NY旅日記:フラットアイアン&MoMA
d0165723_2146111.jpg



すっきり晴れた4日目の火曜日、まず訪れたのはここ!
フラットアイアンこと、フラー・ビルディング。
1906年に竣工で、高さ87メートル。
NYに現存する最古のスカイクレーパーだそう。

上から見ると鋭角な三角形。
一番細い部分は幅1メートに満たないという平たい形。
まるで大型船の船首のようです。
ビルの波間から現れる船・・・そんな感じ。


d0165723_21565239.jpg



上部はギリシャの円柱のようなデザイン。
横から見ると、厚みが無くてパタンと倒れちゃうんじゃない?と思うほど。


d0165723_2213349.jpg



サイドの古典的な装飾が美しい。
ヨーロッパのどこかの町にありそうな装飾。
でも作られたのは明らかに20世紀なんだけど。

パリのエコール・ド・ボザールで学んだアメリカ人が、帰国後こういった古典的なデザインの建築物を多く作ったらしい。
そういえば、アメリカってファサードにギリシャ神殿のような円柱がある建物とか結構あるよなぁ、と思っていたのでした。






d0165723_2232931.jpg



すぐ近くには美しい金時計。
20世紀初め、Toy Canterというビルのランドマークとして作られた時計だそうです。


d0165723_2291887.jpg



フラットアイアンの向かいにはマディソン・スクエア・パークがあって、人々が思い思いに寛いでいました。


d0165723_2216552.jpg



公園にいたリスのお尻。(笑)
カメラを構えたら逃げちゃった。


d0165723_22372673.jpg



ランチの後は、地下鉄に乗ってニューヨーク近代美術館(MoMA)へ

ガイドブックには火曜休館と書いてあったのに、やってた!!
いつからか、火曜も開館するようになっていました。びっくり。
月曜日の夜、休館日のことを考えずにネットでチケットを購入した際、「えっ、なんで取れたの!?」と後で慌ててHPをよーーーーく読んだら休館日が無くなってました。

持ち時間2時間。とにかく、まずは5階を目指す。
まず出迎えてくれるのは、壁一面のウォーホールのキャンベル缶。


d0165723_22174734.jpg



そして最初の展示室に入ると、ゴッホの「星月夜」、左手にアンリ・ルソーの「眠るジプシー女」、右手に「夢」。

ルソーの描く幻想的なジャングルが好き。
むせ返るような熱帯の湿度。
月夜、静まり返る森をさまよう猛獣たちの息遣い。
夜の森に響き渡る笛の音。
ルソーの絵の前に立つと、それらに包まれ森に飲み込まれそうになる。
ちょうど絵の前に椅子があったので、のんびり30分くらい、この絵を眺めていました。

隣のゴッホの月夜の前は常に何重もの人だかり。
ゴッホの思いそのままのようにうねる激しい夜空と星々。
かたや、時が止まったかのような静けさを漂わせるルソーの夜。
どちらも堪能しました。


d0165723_2245381.jpg



同じフロアにあった、ジェームス・アンソールの「聖アントニウスの誘惑」の悪魔。
アンソールの描く悪魔がとっても可愛い。


d0165723_22481792.jpg



モネの睡蓮の前ではたくさんの人たちが座ってオーディオガイドを聴いていました。
オーディオガイドは無料。
パスポート以外の写真入り身分証明書が必要です。
私は時間が無いので借りず。


d0165723_22503361.jpg



マグリットの「光の帝国、Ⅱ」もありました!
青空にぽっかり浮かんだ白い雲、でも空の下では夜の街。
んー、シュール。


d0165723_225348100.jpg



今回、一番強烈に印象に残ったのはこの絵。
パメラ・ビアンコという画家の「柘榴」。
柘榴の色がとにかく綺麗!!!


d0165723_2256576.jpg



パメラ・ビアンコは1906年生まれの画家で、13歳くらいから画家として活躍していた人のようです。
検索したら、不思議な感じの女の子の絵がたくさん出てきました。
彼女の作品の中で、この柘榴はとても特異な感じ。
小さな作品なのだけど、とにかく美しくて美しくて。しばし、絵の世界へトリップ。


d0165723_23113737.jpg



時間があまりなかったので、ホントに駆け足で回ったMoMA。
ちょうどアンリ・ラブルーストの企画展「Henri Labrouste: Structure Brought to Light」が開催中で、
最後は時間ぎりぎりまで彼のデザインした美しい図書館の画像、映像、設計図にうっとりしてました。
いつかラブルーストがデザインした図書館、見に行きたい・・・

と思っていたら、タイムリミットー。
ここも、「次こそはゆっくり時間を気にせず回りたいところリスト」へ。

ふうちゃんとロビーで待ち合わせ、急ぎブルックリンへ戻りました。
まだまだ火曜日は終わらない~。

つづく。

by ruki_fevrier | 2013-08-17 23:58 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/19467050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a-monly at 2013-08-26 01:19
MoMA! あ~、行ってみたい!! 長蛇の列に断念した根性なし?いや、時間なしの私・・笑
柘榴、気になる絵ですね! アップの写真はまるで幾何学模様みたい。
無知でお恥ずかしいですが、睡蓮はMoMAにもあるんですね!パリだけだと思ってました・・^^;
次回NYに行くときは絶対に行くぞ!笑
それにしても、rukiさんのお写真は、さすが! レポも楽しみにしてるけれど、写真もすごく楽しみにしてました。
最後の1枚は、曇り空が更に「コンクリートジャングル」って雰囲気を強めてるような気がします!
フラットアイアンビルにマディソンスクエアパーク、懐かしい~
前回と前々回のホームステイ先が、その近くなので、通っていた劇場からそこを歩いて帰ってました。
ここのところ、NY熱が上がってます(笑) 大好きなイタリアを差し置いて・・・。
Commented by ruki_fevrier at 2013-08-26 23:45
a-monlyさん

MoMA、行ってなかったんだ~!
私も前回行かなかったから、今回こそは!と。
長蛇の列だったの?今なら事前にネットで買えるから、それだと並ばなくていいから楽だよ。
私も最初は月曜日に行こうと思ったのだけど、雨の中チケット購入の列が30分待ちで断念しました。
そういう日は中に入ってもすごい人で見れないしね。

睡蓮、たくさん描いているから結構持ってる美術館があるよん。
一番有名なのはオランジェリーだろうけど。

最後の写真はMoMAの中から撮ったの。
見上げたら、おぉ、NY!みたいな景色が見えたから。
ユニオンスクエア周辺も便利でいいよね~
次はあの辺りに泊まるのもいいな、なんて思います。
おほほ。NY、いいよね~でもイタリアもいいよね~
私、まだ年末年始を迷ってます・・・どーしよ!!


<< 初盆 NY旅日記:雨のNY >>