ウフィツィ美術館展@東京都美術館
d0165723_15470902.jpg




本日が会期終了のウフィツィ美術館展
舎弟ゆずと一緒に行く約束をしペア前売り券も買ったのですが、
なかなかお互いの都合が合わず…
ゆずがイタリア旅行から帰ってくるのを待って、先週土曜日に行ってきました。
会期終了間際だから激混みかな、と思ったら、意外に空いてました。
ウフィツィ展なのに!?
ボッティチェリなのに!?
ちょっと拍子抜けしました。


ウフィツィ美術館展とはありますが、パラティーノやサンマルコからも出品がありました。
どちらも大好きな美術館だから嬉しかった~♪




d0165723_15470944.jpg




遠近法と陰影法を使ってリアルに描くことに注力したルネサンスの画家たち。
ギルランダイオやペルジーノ、ボッティチェリ、ブロンツィーノ等の作品で、
ルネサンス絵画の流れを展観する展覧会。
でもダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロという三大巨匠の作品は来ていません。
彼らの絵が無くても、フィレンツェを中心に活躍した画家たちの作品を並べるだけで
説明できてしまう。フィレンツェはホントにすごい街だと思う。

私はボッティチェリの作品がたくさん見れて大満足。
特に、これ↑↑
パラティーナ美術館からやってきた『聖母子、洗礼者ヨハネ、大天使ミカエルと
ガブリエル』。
これ、見たことがありような無いような…
この聖母の顔はすっごく記憶があるのだけど、こんなに可愛いヨハネとガブリエル、
いたっけ?!と絵の前でゆずと二人、首を傾げる。
(残念ながら、ミカエルはあんまり可愛くないw)

これ、絵葉書欲しかったのだけど、売ってなかった…
ゆずに今度買ってきてもらおう。











d0165723_15470980.jpg



これはボッティチェリが20才頃の作品『聖母子と天使』。
これ、師匠の作品そっくり。



d0165723_15470960.jpg



師匠フィリッポ・リッピの『聖母子と二人の天使』。
この絵、大好き~~~!!
リッピの絵、ホントに好き。
とんでもない破戒僧だったけど。

師匠の絵が頭にあるので、どうしても見比べてしまい、ボッティチェリの絵は
あんまり上手じゃないように思えてしまうけど、
彼の絵だけ先入観無く見たら瑞々しくてとてもいい絵だと思う。

彼の絵はバランスとか遠近とかが少し甘くて、他のルネサンスの画家の絵より
なんというか青い感じがする。
でもそれは下手と言うことではなく、立体的な表現より自分が思う二次元の世界を美しく
表現することへの彼の拘りの表れのように感じる。
ルネサンスと言う時代にあって、ものすごく個性的な絵だと思う。
そして、そこがいいんだなぁぁぁぁ。
ああ、フィレンツェに行って彼の絵を堪能したい~




d0165723_15470976.jpg



お昼ご飯は、西美のカフェ「睡蓮」でいつものオムライス。
これ、ホントにうまーい!

西美は現在ホドラー展。
1月までやってるから~ってのんびりしてたけど、会期が残り一か月切ってきた…
やばし。



d0165723_15470941.jpg




これはゆずからお土産にもらったLEONEと言うお菓子。
4月にBunkamuraで開催したポルディ・ペッツォーリ美術館の
展覧会に一緒に行った際、ミュージアムショップで売ってもの。
当然ですが、現地の3倍くらいのお値段がしてたので、「今度イタリアに
行ったら買ってきますよ」と約束したのを覚えててくれたらしい。

右上が缶入り、下の2つは詰め替え用です。
ラムネを硬くしたみたいな感じで美味しい~
ああ、イタリア行きたい…とイタリアの香りに触れると思う今日この頃。










by ruki_fevrier | 2014-12-14 18:59 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/21390321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by desire_san at 2014-12-19 08:23
こんにちは。
私もウフィツィ美術館をみてきましたので、ご丁寧なご説明、ご感想を興味深く読ませていただきました。
イタリアのルネサンス絵画はなかなか見る機会がないので、多くの作品が見れて良かったです。特にボッティチェリはめったに見る機会のない初期の作品からから晩年までの作品を見ることができたのが大きな収穫でした。

私もこの美術展でボッティチェリの初期から晩年までの作品を見て、画風の変遷と彼の作品の魅力を整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ブログにご感想などコメントをいただけると感謝致します。
Commented by ruki_fevrier at 2014-12-20 21:12
desire_sanさん

こんばんは!
コメントありがとうございます。
ルネサンス絵画、今回の展覧会で思ったより日本では人気が無いのかな、と思いました。
印象派の展覧会に比べるとお客さんが少ないなぁと。
確かに、なかなか日本では見る機会が無いですよね。
今回は色々な作家の作品が日本語の解説で見れて貴重な機会でした。
desireさんの記事、後で拝読しに伺いますね。
Commented by yuki at 2014-12-22 18:05 x
まだ、空いていたんですね。

ボッティチェリの作品をこれだけ日本で観ることができるって珍しいことだと思ったので、空いているのが不思議でした。

行きたい展覧会があれこれあって、スケジュールたてるのが大変。。。マネもバンクス花譜集も行きたい。。。
Commented by ruki_fevrier at 2014-12-23 23:31
yukiちゃん

そうそう、激混み覚悟で行ったら、えーーーっ!?っていうくらいの混み具合だったよ。
ルネサンス絵画、人気じゃないの???って?が飛びまくったよ。
ボッティチェリ、日本語解説であれだけ見れるって貴重よね。
楽しかった~~~♪

そうそう、展覧会スケジュールを把握するだけでも大変よね。
バンクス展、私も行きたい!!だがしかし、日程をまだ把握してない。(^^;
Commented by yuki at 2014-12-26 11:35 x
あ、マネじゃないくてミレーです(^^ゞ

来年もBunkamuraで「ボッティチェリとルネサンス」が開催されますよね。

これにも行こうと思っています。
そのまえにイタリア絵画のこと、予習しないとなぁ。。

未だに、好き嫌いだけで見てしまっているので。。。
Commented by ruki_fevrier at 2014-12-27 13:44
yukiちゃん

ミレー展って三菱一号館だっけ?
印象派展は結構見逃してるのよね…(^^;

そうそう!Bunkamuraでもやるのよねー。
私もそれ楽しみ!!
予習しなくてもオーディオガイド借りると結構勉強しながら見れていいよ。
耳から入ってくる情報ってかなり残るなぁって思う。
でも好き嫌いで見ていいと思う。
どんなに素晴らしいと言われても好きになれない画風とかってあるもんね。


<< 二年ぶりの 大阪出張 お買い物記録 >>