杉本博司 ロスト・ヒューマン@東京都写真美術館
d0165723_00252678.jpg




庭美の後、閉館時間に間に合いそうだったので歩いて東京都写真美術館へ。
杉本博司 ロスト・ヒューマン」展、随分前に知って気になっていました。
だがしかーし、あっという間に会期終了まで残り2日…
無理かなぁと思っていたけど、庭美から意外に近かったのでなんとか滑り込みました。
美術館に入る前に見た夕暮れ。綺麗でした~




d0165723_00252732.jpg



「杉本博司 ロスト・ヒューマン」
リニューアルオープンと開館20周年を記念して開催された展覧会です。
「人類と文明の終焉」がテーマ。
三部構成で、第一部は「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」。
「理想主義者」「政治家」など、33の視点から見た人類終焉の物語が、
「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」で始まるテキストと
古物や化石などの歴史的遺物で表現されています。

中には「国土交通省都市計画担当官」や「バービーちゃん」なんていうのもある。
前者のストーリーでは、「人口減少によって近代都市の象徴である高層ビルや高速道路網などの
維持管理が不可能になり、それらは劣化し崩落し始め、近代遺跡になってしまった。
そして、かつて古代ローマの遺跡の上に中世の人々が暮らしたように、
それら近代遺跡の上に人々が暮らしている」という未来が語られている。
高速道路のトンネルでの天井落下事故などを思い浮かべ、さもありなん、と思ってしまった。

こんな感じで、そんな未来が待っているかもしれないと思わせる33の終焉ストーリーが展開する。
面白かったけど、さすがに最後は気分が欝々としました。(笑)




d0165723_00253663.jpg



第二部は《廃墟劇場》。
アメリカの廃墟となったシアターを巡り、スクリーンを張り直して映画を投影。
映画一本分の光量の長時間露光で撮影した作品。

素晴らしかったです!

シアターそれぞれのストーリーは一切示されていないが、
豪華な室内装飾の残骸を見てかつての栄華を感じ、
そこに集った人々の息遣いを感じ、
そして朽ちていく現在の姿にそれまでに積みあがった時間を感じる。
なんとも雄弁な写真群だった。

↑これはKenoshaというウィスコンシン州の町にあるシアター。
スクリーンサイドの透かし彫りのような装飾が美しくて、いつまでも見入ってしまった。
このシアターが一番美しくて好き。




d0165723_00252746.jpg



これはデトロイトのシアター。
これも豪華だよなぁ…
当時の人たちがこのシアターで何を見たのかしらないけれど、
豪華な劇場で、何かに熱狂し、この世の春と思ったことだろう。

第三部は《仏の海》という三十三間堂の千手観音の画像と一基の仏塔が並ぶインスタレーション。
この世の終わりを見た後に現れる千手観音。
未来は絶望しか待ってないんじゃないか、という気分が少し救われました。
やっぱり仏像って癒される・・・


d0165723_00253699.jpg



駆け足で回った展覧会だったけど、すごく集中して見たので長い時間いたような気分。
もっと早く行けばよかったなぁ・・・
空いている時に、じっくり見たかった。
まぁ、でも、見れただけよかった。
私にしては珍しく現代アートを梯子。
しかも両方とも死や喪失を感じさせる展覧会だった。
特に考えずに梯子したのだけど、見えない手に導かれていた気分。ふふ。










d0165723_00253656.jpg



恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスツリー♪
もうそんな季節なんですよね・・・



d0165723_00255442.jpg


見上げたらお月様。
こういう時、デジ一持っていたらなぁと思う。




d0165723_00254482.jpg



恵比寿ガーデンプレイスの年末といえば、このバカラのシャンデリア。
初めて実物を見ました。
おお、これか~!
ホントにキラキラ✴💎✴



d0165723_00254479.jpg


d0165723_00254396.jpg



小腹が空いたので、バーガーキングで晩ごはん~♪
久々で美味しかったわ~
お腹も満たされ、大満足な休日でした。
友よ、ありがとう!!






by ruki_fevrier | 2016-11-16 23:58 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/23620988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 久々の引きこもり休日 クリスチャン・ボルタンスキー ... >>