クリスマスプディングレッスン
d0165723_00385384.jpg



約一ヶ月前、Galettes and Biscuitsのレッスンでクリスマスプディングを習いました。
アドヴェントの1週間前の日曜日にクリスマスプディングを作る習慣だそうで、
その日は「Stir Up Sunday」と呼ばれるのだそう。



d0165723_00385408.jpg



昔は袋に入れて作っていたので丸い形だったとか。
なので、これらのオーナメントはクリスマスプディングなのです!



d0165723_00385310.jpg


こんな可愛いクリスマスプディングのカードも。


d0165723_00390541.jpg



イギリスでは出来合いのクリスマスプディングがあちこちで販売されるそうです。
これはMakrs & Spencerのもの。
ただ、中には美味しくないものもあるようで、、、
やっぱり初めて食べるものは美味しいものがいい!
そうしないと嫌いになっちゃうから。


d0165723_00390558.jpg



プディングの中には指輪やコイン、指ぬきなどを入れるそうです。
そしてそれが当たった人は幸運が舞い込むのだとか。
ガレット・デ・ロワとおんなじ~

今回は先生が用意してくださったシックスペンスコインを入れます。
もう今は使われていない硬貨です。







d0165723_00390511.jpg


クリスマスプディングの材料はこちら。
りんごやドライフルーツ、パン粉など、13種類の材料を使います。
これはキリストと12人の弟子に因んでいるのですって。
黒ビールも入るとはちょっとびっくり。


d0165723_00391861.jpg



プディングに使う材料で独特のものがこのスエットと言われるもの。
牛のケンネ脂というもので、腎臓の周りについている脂肪なのだそう!
今はこのように乾燥したものが一般的ですが、昔は本当にその脂肪を使っていたんですって。
要はお肉の脂肪分を使ってスイーツを作るってことよね…
まぁ、油分には変わりないのだろうけど…
うーーん、なんだか不思議。


d0165723_00391918.jpg



全くイメージがわかない「スエット」。
クリスマスプディングを作る前に、このスエットを使ったスイーツを先生が作って見せてくれました。
Hollygog puddingという名前のプディングです。

粉とスエットを混ぜ、


d0165723_00391757.jpg


そこにお水を足してまとめる。


d0165723_00392886.jpg


それを綿棒で伸ばし、


d0165723_00392828.jpg


ゴールデンシロップを巻いて、


d0165723_00392802.jpg



容器に入れて牛乳を注ぎ、上にデメララシュガーを乗せる。


d0165723_00393659.jpg


オーブンで焼くと、「えっ!?牛乳はどこへ!?」みたいな出来上がり♪
美味しそうーーー!!
それにしてもあっという間に作る先生、素敵すぎる。


d0165723_00393769.jpg



さて、いよいよクリスマス・プディングレッスンの始まりです。
まずは材料を用意。
クリスマス・プディングは家でも作りやすいようにバターで作ります。

レモンの汁を絞り、皮とりんごはすりおろす。


d0165723_00393685.jpg



卵は液体と混ぜて用意。



d0165723_00394557.jpg



粉と固形物を入れたボウルに液体を注ぎ入れ、よく混ぜる。
この時に、願い事をしながら時計回りに混ぜるのがしきたり。
これがStir up Sundayの由来。


d0165723_00394581.jpg



ムラなく混ぜたらベイスンに詰め、オーブンシートに包んだシックスペンスを忍ばせます。



d0165723_00394562.jpg



アルミホイルとオーブンペーパーを重ねてベイスンにかぶせ、
タコ糸で縁をしっかりと縛ります。
縛りやすいようにベイスンには段差があるんですね。


d0165723_00395282.jpg



縁を巻き込んで出来上がり!



d0165723_00395208.jpg



さらに可愛い布で包みました。
が、しかし、これで終わりではありません。
これを持ち帰って、なんと5時間も蒸すのです!
大きいものならもっと長時間蒸す。
材料も色々そろえなければならないし、長時間蒸さなくてはならないし。
結構手間がかかる!
毎年作るのが面倒で、2年分まとめて作るという人がいると聞いて納得です。



d0165723_00395123.jpg



これを1か月寝かせて、食べる時は2時間蒸して出すのだそうです。
こちらは一ヶ月前に先生が作ったクリスマスプディング。
あの茶色くてぐちゃぐちゃだったものが、こんなこげ茶色の美しいスイーツになるのです。
不思議~~~
因みに、先生は2年経ったものを食べたこともあるらしいw
でもちゃんと美味しかったのですって。
保存食のようなものだったのかなぁ。


d0165723_00395931.jpg


洋酒たっぷりの生クリームを添えて。


d0165723_00395971.jpg



レッスン後のお茶会、この日はプディング・テイスティング!
先生が沢山のプディングを用意してくれました。
めちゃテンション上がる!


d0165723_00395968.jpg


・クイーンオブプディング
・モイストトリークルジンジャープレッド
・アップルトフィープディング
・ジャムスポンジプディング
・ホーリーガグプディング
・クリスマスプディング
の6種類!!
ケーキ・バイキング状態w


d0165723_00400684.jpg


この日の茶器は、バーレイ。
ブラック・アジアンティック・フェザンツ、すごく素敵。


d0165723_00400619.jpg


まずはクイーンオブプディングとホーリーガグプディングを。
美味しいーーーー!!
お腹いっぱいー!と言いながら、全種類いただきました♪
写真は撮ってないけど、クリスマスプディングはスパイスの香りがすんごくして美味しかった。
初めて食べたものが安田先生のものというのはとっても幸せなことだと思う。


d0165723_00400635.jpg


d0165723_00401474.jpg


d0165723_00401426.jpg



今回も美味しくて楽しいレッスンでした。
さて、私が頑張って5時間蒸したクリスマスプディングは、一体どうなってるかしら?
美味しく仕上がってるといいなぁ。
クリスマスが楽しみですー♪








by ruki_fevrier | 2016-12-22 23:40 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/23735472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< イギリス菓子でクリスマス クリスマス・パーティー@友の家 >>