大石プラムのジャム 2012
d0165723_14372733.jpg



7月に作ったジャムですが、今頃アップ。
今年も大石プラムでジャムを作りました。
甘酸っぱい真っ赤なジャム。大好物です~。


d0165723_14382443.jpg



プラムのジャムは、毎回『おいしいから、何度でも』のレシピで作っています。
著者は「食卓の風・・・」のpino先生。

この本からスープやジャムなどちょこちょこ作っています。
ホント、美味しいから何度でも作りたくなっちゃいます。






d0165723_1442322.jpg



レシピでは割と大きく切るように書かれていますが、私は結構細かく刻んでいます。
お砂糖を降りかけて一晩置くとこんな感じ。
これを強めの中火でガーーーッと加熱し、一気に仕上げる。


d0165723_14425526.jpg



今年はプラム1パックで作ったので、大きな瓶1個とボンヌママンの瓶の半量。
いつもよりちょっと少なめかな。
でも、ここ数年で一番美味しく出来た気がする!と自画自賛な出来でした。


d0165723_14443670.jpg



これはとある夏の日の朝ごはん。
冷たいコーンポタージュに、果物はスイカ。
夏と言えばやっぱりスイカでしょう!今年のスイカはすごく甘かった。

小ぶりの食パンはdaylesfordのパンド・ミー。
最近、食パンはずっとここのパンです。さっくりしてて美味しい~。

プラムのジャム、まだ少し残っていますが、そろそろイチジクの季節。
またジャムを作らねば。
by ruki_fevrier | 2012-09-08 14:49 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/16774911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 鈴木麻起子さんのポプリポット 京都旅 2012 >>