ロンドン旅行記:Jar Kitchen & St. Martin in the Fields
d0165723_00464044.jpg



この日、夜は教会でのクラシックコンサートに行くことになっていました。
かおちゃんがバッハ好きの私のために予約してくれていたのです。
その前にコヴェントガーデンのJar Kitchenというレストランでディナーの予約をしていました。

ロンドンにはプレシアターメニューというのがあります。
劇場に行く前の食事を普通のディナーよりお得なお値段で提供してくれるシステムなのです。
私たちもそれを利用するために、いつもより少し早い時間に晩ごはん。




d0165723_00464093.jpg



5時か5時半くらいだったので、まだ店内には誰もいない。
でもこの後、私たちが食事を始める頃にはほぼ満席になっていました。



d0165723_00464048.jpg



前菜、メイン、デザートの3品でひとり20£。安い!
しかも野菜をふんだんに使っていて、どれも美味しい~♪



d0165723_00465592.jpg


盛り付けも繊細な感じ。
うーん、ロンドン、本当に食事のレベルが上がってる!!



d0165723_00465589.jpg



ジャーキッチンという名前の通り、あちこちガラスジャーが置かれいました。
このお店のタップウォーターはハーブやフルーツが入ったフレーバーウォーター。
とっても美味しかったです。









d0165723_00465553.jpg



食後は腹ごなしに周辺を散策しながらコンサート会場の教会に向かいました。
トラファルガー広場への坂を下っていると、ネルソン提督の像の上に綺麗な半月が見えました。



d0165723_00471406.jpg



こちらが会場のSt. Martin in the Fields
普段からよくコンサートなどが行われているようです。



d0165723_00471397.jpg



教会なので、信者席に座ってコンサートを聴きます。
ちゃんと指定席になってる!

演目はヴィヴァルディの『四季』から『春』と『夏』、
ヘンデルの『シバの女王の入場』や
バッハの『ブランデンブルク協奏曲』。
荘厳な教会音楽と違って華やかな音楽。
思わず寝そうになってしまったりして(笑)



d0165723_00471468.jpg


会場は満席で、こういう風に気軽に音楽が楽しめる環境っていいなぁと思いました。
みなさん、普段着で気軽に来てる感じでした。




d0165723_00472379.jpg



地下のカフェ。




d0165723_00472387.jpg



でも、このカフェはたぶん地下墓地?
足元には墓石があちこちにあります。
墓石があるってことは、この下に誰かが眠っているってことだよね?
とかおちゃんと話したりして。

ギフトショップもあって、そこで少しお土産を買ったりしました。



d0165723_00472386.jpg



帰り道、例のMewsに寄る。誰でも通っていいのだと思うけど、
ゲートを通る時にちょっとドキドキしちゃう。




d0165723_00473113.jpg



ちょーーー雰囲気いい!!



d0165723_00473119.jpg



オフィスになっているところも多かったです。
どこも素敵に改装してありました。
中はどうなっているんだろう~
こんなところに住めたら楽しいだろうなぁぁぁぁと妄想。



d0165723_00473134.jpg



かおちゃんに部屋に寄ってもらって、日本から持ってきた消耗品の残りとか、
ロンドンで買ったオイルやバター、調味料などを引き取ってもらいました。
結局食べなかったレトルトとかも。
こういう時、現地に友達がいると助かります。
そしてかおちゃんとお別れ…
次は年末年始に日本でね、と言って別れました。
(その時のことがこの記事w)

そして恒例の深夜まで終わらないパッキング。
薄暗い間接照明なの中で行ったので、うっかりポットの蓋を捨ててしまったのです…(涙)
たいして買い物していないはずなのに、なぜにスーツケース2個に収まらないのだろうか。
私、きっとパッキングが本当に下手なんだと思う…
と自己嫌悪に陥りつつなんとか詰め終え、寝たのでありました。

つづく!
(いよいよ次が最終回!!)






