沖潤子作品展「異邦人」@DEE'S HALL
d0165723_23365878.jpg



昨日の帰り、DEE'S HALLで開催中の沖潤子さんの作品展へ。

布と糸が織り成す、美しく繊細な世界に浸ってきました。
私の今までの刺繍の概念を覆す作品たち。
見ているものは刺繍なのだけど、まるで沖さんの思考の軌跡を見ているようで・・・
宇宙とか自然とか、どこまでも広がっていく沖さんの世界に漂っている感じです。

刺繍、数日前に「久しぶりに刺そうかしら」と思ったところでしたが、
沖さんの作品を見たらなんだかそんな気分は吹っ飛んでしまいました。(笑)

作品はとても手が出なかったけど、作品集があったのでそれをいただいてきました。
眺めてはため息をついて・・・また沖さんの宇宙に浸っています。


作品展は11/22までです。
明日、また行ってしまおうかな、と思うくらい素敵です。

by ruki_fevrier | 2012-11-20 23:49 | 日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/17200611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a-monly at 2012-11-21 12:56 x
芸術ですね。
本当に繊細で美しい・・・・
モノ作りって、その人の思考や人(柄?)が作品に入りますよね~
とある有名デザイナーは、面白いものからの洋服作りをしていたり。

rukiさん、刺繍もやってたんですか? すごい!
いつもご謙遜なさるけれど、何でもこなしてしまうrukiさん尊敬しちゃいます☆

最近刺繍に興味が出てきたけれど、やっぱり私は見るだけで十分かも?(笑)
Commented by ruki_fevrier at 2012-11-21 23:42
a-monlyさん

沖さんの作品、初めて見たのですが、ホントに美しくてうっとりしてしまいました。

>モノ作りって、その人の思考や人(柄?)が作品に入りますよね~

あぁ、そうだね。
a-monlyさんのアクセサリーも、めっちゃ個性出てるものね~
沖さんの刺繍からはすごく哲学的なものを感じたの。
人間の根源を感じさせるような・・・

いやー、全然!刺繍、すごーく昔にちょこっとやっただけ。
でもなぜか裁縫箱に新品の枠が・・・(^^;いつ買ったんだろう。
えー、a-monlyさんなら素敵な刺繍が刺せそうよ。ぜひぜひ手を出して!!
ま、そのへんは明日ゆっくり。ふふふ。


<< 巨匠たちの英国水彩画展@Bun... 志村睦彦さんと宮岡麻衣子さんの器 >>