縹渺~巧術其之伍@スパイラルガーデン
d0165723_21374038.jpg


満月の金曜日。
アシスタントYちゃんと表参道で寄り道。

まずはスパイラルで開催中の河上智美さんの個展に寄ってお買い物。
その後、いつもの通り展示スペースを覗きながら階下へ。

そこでやっていたのが、「縹渺~巧術其之伍」。
そういえばツイッターのフォロワーさんが行きたいって言っていたな、と思い出しました。
これがすごかった!!


d0165723_21374035.jpg


「真に日本的なる視覚表現とは何か」がテーマの展覧会。
どれもものすごく気合が入った迫力ある作品が並んでいました。
気になったものをいくつか。

これは牧田愛さんという方の作品。
最初、写真を加工したものだと思ってた。
でも、これ、油彩ー!
写真のようにリアルに描かれている金属が、
複雑に絡み合い外に向かってエネルギーを爆発させていく。
眼が画面に囚われっぱなしで、しばらく絵の前から動けなかった。
絵が放つパワーが半端ない。













d0165723_21374079.jpg


これは高田安規子さん・政子さんという一卵性双生児姉妹の作品。
直径10センチにも満たない小さなガラスの器に
とても細かなカットが施されている。
真上から当たるライトが照らし出す影。
これがとても美しいのです。
カットが緻密で本当に素晴らしい。


d0165723_21374009.jpg


森本愛子さんの「カミキリムシ、蛍石、貝、蝶」
小ぶりの作品で、大和絵のような、でもモダンなような。
こういうのを部屋のどこかに飾りたい、てか、飾れるような
お部屋に住みたい…


d0165723_21374064.jpg


YちゃんはYちゃんで、初音ミクをモチーフにした作品や髑髏と花の作品などに
大興奮してました。
二人して、「いいもの見たねー」と感激しながらスパイラルを出ました。

で、Zara Homeをちょっと覗いて。
↑今のショーウィンドウは花柄とゴールドのコーディネイト。


d0165723_21374056.jpg


その後、地下鉄に乗って神宮前まで行き、久々じゃんがらラーメンへ。
味玉&豚角入り、うまい~~~!!


d0165723_21374067.jpg

ホントはマックでベルギーチョコのマックフルーリーを
食べる予定だったのだけど、販売終了という無情な結末。(涙)

どうしてもチョコのアイスが食べたかった私たち。
で、腹ごなしに表参道まで歩いてCACAO SAMPAKAへ。
ここのダークチョコのソフトクリームが絶品なんです。
うまーーーい!と悶絶しつつ、あっちゅー間に完食。
幸せな夜でございました☆


ところで、とうとうW杯開幕!
色々アップしたいことがあれど、忙しくて全然できずにいたら
開幕してしまった!
開幕のブラジル戦、昨夜はメヒコ戦、オランダvsスペインをライブで観戦し、
チリは録画観戦、とどっぷりサッカー漬けです。
オランダ、すごかったー!
カシージャスが可哀想なくらいだった…

そして明日はいよいよイタリア初戦!!
ブッフォンが怪我でスタメン落ちしそうなのが気になりますが、
とにかく、何が何でもイングランド蹴散らすのよ!!
その後の日本戦ももちろん見るので、ウルグアイは録画観戦かな…
慢性寝不足な一か月が始まりました~












by ruki_fevrier | 2014-06-14 22:06 | | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/20810329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しろくま at 2014-06-15 18:40 x
また遊びにまいりました、ヘミオラのしろくまです。
「音」の項目を全部拝読しても謎が深まるばかりだったのですが、ようやく「日々」の項目に「四十の手習い」の記事を見つけて、疑問が氷解しました。楽譜の読解と指の動きとのギャップが謎だったのです。