by ruki_fevrier | 2016-10-02 23:46 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/23519054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a-monly at 2016-10-03 16:17
教会でバッハのコンサートだなんて、素敵過ぎる!行ってみたいーっ!!
そういえば数年前の12月に五島列島に行った時、あちこちの教会でコンサートをしてたのですが、日にちがズレてしまって行けなかったんです。。
ディナーの写真、え?ロンドンですか?って思ってしまった・・笑 美味しそうだし洒落てるし、しかもこれで20ポンド?! ビックリ!
Mewsも素敵~☆ 写真を見ながら、こんなところに住んでいたら・・・?と私も激しく妄想しちゃいまいした。笑 

ところでrukiさん、パッキングが~じゃなくて、やっぱり沢山買ってるのじゃないの~?なんて疑ってますよ、私・・笑
スーツケース2つでしょう??^^
あ、それとも、元々の荷物が多いのかな??
帰国前夜は、パッキングが終わりませんよね~ よーく分かります^^
Commented by ruki_fevrier at 2016-10-04 00:18
> a-monlyさん

コメントありがとう!
そうなのよ、教会でバッハ、なんて素敵!!
ただ、演奏曲は宗教音楽ではなかったので、ごミサというよりコンサートって感じでした。
旅先でコンサートに行くということ自体がいいよね~
なかなかタイミングよく行けないから嬉しかったよーん。

ね、ロンドンですか!?って感じでしょ!味も本当に良かった!!
今年も素敵なレストランを発掘してきたから期待しててね。
mews、素敵よね。ロンドンのあちこちにこういうmewsがあるみたいで、インスタではmewsばかりをアップしているアカウントがあるのよ。
今年も出来なかったけど、来年こそmews巡りしたい!!
Commented by imomoyo at 2016-10-08 10:26
ruikiさんこんにちは♪
ほんとにほんとにお久しぶりです~。
充実のロンドン旅行でしたね。
こんなロンドン旅行できたらいいな
それに写真もどれもみんな素敵!

私はワンコ飼い始めてから、海外旅行もままならず。
rukiさんとこで追体験させてもらいます♡
Commented by ruki_fevrier at 2016-10-09 22:33
> imomoyoさん

お久しぶりですーーー!!!
ホントにホントにお久しぶりですっ。お元気でしたか?
はい、充実のロンドン旅でした。
といっても去年のなので、終わったらすぐに今年の旅レポがスタートします(^^;
ぜひ今後ともお付き合いくださいませ~
類君、可愛いですね!
そうそう、我が家もにゃんこがいた頃は両親も旅行の度にペットホテルに預けて大変そうでした。
でもわんちゃんの可愛さには勝てませんよねぇ~類君>海外旅行、わかります。
またぜひお喋りしに来てください~♪
Commented by lilymiya at 2016-10-12 17:52
EU離脱でビザの問題等が起これば、レストランで働く人(シェフも含め)可能性もあるだろうから、レストランにも打撃があるのでは?せっかく上がってきたレベルがまた下がってしまうのでは?という懸念もあると耳にしました、ど気になりますね。

英国在住(もう20年以上)の友人もMEWSといわれる場所のメゾネットにかつて住んでました。プライベート感いっぱいのとても雰囲気の良いところで、私も住みたいなぁって思ったものです。あああ・・・遠い目。
Commented by ruki_fevrier at 2016-10-12 23:24
> lilymiyaさん

こんばんは!
EU離脱によって何がどう変わっていくのか、全く想像つかないですね。
人的移動が制約されるのは間違いないでしょうねぇ…その結果がレストランなどに影響するのは十分あり得ますね。
それにしても、気づいたらユーロは120円を切り、£は130円を切り、、、びっくり!
今のうちに行かねば!!←違うwww

Mewsでの暮らしってどんなんでしょう~
miya様が住みたいって思うくらいですから、素敵なんでしょうね~
あああ・・・遠い目w


<< 新潟出張記録 2016秋 ロンドン旅行記:Borough... >>