2013年の〆はインド料理で
d0165723_20390576.jpg



今年最後の宴は、インド料理でございました。
28日は研究室の研究会&忘年会。
全く研究してない=何も発表するものが無いので、研究会に出ることを迷ったのですが、
久しぶりに会えるOBの方が何人かいらっしゃるとのことだったので、いそいそと参加しました。
そしたら、ほかの方が調査していることで私の仕事上での情報がお役に立ったり、
美術関係の話が出たりと、意外にも参加した意義がありました。嬉しい。

また、先生が今調査されているフィールドが、私の修論のフィールドと同じため、
先生から年末年始の宿題もいただきました。
大学院を修了し早7年。
全く研究していないにも関わらず、こうして研究会に参加させてくれる懐が深い指導教授に出会えて本当に幸運だと思っています。

研究会の後の忘年会は、インド料理の店「アジャンタ」。
学生時代から今まで、何度か通った懐かしい店です。
相変わらず赤い店内。(笑)
マトンカレーは相変わらず辛くて美味しかったです。
ヒーヒー言いながら食べるのいいんですよね。しばらく、胃が熱かったです。








d0165723_20495434.jpg


12月の宴の記録。
12月2週目の月曜日、マネージャー会議の後、男15人と私で忘年会。
珍しく、ちょっと洒落たバールで、スパークリングワインで乾杯。
しかし月曜から飲み会は辛ーい。
私は早々に帰りましたが、野郎どもは真夜中まで飲んだくれた模様。
翌日の会議は当然のごとく酒臭い中で行われました。(笑)


d0165723_20522988.jpg

同じ週の金曜日。
関連会社のお偉い方主催の忘年会になぜか呼ばれて四谷まで。
秋田料理のお店でした。
〆はもちろんきりたんぽ!お鍋でいただきました~♪
やっぱり冬は鍋ですな。


d0165723_20535409.jpg


久々に訪れた四谷。
滅多に行くことはないのですが、よーく見るとかなり魅力的な店が。
右の「ドロップキック」は焼肉屋です。
うぅ、気になるー!
機会があったら探索したいエリアです。


d0165723_20540751.jpg


翌週は、大学院時代の友達さとちゃんと約1年ぶりのおデート。
今、アフリカの仕事をしているさとちゃん。
1~3か月現地に滞在し、2、3週間帰国するを繰り返した一年だそうで。
やっと今回1か月日本に滞在することが出来るので忘年会をすることが出来ました。
「何食べたい?」と聞くと「やっぱ和食でしょー!鍋がいい!」という返事。
ということで、ふぐ料理に。
段々コース料理が厳しくなってきて、最後の鍋も1杯しか食べれず。
でもお雑炊は別腹!日本人で良かった♪と思う瞬間です。


d0165723_20541400.jpg


クリスマス前の3連休初日は、仲の良いスタッフ3人と北浦和の昭和なホルモン焼きの店で忘年会。
熱燗飲みながら食べるレバテキがサイコーなんです!
「ピーセン」というメニューがあり、何だろうね、と言いながら注文したら、
ピーマンの千切りサラダでした!(笑)
天井の照明は裸の蛍光灯、ビールは自分で冷蔵庫から出して最後に数を申告というなんとものどかな店です。

私が今の会社のアルバイトを始めたころ、埼玉の営業所で一緒だった3人。
初めて出会ってからもう10年が過ぎ、それぞれ役職のある立場に。
仕事の愚痴もちょっと出て、それを宥めたり、檄を飛ばしたりの5時間。
会社を良くしていこうという気持ちが一緒の仲間がいるというのは嬉しいことです。

こんな感じで宴会が続き、合間にクリスマスパンケーキだー!なんてやっていたので、
当然ですが体重は人生最重記録を更新。(爆)
この休み中になんとかせねばばば。(^^;


さて、あと数時間で「さよなら、2013年」でございます。
仕事納めは27日で、今日まで4日間もあったというのに!!
予定していた記事をひとつもアップできず…
ホントは、NY旅行記を終わらせて、秋以降全然書けなかった展覧会レビューをまとめて書いて、
最近買った器あれこれをアップして、、、なんて思ってたんですがー!
全て来年に持ち越しで。(たぶん)


こんなダメ人間のブログに、今年もお越しいただき本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。







by ruki_fevrier | 2013-12-31 21:31 | | Trackback
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/20173252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Bonne Année! 石黒剛一郎さんの燭台と伊藤剛俊... >>