白隠展@Bunkamura ザ・ミュージアム
d0165723_18143012.jpg



Bunkamura ザ・ミュージアムで開催された白隠展
最初、白隠展が開催されると聞いて、ものすっごくびっくりしました。
なぜ、白隠が?いつの間に、そんなメジャーになっていたのかしら、と。

私が白隠を初めて知ったのは、約20年前。
大学4年の時に学芸員の研修でお世話になった美術館で出会いました。
そこは東洋美術を集めた小さな私立の美術館で、白隠の書や禅画の展覧会もよく開催していました。
しかし、その頃、一般にはあまり知られていなかったので、私の中ではとてもマイナーな方だと思っていたのです。
なので、本当にびっくりしました。
私にとっては懐かしい白隠の○や、書、達磨や観音様に再会しに行く展覧会でした。








d0165723_18224411.jpg



ユーモラスな顔が特徴の白隠の達磨も好きだけど、穏やかな顔の白隠の観音様が特に好き。

この「蓮池観音」、蓮を愛でる観音様は、とても優美。
蓮も色鮮やかで、私もこんな風に蓮を眺めてボーっとしたいなぁ、と思いつつ鑑賞。


d0165723_1916211.jpg



お久しぶり、の「すたすた坊主」。
人々の福を願って代参するすたすた坊主。
布袋さんをすたすた坊主にしてしまう、白隠のユーモア。
展覧会ページの一番下を、このすたすた坊主が動いているのですが、それがとっても可愛い!

私の美術史の師匠は、白隠にとても詳しい方でした。
しかし、その頃の私は日本画には全く興味がなくて・・・
ホント、節穴だらけの私の両目です。

図録を見たら、山下先生の文に師匠の名前があり、おぉ、と。
誰も白隠に注目していなかった頃、「本物も偽物も何百って見たわ」と仰っていた師匠を思い出しました。
ひととき20年前にタイムスリップした白隠展でした。

by ruki_fevrier | 2013-04-07 19:32 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/18495096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 上野の桜と円空展@東京国立博物館 うちの庭 201303 >>