JAPAN ARCHITECTS 1945-2010@金沢21世紀美術館
d0165723_19540813.jpg



一度行きたいと思っていた金沢21世紀美術館
そして、この「JAPAN ARCHITECTS 1945-2010」展もすごく行きたいと思っていました。
なので、金沢出張が決まった時は飛び跳ねたくなるほど嬉しかったのです。
もちろん、職場でそんなそぶりは見せなかったけどw

パリのポンピドゥー・センターの副館長であるフレデリック・ミゲルー氏の
キュレーションによるこの展覧会。
「戦後の日本建築史を再構成する」をコンセプトに、時系列に6つのセクションに分けられ、
それぞれ色が付けられています。



d0165723_19540860.jpg



最初のセクション「戦後」を表す色は黒。
黒い壁で仕切られた中に、戦前から戦後に壊れた建物の遺物が展示されています。



d0165723_19540894.jpg



この、最初の部屋だけは撮影可能。

構成は以下の通り。

第1セクション:黒
絶えざる破壊と再生、陰翳あるいは闇

第2セクション:ダーク・グレー
都市と国土のヴィジョン

第3セクション:ライト・グレー
新しい日本建築

第4セクション:カラー 
メタボリズム、万博、新たなヴィジョン

第5セクション:ノン・カラー
消滅の建築

第6セクション:白
還元から物語へ


区分については、特に後半の第5第6くらいはよく理解できなかった。
でも、第4セクションのカラーは「おお、ホントだ、カラーだ!」って思うくらい
大阪万博会場の模型はカラフルで、なるほど、と思いました。
万博会場の建築物は、あの時代の未来志向をすごく感じる。
どれも個性的でカラフル。
戦後復興が一息して、人々が目を輝かせて未来を見つめていたんだなぁと思う。

ドローイングや図面、模型などの建築資料と実際の建築物の写真や動画が
一緒に展示してあり、それが本当に面白かった。
資料だけだと私のような素人にはそれがどういう立体なのか想像つかない。
でも、資料を見た後で写真や動画を見ると、「おお、あれがこうなるのか」と思う。
写真や動画だけより、少しだけその建築物を見る目が深くなる気がした。
最終的な形を決めるまでの、建築家の思索が資料に表れているのだと思う。
見る人が見たら、きっともっと色々わかるんだろうなぁ。

ポンピドゥーの建築資料のコレクションはかなりすごいらしい。
今度パリに行ったら、絶対ポンピドゥーにもぜひ行きたい。
(でもいつになることやら…)








d0165723_19540876.jpg



金沢21世紀美術館と言えば、このレアンドロのプール。
一見普通のプールなんだけど、下を覗くと人がいる。
アクリル板で仕切られた部分にのみ水が入っているという仕組み。
この日は平日だったので、私以外誰もいなーいという時間があったけれど、
休日はすごい人らしい。(休日に行った友達談)



d0165723_19540875.jpg



これはパトリック・ブランの『緑の橋』。
これ、通路の入り口から眺めるとすっごく綺麗なんだけど、そこは撮影禁止。
わざわざ撮影禁止の看板があるってことは、みんなそこで「写真撮りたい!」って
思うんだろうなぁ。

こんな真冬でも緑が美しい壁。
常に緑が保たれるよう、また四季折々の花が咲くよう、
計算しつくして植栽されている。
ブラン氏は植物学者だそうで、この作品自体が彼の研究成果。
はぁ、うちの庭もそんな風に植栽出来たらいいのだけど。



d0165723_19540879.jpg



マイケル・リンの市民ギャラリーはカラフルな花柄で埋め尽くされた壁と、
その柄を施したロッキングチェアーが置かれている。

『緑の橋』の通路を渡っていると見えるので、私もあそこで椅子に座って
ゆらゆらしたい~~~と場所を探しました。

このロッキングチェアーは美術館を設計したSANAAデザイン。
SANAAが設計した建築物としての美術館が見たくて行ったのに、
外観の写真を全然撮っていない私でした。。。アホすぎる。



d0165723_20503242.jpg



ミュージアムショップでかわむらの甘納豆を発見!
和三盆で仕上げたくるみやいよかんピールなんかもあったので、即買い。




d0165723_20503271.jpg



そして、美術館からタクシー飛ばして買いに行った別所文玉堂のカステラ。
私の中で、ベストカステラはこちらです。
埼玉から買いに来た、と言ったらおまけくれました。うしし。
開封すると日持ちしないので、ハーフを2つ買いました。
やっぱりここのカステラは美味しいなぁ。
また取り寄せしよう。



d0165723_20503208.jpg



駅ビルに入ってる地酒屋さんで見つけた能登誉。
ゼミ合宿で行った輪島でこのお酒に出会って、日本酒うまーい、って思ったのよね。
能登のお酒だから無いかなーと思っていたのだけど、あった!!嬉しいー♪

時間が無くて辻和美さんのお店に寄れなかったのは残念だったけど、
念願の美術館に行けて、甘納豆とカステラ、日本酒と欲しかったものが買えて大満足!
ホクホクしながらサンダーバードに飛び乗り、大阪に向かったのでした。



つづく。






by ruki_fevrier | 2015-02-08 21:20 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/21541733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大阪出張記録 2015 その1 金沢出張記録 >>