NY旅日記:Brooklyn 1
d0165723_1692459.jpg



4日目火曜日からはカリフォルニアから来る友達とホテルに宿泊。

移動の前に4泊させてもらったふうちゃんちを撮影しました。
左がベッドルーム、右がキッチン。
広くてとても使いやすい。

冷蔵庫はワールプール製。
やっぱりアメリカはワールプールなのね。
小学校の頃、なぜか我が家の冷蔵庫もワールプールでした。
鍋ごと冷蔵庫に入れることに慣れていたので、日本製に買い換えた時は「使いづらいっ」と思ったのをよく覚えています。

しかし、ふうちゃんいわく、「すごく電気代がかかるのよ!」とのこと。
あ、なるほど・・・
確かに、省エネとは無縁な感じかも。(笑)


d0165723_1614416.jpg



左はキッチンの窓から。この雰囲気が私は大好き~
ふうちゃんちでのんびり料理する一日とか作ればよかったな、と今更思う。

右はリビングのデスクから見える眺め。
デザイン系の学校に通っているので、広いデスクに色鉛筆や絵具等ツールがたくさん。
左手にある小さな花瓶は私のお土産でこれとお揃い♪

短い滞在だったけどすごく快適で楽しかったふうちゃんち。
「また来るよ!」と部屋に別れを告げ、タクシーでホテルに向かいました。






d0165723_16184065.jpg



この日のお宿はこちら!「Wythe Hotel」。
1901年に建設されたビルを2012年に改装してオープンしたというホテル。
オシャレな街、ウィリアムスバーグにあります。

ここで後半の旅のパートナー、フラ嬢と待ち合わせ。
ブログを通じてもう6年?のお付き合いになるフラちゃん。
ブログはやめちゃったけど、今でも別のツールで連絡を取っていて、お互いほぼ毎日やり取りする仲です。
「NY行きたーい」と呟いていたので、「私、行くよー」とリプしたら、「じゃあ私も行くー」という流れで決まったという今回の旅。(^^;


d0165723_2023483.jpg



NYは初めてというフラちゃんの希望のひとつが、このWythe Hotelに泊まること。
共通の友人であるKちゃんに「フラちゃんが好きそうなホテルだよ~」と言ったら、「あ、高級なシャビーって感じでしょ?」と。
ドンピシャな表現!!さすがKちゃん!

↑左はロビー、右はカフェのホテル側の入り口。
夕食も朝食も外に行ってしまったので使わなかったけど、なかなか評判の良いカフェらしい。
次に行った時は行ってみたいなぁ。


d0165723_20294726.jpg



ロビー奥のライブラリー。
撮影中のフラちゃんはモザイク加工で。(笑)
元が工場とは思えないくらい快適空間。


d0165723_20351574.jpg



部屋はManhattan View King Roomを予約。
どうせ泊まるならマンハッタンサイドがいい、というくらいの感覚だったのですが。
中に入ったら、天井から床、端から端までの窓にイーストリバー越しのマンハッタンがどどーん!!
今まで泊まったホテルの中で一番大きな窓です。
あまりの明るさに、フラちゃん、室内でサングラスかけてました。(笑)


d0165723_20333193.jpg



寝心地のとっても良かったダブルベッド。
めちゃ好みの壁紙。
センスが良くて、しかもなかなか使い勝手の良いバスルーム。
センスがいいけど使い勝手悪いというのはよくあるけれど、ここのはシンクも広くて使いやすかった~


d0165723_20381321.jpg



バスルームからもマンハッタンが眺められる。
この窓、マジックミラーになっているのだけど、明かりをつけると丸見えなのだ。
フラちゃん、気づいてなかったけど。(笑)
窓の位置が高いので、そう簡単には覗けませんが。


d0165723_20393545.jpg



夕食はふうちゃんの案内でこのエリアでも人気の店へ。
ホテル前の道Wythe Ave.を南方向へ出発。
途中、ウィリアムスバーグ・ブリッジが見えたのでパチリ。
ちょうど夕暮れ時で、夕日が眩しかった~


