庭始め
d0165723_21480375.jpg



この三連休、どこにも出かけず、家に引きこもり。
土曜日は、本当はホドラー展に行きたかったのだけど、頭痛がするので諦め、
洗濯と掃除をして終わりました。

2日目の昨日、天気もいいし頭痛も収まったので、
これはつる薔薇の誘引をせねば!!と庭へ。
今年最初の庭仕事です。

玄関前のつる薔薇6鉢の枝を全て一度フェンスから外し、
余分な枝を落とし、残す枝は枝先を切り、葉は毟る。
それをもう一度フェンスに括り付けるのですが、これが厄介。
仮留めをちゃんとしないと、枝に引っ叩かれます。
今回も途中で何度か家に入って絆創膏を貼る羽目に。(涙)
右腕には5センチくらいの蚯蚓腫れが…あはは。








d0165723_21480301.jpg



痛い思いをしつつ、昨日今日でなんとか6鉢の誘引を終わらせました。
今日はあまりの寒さに本当は止めようかと思ったのだけど、
「今日、玄関前、やるんでしょ?」と母からプレッシャーが。
確かに、フェンスから解いた枝を放置していると危ないので渋々やりました。
ものすっごい風が吹いていて、昨日とは比較にならないほど寒い。
グラウンドコートを着込んでやりました。
次は庭のアーチとオベリスク!今週末出来るかな~



d0165723_21480356.jpg




玄関に飾ってある椿の色紙。
この時期、我が家は外もうちも椿。
ああ、早く春が来ないかなぁ。









by ruki_fevrier | 2015-01-12 22:16 | | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/21470111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-01-30 00:14
タイトル : クリムトと並ぶ世紀末芸術の孤高の巨匠
フェルディナント・ホドラー Ferdinand Hodler  スイスで「国民画家」として人気が高いフェルディナント・ホドラー(1853-1918)の回顧展が40年ぶりに、東京の国立西洋美術館で開催されていましたので、鑑賞してきました。 erdinand Hodler (1853 –1918) was one of the best-known Swiss painters of the nineteenth century. His early works were portraits...... more
Commented at 2015-01-12 23:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2015-01-13 00:39
鍵コメ様

こんばんは!
お返事ありがとうございます。
おお、何か大事な用事が控えているのですね。
了解です!
番号、登録しておきますね~
またいつかお会いできること日を楽しみにしております。
ミッション、頑張ってください!
Commented at 2015-01-13 11:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2015-01-14 00:56
鍵コメ様

こんばんは!!
追加情報、ありがとうございます~
そうですね~魚介、いいですね~
札幌でも美味しい回転寿司を堪能いたしました。
ああ、回転寿司にしよう!
色々教えてくださって、ありがとうございます。
作家さんのお店も行ってみますね。
Commented at 2015-01-17 11:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruki_fevrier at 2015-01-18 13:51
鍵コメ様

あはは!そちらの庭は、まだ雪の下ですよね。
去年は2月に大雪が続いて全然庭仕事がはかどらなかったので
今年は早めに手をつけました。
でも玄関前以外はまだ手つかずで…ヤバしです。(^^;

私も先日薔薇のカタログを眺めて、ああ、どうしよう~~~って
悩んでました。
枯れてしまった薔薇もまた育てたいし、新しい薔薇も迎えたい。
でも場所がなぁ…とか。色々悩ましいです。

私も鍵コメ様の今年のお庭、楽しみにしております!
いつか実物も見せていただきたいです~~~


<< Darwinara Charm... 久々尽くし >>