それはさておきW杯です!
拝読していて微妙に敵さんかなと思ったのですが、私は昔からイングランド人(にん)でして…イングランドが兄貴や学校の先輩たち、イタリアは恋人みたいな感じだったので(笑)、この対決だと本能ではイングランドの応援になります。昔の恋人よりも幼馴染や血縁者。
今朝の試合は負けてしまったけれど、試合はおもしろかったのでまあいいでしょう。負けても腹立たしくない試合でした。
どうしても90年の3位決定戦を思い出してしまったりして、イタリアとの対戦では悪い思い出はありません。
しかし、あんなに脚がつるなんて…条件は同じなのにイタリア選手はなんともないとは、やっぱり(?)食事がいかんのでしょうか。

通りすがりに長文で失礼しました。
Commented by ruki_fevrier at 2014-06-15 21:50
しろくまさん

こんばんは!コメントありがとうございます~

>楽譜の読解と指の動きとのギャップが謎だったのです。

おおお、そうなのですね。謎、、、(^^;
そうなんです。エレクトーンしかやってなかったので、左手が全然動かないのです。
しかもクラシック、聴くのは好きだけど、弾くのは超苦手という。
謎が解けて良かったです!

しろくまさんはイングランド人でしたか~
今朝の試合、知人がイングリッシュ・パブにイタリア人10人と乗り込み、
完全アウェーな中で観戦したそうです。(笑)
一緒に行ってイタリア国歌を歌おう!と誘われましたが、遠慮しました。
超野次られた見たいです。当然ですね~

イングラント、かなり脚がつってましたね。
なんででしょうね?
食事、、、まぁ、コンフェデの時は生ハムを持ち込もうとしたやつらですからね。
最後、イングランドは足が止まっていましたね。
あまり暑さに慣れてないからなんでしょうか?疲労が出てしまったのかなぁ・・・
Commented by ruki_fevrier at 2014-06-15 21:51
続きです。(投稿しようとしたら、文字数多すぎてできませんでしたw)

なんて、もー、語り始めると止まりませんね!!
ウルグアイが負けてますから、イングランドは悲観することはありません!
一緒に決勝トーナメント行きましょー!
(って、ウルグアイはユーベの選手がいるので、そちらも応援してるのですが・・・すみませぬ・・・)
Commented by しろくま at 2014-06-23 01:41 x
ひっそりとこんばんは…
先にイングランドが負け、しかしイタリアがコスタリカを破ってくれれば
なんとか首の皮一枚でつながると虫のいいことを思いましたが、
そうは問屋がおろさずで。ひとに頼ってはいけません。
コスタリカ、なんだかいつも困らされています。
お隣なのでスコットランドも贔屓なのですが、24年前、目の前で
コスタリカに撃沈されました。ついあなどってしまっていけません。

ピアノの方ですが、私もブランク約30年で戻ってきたクチです。
やめた時は中級に毛が生えた程度だったのですが、再開したら
両手で弾けなくなるところまで退化していて愕然としました。
譜読み力はまったく落ちていなかったのは不幸中の幸いでしたが。
しかしリハビリ1年ほどで9割くらい戻ったと思います。
もっとダメダメかと覚悟して始めたのに。
伸び盛りの昔よりも、ちょっとしたことでも手の内に入ったと実感する
ことは多いですしruki様も楽しんでおられるのでしょうね。
Commented by ruki_fevrier at 2014-06-23 23:11
しろくまさん

こんばんは~!
イタリアが不甲斐ないばっかりにホントすみません!!!
もー、なんじゃあの試合は!!!!という感じです。
マルキージオ以外はみんな全然動けていなかったですねー。
イングランド戦が嘘みたいでした。
あんなんじゃウルグアイには勝てない!引き分けてもいいなんて思ってたら絶対負ける!!もう4年前の悪夢が蘇ってきましたよよよ。

おぉ、しろくまさんもブランクからの復活なんですね!
1年で戻ってくるなんですごいです。
私はまぁのんびりボチボチやってます。←要は最近さぼり気味(笑)
先生がすごく深いところまで教えてくれるので、曲の仕上がりは遅くても、楽しいんですよね~
バッハの譜面、当時はこうだった、、、とかいう話から始まるので、音楽史のような勉強にもなっています。未知の世界っていいですね~


<< 河上智美さんのレトロモール鉢 うちの庭 20140525 >>