ベルギー旅:マグリット美術館
d0165723_2252180.jpg



ベルギーと言えば、フランドル美術の聖地。
ヤン・ファン・アイク、カンパン、ウェイデン、マセイス、ボスにブリューゲル・・・
それらが一堂に見れる王立美術館と隣接するマグリット美術館の入り口がこれです。↑
中に入って左手にチケットカウンターがあります。

王立美術館しか行かないつもりが、「どっちの美術館?」と聞かれ、「うーん。両方!」と思わず答えてしまった私。
マグリット、すごい好きなわけではないけれど、「光の帝国」がどうしても見たくて時間があまり無いのにコンビネーションチケットを買ってしまいました。
でも13ユーロだから別々に見るよりお得だしーと。


d0165723_23334118.jpg



シュルレアリズムの超有名人ルネ・マグリット。
マグリット美術館は、彼の一生が200点以上の作品と共に辿れる美術館です。
でも、、、時間も無いし、オーディオガイドは日本語無いし、でガイドも図録も買わずにさらーーーーっと流して見てきました。

非現実を超リアルに描くシュルレアリズム。
ありえないでしょーという光景なのに、一瞬「ホント?」と思ってしまう絵ばかり。
これは動物をモチーフにしたシリーズのひとつ「LES COMPAGNONS DE LA PEUR」。
恐怖の仲間たち、というタイトル。
荒涼とした土地に生える植物の先に、なぜかふくろう・・・ホントになぜ・・・?
こちらを見つめるふくろうがとてもリアルで、可愛くない。
ちょっとゾッとする絵です。でもなぜか気に入ってしまい絵ハガキ購入。








d0165723_23443574.jpg



「LA PAGE BLANCHE」、直訳すると白いページ。

一見、なんてことない夜景ですが、よく見ると月が葉っぱの手前にあるという・・・
ただの夜景に見えていたものが、月に注目すると急に景色が変わり、バックの宙に浮かんでいる葉が主張しだす。

全体を見た時の印象が、細部に注目した途端にひっくり返るという面白さがマグリットの絵にはあります。


d0165723_23483079.jpg



「LA NUIT DE PISE」、ピサの夜。
ピサの斜塔に巨大なスプーンが寄りかかってるというか支えているというか・・・

最初は「変な人」と思っていたマグリットだけど、段々お茶目な人だったんじゃないかと思えてくる絵が並んでしました。


d0165723_23541332.jpg



そしてこれが一番見たかった「光の帝国」。
これは最後の最後に展示されています。それも2パターン。
夜のようだけど、空は昼間、という昼と夜が同居する絵。
これこそあり得ないでしょー、と思いつつも、全然違和感を感じないから不思議。
見てるうちに、こんな光景もあるんじゃない?と思ってしまうのです。

この絵は結構大きくて、しかもかなり暗い館内に飾られているので、対峙していると
絵の世界に引き込まれてしばらく呆然と立ち尽くす羽目になりました。
幸い、他に人もいなくてほとんどひとりだったので、余計に絵に浸ってしまいました。
やっぱり見に行って良かった~。

どうやらこの光の帝国は、昼夜が逆転しているバージョンもあるらしい。
見てみたーい。
建物周辺を見ていると昼間なのに、空に目をやると夜空・・・それもいいなぁ。

ちなみに、この絵の隣に展示されていたもう1つのバージョンは、手前の水辺が無い絵でした。
見比べると、この水辺に映る街燈がより一層夜のリアリティを演出しているのだと分かります。

さらーっとしか見なかったので、彼の生い立ちとかパーソナリティとか全然分かりませんでしたが、
次回までにはフランス語をマスターしてオーディオガイドを借りたい!とほんの少しだけ思いました・・・
またいつか、ゆっくり行ってみたいな。

by ruki_fevrier | 2012-08-09 00:11 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/16595298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by YAsapi at 2012-08-09 08:00
光の帝国。
一度、見てみたいと思っている絵です。
へえ〜っと思いながらも、
確かにこんな風に見えたり、感じたりすることもあるかな?って思うこともありますよね。
シュルレアリズムですもん…。
Commented by ruki_fevrier at 2012-08-09 23:08
Asapi先生

マグリットと言えば光の帝国ですよね~
この絵だけはなんとしても見なくては、と途中をかなりすっ飛ばして
最後のフロアまで行きました。(笑)

子供のころからダリとかマグリットとか好きは好きなんですけど、
詳しくはないんですよね~。
今日、密林から届いた本で、初めて彼の人生を知りました。
先に読んでいたら、もっと違う目で見れたかも・・・です。
Commented by a-monly at 2012-08-12 01:00
光の帝国、とても惹かれるなぁ・・・実際に見てみたいです。
ほとんど一人での鑑賞・・贅沢な空間ですね!

絵画を見るのは好きだけれど、知識は全然ないので^^;
いつもrukiさんはすごいなぁ・・と思ってます。

そうそう、まだフェルメールを見に行けてません^^;
早く行かないと~とちょっとだけ焦ってます。。

Commented by ruki_fevrier at 2012-08-13 19:52
a-monlyさん

お返事遅くなってごめんなさい~

そうそう、海外の美術館ってあまり混んでいないから、ゆっくり見れるんですよね。
絵と1対1で向き合える贅沢な時間です。
光の帝国、10枚くらいあるのでどこかで見れるといいですね。
昨日画集で逆バージョンを見たのですが、それもすごく素敵だった~

え、全然知識ないよ。分からないことだらけ。
もっと若いころからちゃんと勉強しておけば良かったなぁって思ってます。
フェルメール、早く行かないと!!
あっという間に会期終わっちゃうよ~
Commented at 2012-08-13 21:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2012-08-13 23:00
鍵コメ様

こんばんは!
オリンピック、楽しかったですね~
今回は睡眠時間を削ればライブで見れたので、かなり満喫しました。
カヌーの会場とか、イギリスらしくて見てるだけで楽しかったですね~

ところで、17日、そうですよね。
スケジュール的に難しそうだなぁと思っていました。
おぉ、デモに参加ですか!素晴らしい。
夏、満喫というか、夏の気候はもう飽きるくらい味わってますから
そろそろ涼しくなって欲しい・・・(笑)
えぇー、サッカーにアーチェリー、バレーに新体操!?
鍵コメ様の好奇心には脱帽です・・・私、やりたい、って思いもしませんでしたわ。


<< ベルギー旅:ベルギー王立美術館 ベルギー旅:ブリュッセル その2 >>