った人の写真を見たら、頑張って登れば良かったと少し激しく後悔。(笑)
もし、また行くことがあったら絶対に登る!






d0165723_23175957.jpg



入場料は3.5ユーロ。旧教会もこのチケット(というよりレシート)で見れます。
さすがプロテスタント教会。
すごくシンプル!当然ですが、祭壇画は全く無い。


d0165723_23185742.jpg



天井は木製です。この天井の下で、沢山の人の生と死が通り過ぎたんだろうなぁ。


d0165723_23204073.jpg



窓からは柔らかい日差しが・・・
ついほわわ~んと過ごしてしまいます。
教会、大好き。


d0165723_23213838.jpg



この教会には、現在のオランダ王室の祖、オラニエ公ウィレムが埋葬されています。
彼の霊廟を守る、天秤を持つ女。
フェルメールの絵にも「天秤を持つ女」があったなぁ、なんて思い出しました。
こっちの天秤の方が全然大きいけど・・・
フェルメールもこの像を見たかしら。見たよね、きっと。


d0165723_23242768.jpg



ステンドグラスも素晴らしかった。
紋章ばかりの窓があったり、もっと渋い色合いのステンドグラスもあったり・・・
どんな背景で作られたものなのか、パンフレットを買えばよかったな。


d0165723_23255933.jpg



こちらは旧教会(Oude KerK)。
10世紀には既に基礎が築かれていたらしい・・・


d0165723_232781.jpg



こちらは新教会よりももっとずっと渋い。
創建当時はカトリックの教会だったのでしょうが、今ではプロテスタント教会へ。
宗教戦争当時、この教会でどんなドラマが繰り広げられたのだろうか、と妄想する。

ちなみに、フェルメールはプロテスタント、奥さんはカトリックで、最初義母に結婚を反対されたらしい。
17世紀、共存はしてても、両者の確執はまだまだあったのね。


d0165723_23331622.jpg



旧教会の天井。柱が交差する部分が花のようで可愛らしい。


d0165723_2334667.jpg



ここのステンドグラスも素晴らしいです。
16世紀の衣装に身を包んだ人々の姿が描かれていたりして、描かれているのが聖書の世界だけでは無いところが面白い。


d0165723_23354053.jpg



星座の描かれたステンドグラス。
私の星座、うお座をぱちり。(ちょっと怖い魚だけど・・・)


d0165723_23362645.jpg



フェルメールがこの教会に埋葬されたのは確かなようですが、お墓などはありません。
だからこの墓標は近年に作られたもの。故に、とても新しい・・・(笑)


d0165723_23381824.jpg



左が新教会、右が旧教会のパイプオルガン。
黒と白、すごく対照的。
どんな音色なのか聴きたかったなぁ。


d0165723_2339343.jpg



蚤の市を巡って、教会を2つ見て、美味しいパンを買って、デルフト探訪は終わりました。
楽しかった~~~!!
デルフト行きを計画してくれた友、それからご一緒してくださったKさん、Mさん、楽しい時間をありがとうございました!

最後の写真は、私的デルフトの小路、で。(笑)
by ruki_fevrier | 2012-06-26 23:52 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/16148190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masoraly at 2012-06-27 21:08
rukiさん、こんばんは~。
写真、すごいですー。きれい!!!一眼持ち歩かれたのでしょうか。
やっぱり違いますねー。ステンドグラス、美しいですねー。
天秤を持つ女、とっても雰囲気ありますね。
確かにフェルメールを触発したといわれても、うなずけるかも。
ところで、私、ピルロとデルピエロがごっちゃになってました(笑)
違う選手だってわかって、すっきりしました。って、全然タイプ違いますよね~。
ま、こんなもんです。
あービジャのいないスペインは、心配ですー。
でも、あの強すぎるドイツが、すんなり優勝するのだけは嫌です。
マリオゴメス、かっこよすぎですよね。
Commented by ruki_fevrier at 2012-06-27 22:37
masoralyさん

こんばんは!写真、そう言っていただけて嬉しいです。
一眼を持って行って良かった!
もー、重くて大変でした・・・コンデジのいいのを買って行けば良かったかも、と思ったり。
レンズも買ったばかりで慣れなくて。

ステンドグラスはどこも綺麗でした。
ブリュッセルでは今まで見た中で一番、というステンドグラスに出会いました。
ぜひお楽しみに~!

えっ!!!ピルロとデルピエロは全然違いますよ!(笑)
もちろん二人とも素晴らしい選手ですけど・・・
今夜はスペインvsポルトガルですね~
C.ロナウドの調子が上がってますからね。どうでしょうか。
トーレス、このままイマイチ君で終わるのか!?
見たいですが、私は明日のために今夜は寝ます・・・
マリオゴメス、カッコいいと言うかなんというか。
あの体格であのスピード、そしてテクニック、怖いもの無しですよね。
Commented at 2012-06-27 23:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2012-06-27 23:33
鍵コメ様

ありがとう!!!あはは、撮った写真を選んでたら、こんなことに。
自分のための備忘録だからさ、ま、いっか~と。
そうそう、神の姿を描くことはご法度だからね~。
だから、ルーベンスはベルギーだからこそ、宗教画家として大成したのよね。
そしてレンブラントは市民を描く・・・

グループ魂、偶然、先日ライブ映像をWOWOWで見てたわ!
かなり衝撃的だったので覚えてました。
阿部サダヲって歌手だったんだ・・・って。(笑)ホント、芸能音痴だわ、私。
Commented at 2012-06-28 00:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2012-06-28 01:26
鍵コメ at 2012-06-28 00:47 様

そう言ってくれてありがとう~!
でも、いや、あまり大したことは書いてないんだけど・・・(^^;
どっちかっていうと、呟き的な?

そうそう、写真見て、なんでこれを手に取って見てないかなーって思うの、私もあります。
でも、とにかくすごい量だから、目移りしちゃってるよのよね。
沢山の中から選ぶって大変だよね。

あー、そんな大した手術じゃないからご心配なく。
ただ、入院&手術自体が初めてだから、どうなるのか術後のことが全く見当つかないの。
なので、その前に出来れば、、、と思ってます。
メールしますね!
Commented by みゅえり at 2012-06-28 20:28 x
なんでしょうか、教会の内部なのに、どういうわけか写真がひじょーに明るいですね。
私室内が綺麗に撮れないのがコンプレックスなんです。レンズ暗いのかな?
どれも鮮明に綺麗にとれていて、装飾もよく見えて美しい。
カメラ・・・最近小型のいい一眼やハイグレードなコンデジがあるので、
ちょっと惹かれているのですが・・・やっぱりちゃんとした一眼にはかなわないかなー
頑張って持っていく価値はあるってことか・・・悩む・・・。
イタリアのカトリック教会と全く違いますね。あまりプロテスタント教会って
見る機会がないので興味深いです。しかし・・・ステンドグラスはすごいですね!
Commented by ruki_fevrier at 2012-06-28 22:46
みゅえりさん

こんばんは~
教会の内部、明るいかな?自然露出でアンダー気味の時は、多少プラスに補正します。
手軽に撮るにはコンデジや小型の一眼がいいけれど、状況に合わせて細かく補正できるのは一眼だよね。
でも、重くて撮りだすのに時間がかかるからシャッターチャンスを逃したり・・・
どちらも一長一短だねー。

そうそう、私もプロテスタント教会ってあまり入らないから、とても新鮮でした!
イタリアのゴージャズ教会とは全然違いますよね~
ステンドグラス、この後ベルギーですんごいのを見てきたので、ぜひ見てね!!


<< 今宵の月 オランダ旅:デルフト 蚤の市 >>