シャルダン展@三菱一号館美術館
d0165723_18343546.jpg



仕事始めは1/4。
本当は9連休にしたかったけれど、諸事情あって出来なかったので、それなら、と会社帰りに
会期終了間際の「シャルダン展」に行ってきました。

18世紀の画家、ジャン・シメオン・シャルダンの日本で初めての回顧展。
シャルダン???と思って見に行きましたが、見てるうちに「あぁ、ルーブルで見てる」と思い出しました。
彼の絵は、ヤン・ファン・ハイムスのような同時代の画家たちが描いた大きな花瓶に花が咲き乱れる豪華な静物画ではなく、
数少ない対象物が静かでほのかな光が差す空間に浮かび上がるように描かれています。
それがとても印象に残っていました。名前は忘れちゃってたけど。

構成は、

第一部:多難な門出と初期静物画
第二部:「台所・家事の用具」と最初の注文作品
第三部:風俗画-日常生活の場面
第四部:静物画への回帰







d0165723_19461274.jpg



静物画といえば花の絵が多いですが、シャルダンは花だけを描いた作品は記録上で8点、現存するのは
1点のみだそうです。
そんな唯一の花だけの絵が、この「カーネーションの花瓶」。

白地にブルーで絵付けされた花瓶(多分デルフト焼き)に、カーネーションをはじめ沢山の花が生けられています。
中央の白いカーネーションと月下香に柔らかい光が当たり、中央下と右下に配された赤いカーネーションがハッとするほど美しい。


d0165723_20325286.jpg



後半生に描かれた「銀のゴブレットとりんご」。
同じモチーフが初期の作品に描かれていますが、当然のことながらより表現のリアリティが増している。

この絵の、静けさの中にある日常の道具の美しさに強烈に惹きつけられました。
手前に置かれたりんごがゴブレットに映り、薄暗い中で銀が艶やかな輝きを放っていて美しい。

シャルダンの静物画に対する姿勢を見ていると、フェルメールに通じるものがあるなぁ、と思う。
歴史画を頂点とする美術界にあって、風俗画と静物画という位階の低いジャンルを信念を持って
描き続けていることと、それらが醸し出す世界から受ける印象がとても似ている。
当時高く評価されたにも関わらず、その後忘れられた画家であることも同じだし。


d0165723_21342587.jpg



そんなことをつらつら思いながら、回った展覧会でした。
シャルダンの静物画、好きだなぁ。機会があれば、また見たいです。
それと、もう一度エリカ・ラングミュアの『静物画』をちゃんと読もう。

会期ギリギリで行ったシャルダン展が今年最初の展覧会となりました。
いいスタートだ。でも仕事が終わらなかったら見れないところだった。(^^;
今年は出来るだけ会期に余裕を持って見に行きたい…(抱負追加)

by ruki_fevrier | 2013-01-06 21:54 | 日々 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/17575198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2013-01-08 19:58
タイトル : シャルダンの魅力・絵画史上に残る名画の条件
シャルダン「食前の祈り」 Chardin "The prayer of time before the meal"  東京の三菱一号館美術館で、国内で初めての本格的なシャルダン展が開催されています。寡作の画家シャルダンの作品が、最高傑作と言われる「食前の祈り」を始め38点が集結し、シャルダンの作品の全貌を知るよい機会となりました。Chardin was a painter of the 18th century France, received evaluation as a paint...... more
Commented by uransuzu at 2013-01-07 20:09
この辺りは、歩いているだけでも楽しいですね。
すぐお近くに美味しい日本料理屋さんがあるのですよ(去年、教えてもらったばかり! 笑)。
今年もたくさん美術館レポートお願いします。
できれば、2月上旬のいい展覧会があったら教えて~
Commented by ruki_fevrier at 2013-01-07 23:58
uransuzuさん

こんばんは!
↑、かなりてにをはがおかしいことに気づき、少し修正しました。
そんな記事なのにコメントくださってありがとうございます!
おぉ、美味しい日本料理屋さんですか!!ぜひ教えてくださいー。

2月上旬…
ラファエロもルーベンスも3月ですもんね~
2/9から、↑三菱一号館美術館で印象派の絵がたくさんのクラーク・コレクション展があるようですよ~
また、思いついたらお知らせします!
Commented at 2013-01-08 09:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by desire_san at 2013-01-08 20:01
こんにちは。
シャルダンの静物画は静粛な雰囲気ですが、私たちの心に訴えて久米モノがありますね。私もシャルダン展について書きましたので、トラックバクさせていただきました。
私のブログにもコメントをいただきありがとうございました。
Commented by ruki_fevrier at 2013-01-08 23:57
鍵コメ様

いやいや、ほら、私のところも震災の時に変なコメント入ったし。(笑)

ぬわにーーーーーーー!!!
そうなの!?なんてことっ!!
後でそっちにお返事書きに行くわ!!
Commented by ruki_fevrier at 2013-01-09 00:03
desireさん

こんばんは!
シャルダン展、すごく良かったですね!
静物画好きなので、本当に楽しかったです。
なかなか行く機会が無くて、会期ギリギリになってしまったのですが、
もしもっと早く行ってれば何度か行きたいと思ったと思います。

トラックバック、ありがとうございます!私もさせていただきますね。


<< ロブションのカレーパン レモンパウンドケーキ >>