d0165723_204434.jpg



壁に薔薇が咲く家を発見!
去年行ったオランダほどではありませんが、NYでも街角の薔薇を楽しむことが出来ました。


d0165723_20454517.jpg



ここが夕食の場所、「Marlow & Sons」。
Wythe Hotelと同じオーナーが経営する店で、ブルックリンでは超有名店らしい。
入り口すぐは雑貨店、奥がレストランになっています。
予約が取れないのでどうかなーと思ったのですが、時間が早かったのですぐに席に着けました。
↑店に入る時はガラガラだったテラス、帰るころには満席に。

お隣には、英語ではない言葉を話す白人女性二人組。
写真を撮ったりしていたから、彼女たちも旅行者かな。
料理写真は薄暗くて全然撮れず。
スープ、サラダ、お肉料理を3人でシェア。
どれも美味しかったです。
すっかり食欲が回復したのでどのお料理もちゃんと楽しめました。

雑貨もいろいろ見たかったけど、とにかく暗い!(笑)
日本人からしたらめちゃくちゃ暗いので、よく見えない・・・
エコバッグが気になるけど、明日、また来よう、ということにして帰ることにしました。


d0165723_20545849.jpg



部屋に入ったら、今度はマンハッタンの夜景がどどーん!!!
部屋からこんな美しい夜景が見れるなんて、なんという贅沢!
奮発して泊まった甲斐がありました。

ここのバーが夜景が美しくてとても人気と聞いたので行ってみましたが、部屋からの景色と大差なく。
平日の夜だというのにめちゃくちゃ混んでいて、風が吹きすさぶテラスもすごい人。
テラスを一周し、部屋からは見えないブルックリンサイドの夜景を見て、早々に部屋に戻りました。
でも、もしこのホテルに泊まらないのであれば、ここのバーからの夜景はとてもオススメです。

部屋に戻って翌日の予定を決め就寝。
といっても、なかなか寝られず、2時過ぎまで起きていたかな。
朝から活動しっぱなしのながーい一日が終わりました。
翌日はブルックリンでショッピング!

つづく。


by ruki_fevrier | 2013-08-19 23:28 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/19486084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by xiangpian at 2013-08-20 05:38 x
お友達のお部屋も、高級シャビーなホテルも、どちらもいいねぇ♪
やっぱり、アメリカの中でもNYは特別だね。
rukiさんの写真、臨場感たっぷりで、楽しい~~~

で、友だちとダブルベッドで寝たの?    
Commented by ruki_fevrier at 2013-08-25 20:09
xiangpianさん

こっちにもコメントありがとう~
ふうちゃんの部屋は、よくドラマや映画で出てくる感じで、おぉっ、まさしくアメリカのアパート!って感じでした。
ホテルもすごくセンス良くてね~
うん、やっぱNYはいいね。
あはは、臨場感あるかな?

>で、友だちとダブルベッドで寝たの?

うん、そうよ。
てか、私たちもダブルベッドで寝たよね?ブリュッセルで。
違ったっけ?
Commented by xiangpian at 2013-08-26 00:57 x
寝てないよ~
くっついていたけれど、ツインベッド。
私も女子旅行が多いから、予約のときに、ホテル側へのリクエストとして、いつもこう書きます。
we request you 2 beds,not a double bed.
だって、寝返りとか気になるもん  笑

Commented by ruki_fevrier at 2013-08-26 23:38
xiangpianさん

あ、ハリウッドツインだったっけ?すっかり忘れてた~

私も基本は2 beds rooomをリクエストするんだけど、ここは無かったのよねー。
でも全然気にならなかったよ。
疲れてたのもあるけど、たぶん、マットレスがすごく良いんだと思う。
隣にいる気もしなかった。キングサイズだしね。
ぐっすり寝れました♪


<< 恒例の・・・ 初盆 >>