スティグ・リンドベリ展@西武ギャラリー
d0165723_23175140.jpg



池袋西武で開催中のスティグ・リンドベリ展に行ってきました。
Fukuyaさんに招待券をいただいたのです♪
本日最終日でした。滑り込み~~~。
それにしても、会期11日は短すぎる…



d0165723_23175246.jpg



絵付けする若き日のリンドベリ。



d0165723_23175116.jpg



西武の包装紙の原画。

リンドベリは1959年に西武の包装紙をデザインしたのだそう。
1959年!!びっくり。
そんな昔に…

修正をした部分がはっきりわかる原画。
リンドベリのペン運びを感じられます。


d0165723_23180355.jpg



これが出来上がった包装紙。
赤い色が可愛い。

しかし1959年にこの包装紙を作ってたなんて、
西武百貨店、攻めてたのね。










d0165723_23180453.jpg



ファイアンスシリーズのデザイン画。
ファイアンス焼きとは、15世紀イタリアのファエンツァに起源を持つ陶器だそうです。
リンドベリは花柄や幾何学模様を施して、1942年にファイアンスシリーズを発表。



d0165723_23180249.jpg



こちらがファイアンスシリーズのお皿。
か、可愛い・・・!!
とても人気のあるシリーズだったそうです。



d0165723_23181886.jpg



リンドベリはこういうのも作ってるのね。
それにしても、「泥棒」って…www
ストッキング被ってる泥棒!?



d0165723_23181898.jpg



動物シリーズはどれもひょうきん。
このオットセイ、なんか色っぽい気がするw



d0165723_23181732.jpg



こんな繊細で美しいシリーズも作ってたのね~



d0165723_23183006.jpg



リンドベリのテキスタイル・デザインも素敵。
私はユンバリのハーバリウムが大好きで、いつかあれでカーテンを!!
と思っているのですが、お高いので一生無理な気がしますw



d0165723_23183048.jpg



『塔と楽園の樹』
このタペストリー、すごく素敵だった。



d0165723_23182905.jpg



テキスタイルのデザイン画。



d0165723_23183995.jpg



これが完成品。
あぁ、植物柄っていいなぁ。


d0165723_23184018.jpg



彼は絵本や本の装丁も描いていたそうで。
これは『ダニエル・ドップスコー』という絵本の絵。
ちょーーー可愛い!!
眺めているだけで楽しくなる。



d0165723_23183926.jpg



この本の装丁はため息が出るほど美しい。
真ん中、黒白金って渋いようでなかなか派手なんだなぁ。
すごくカッコイイ色使い。



d0165723_23190289.jpg



『空想の街』の部分。
色とフォルム、どちらも独創的。
なんでこんな形を思いつくのか。



d0165723_23190325.jpg



リンドベリ家は一ヶ月に一度は模様替えをしていたらしい。
リンドベリの家は、彼がデザインしたものが実際の生活でどのように見えのか、
機能するのかを実践検証する場所だったのね。




d0165723_23190369.jpg



こちらが当時の写真。
器の形がとても面白い。
造形美と機能性を両立させるデザインを常に考えていたんだろうなぁ…



d0165723_23185373.jpg




実はそれほど期待していなかったリンドベリ展。
でも、コンパクトな展示で彼の50年近い仕事人生が展観出来て、とても面白かったです。
生活のすべてをデザインする人生だったのだなぁ。
行って良かった~!!
ミタ様、ありがとうございました!!


↑これは彼の自画像。
最初にあげた写真と同じくらいお気に入り♪
ちなみに、包装紙柄を復刻したエコバッグやランチバッグが欲しかったのだけど、
既に売り切れでした…orz












by ruki_fevrier | 2016-10-30 23:59 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/23586069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 秋の薔薇 2016 Ophelia 鈴木麻起子さんの新作リム皿 >>