NY旅日記:Grand Central Terminal
d0165723_2123259.jpg



今年の2月に設立100周年を迎えたグランドセントラル駅。
優美な装飾が随所に施されているので、主要な駅というだけでなく、建築物としてとても見る価値のある駅舎です。

英語のガイドツアーもありますが、時間が合わなかったためオーディオガイドを借りてあちこち見て回りました。
(オーディオガイドだと日本語を選択できるので結構オススメ)

まずは42nd St.側のファサード。上部にヘラクレスとミネルバを従えたマーキュリーの像があります。
マーキュリーの下にはティファニーの時計。美しい~


d0165723_21595577.jpg



この42nd St.側の入り口から入ると、イベントホールのヴァンダービルト・ホールがあります。
グラセンの所有者だったヴァンダービルト家の名前が付いたこのホールでは、様々な催し物が開かれているようです。
なんとボーリング大会が開催されたこともあったらしい。
こんな格調高いホールにボーリングのレーンを作っちゃうなんて、アメリカってすごいわ。


d0165723_2235941.jpg



1913年に竣工したこの駅舎は、自動車の普及とともに鉄道の利用者が減り、一時はホームレスのたまり場になるほど荒廃。
取り壊して再開発する案も出た中、市民団体の保存運動により裁判で歴史的建造物として残すことが決まったそうです。
そんな保存運動に貢献したのがジャクリーン・ケネディ・オナシス。
彼女を称えるプレートが、ヴァンダービルト・ホールの一角にありました。






d0165723_22104321.jpg



毎日70万人が利用する駅のメインコンコース。
アップルストアがある西側の窓には「100」が描かれています。
ここでぼーっと人が行き交うのを眺めているだけでも楽しい。
実際、そんな人がたくさんいました。


d0165723_22141083.jpg



メインコンコースのシンボル、金の時計台とインフォメーションカウンター。
奥には秘密の通路?があって、下の階と行き来が出来るらしい。


d0165723_22162326.jpg



天井にはポール・セザール・エリューというフランス人画家が描いた夜空に星座が瞬く絵。
1998年に終わった改修工事で、ヤニや埃で汚れていたこの天井画が美しく蘇ったそうです。
改修工事にはなんと12年もかかったとか。


d0165723_22213191.jpg



私の星座、うお座を発見!
うお座の近くに、1950年代、ターミナル内でロケットを立てようとし、その先端で開いた穴があるらしい。
ターミナル内でロケット!?ロケット弾のロケットですよ。もーびっくり。
近くに見える黒い点がそうかな?


d0165723_22215997.jpg



チケットの自動販売機もあるけれど、有人のチケットカウンターも健在。
もちろんカウンターにも美しい装飾が施されています。


d0165723_22242964.jpg



駅のあちこちにあるどんぐりとオークの葉の装飾。
ヴァンダービルト家のシンボルなのだそうです。


d0165723_22265357.jpg



照明がどれも素晴らしい。
これらもひとつひとつ分解して洗浄し、修復されたそうです。


d0165723_223041100.jpg



Eastern Standard Time(東部標準時)とわざわざ書かれた時計。


d0165723_22341528.jpg



メインコンコース奥には古い手書きの案内板が掲示された一室があります。


d0165723_22351284.jpg



ここは昔の待合室のようなところ。
ちょうど同じようにオーディオガイドツアー中の若者3人と一緒になりました。
人種も民族も違う4人が、それぞれの国の言葉を発するガイドに耳を傾け、同時に同じ内容を聴いている。
なんか不思議な感じがしました。


d0165723_22392487.jpg



メインコンコースの真下はフードコートのあるフロア。
奥には有名なオイスターバーがあります。

オイスターバーの天井と同じタイルを使った一角。
この天井はよく響くので、アールの端から囁くと反対側に聞こえる・・・らしい。←やらなかったのでわからなーい。


d0165723_2253493.jpg



たくさんの電球が付いたシャンデリアの下の通路。
緩やかなスロープは、ユニバーサルデザインというわけではなく、昔は馬が通るために階段ではなかった・・・とガイドで言っていた気がする。←でもうる覚え。(汗)


d0165723_22562651.jpg



ここでは改札口は無く、切符を買ったらそれぞれのプラットホームに行って電車に乗り込むだけ。
車内を車掌さんが巡回して改札します。
とっても広いので、自分が乗る電車のプラットホームを探すのが大変。(笑)
植物園に行く時の電車はフードコートフロアにあるプラットホームから出発で、「どこだ~」と探し回り、
出発直前に飛び乗りました。
それもいい思い出。


オーディオガイドツアーは約1時間で終了~。
本当はもっといろいろなトリビアを聴いたのだけど、もう全然覚えてない・・・

さぁ、次は今回の旅行で一番豪華な晩御飯へGO!!

つづく

by ruki_fevrier | 2013-08-08 21:36 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/19432361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by xiangpian at 2013-08-09 04:53 x
グランドセントラル駅だけで、ひとつの記事にしちゃうとは・・・!
ほんとに、あなた様のNYレポートは、大人すぎてまいっちゃう。
美術と植物と建造物と。    買い物とかミュージカルとかカフェとかスーパーとか、そういうミーハーな記事ないの?  笑
そうでないと、私みたいなおバカは、コメント出来ないじゃーん。 
学生時代に初めて訪れたNYは、グランドセントラル駅もバスターミナルもホームレスだらけで、すっごく怖かった印象。  ともかく、速足で歩いたから、天井も何も見てないわ~
あ、私もうお座♪   ← そこ?
 
Commented by uransuzu at 2013-08-09 09:54
私も、この駅には何度もお世話になったけど、こうやって観光(?)したことはなかったな。
いつも、ひたすら速足で歩いていました。
こんなに謂れのある芸術性の高い建物だったのね~。
教えてくださって、ありがとう^^
Commented by ruki_fevrier at 2013-08-10 02:12
xiangpianさん

こんばんはー!
あはは。コメントしづらい記事が続いているよねー。(^^;
はい、十分自覚しておりまする。
でも、まぁ、自分のための備忘録だから、、、と。
そうそう、買い物とかカフェとかスーパーとか。この時はまだ全然行ってないねー。(汗)
それどころじゃない、って感じで必死であちこち回ってた。

学生時代ならまだ改修工事も始まっていなくて、治安が悪かっただろうね。
うんうん。そりゃー早足で歩くよ。しかも天井画、きっと薄汚れて見えなかったと思うよ。
次行ったらぜひぜひ見て~
地下のフードコート、結構オススメ。それにオイスターバーも!!
一緒に行けたら楽しいのにね~
↑このうお座のように、仲良くお手手つないで。あ、旦那様に怒られるわね。失礼失礼。(笑)
Commented by ruki_fevrier at 2013-08-10 02:20
uransuzuさん

こんばんは!
私も前回はあまりよく見てなくて、こんなに素晴らしい建築物とは知りませんでした。
ふうちゃんにガイドツアーあるけど、と誘われて。
よく見ると、あちこち素晴らしいのです!!もー、写真撮りまくり。(笑)
今度行かれたら、ぜひぜひ見てください~


<< NY旅日記:「dovetail... NY旅日記:The New Y... >>