壽初春大歌舞伎
d0165723_23300854.jpg



先週日曜日の夜、母と歌舞伎を観に行きました。
久々の歌舞伎座~
実は新しくなってから初めて(^^;
知人から招待券をいただいたので、行ってきました。

まずは正面の唐破風を見上げる。
隈研吾設計による第五期歌舞伎座。
吉田五十八が設計した第四期の建築を踏襲しているので印象として違和感はない。
おぉ、歌舞伎座だわ~という感じ。



d0165723_23300803.jpg



お席は2階2列目のほぼど真ん中。
いいお席でした。
あとでお値段知ってびっくり。

演目は、
井伊大老
越後獅子
傾城
松浦の太鼓

一番楽しみにしていたのは玉三郎さまの傾城。
吉原一の遊女に扮した玉三郎さまが花魁道中からお座敷での踊りを披露します。
衣装は別の舞台のために作らせたもので、花魁道中では鳳凰を、
お座敷では孔雀をあしらったもので、豪華絢爛!!!
間夫(まぶ)と呼ばれる愛しい男を想いながらの舞は本当に美しかったです。

この傾城が一番のお目当てでしたが、一番期待していなかった井伊大老がまた良かった。
幸四郎演じる井伊直弼と玉三郎演じる側室お静の方のやりとりがとても切なかった。
直弼が部屋住みだった頃に夫婦となった二人だけど、番狂わせで藩主になったために側室になったお静。
旦那が出世したお陰で正室ではなくなり一緒に住めないって、、、切なすぎるー。
二人がしみじみと昔を懐かしむ会話を聞いて、思わず涙がホロリ。
斜め前のご婦人は号泣されてました。

松浦の太鼓は面白かった!
染五郎演じる松浦の殿様は、吉良邸のお隣に屋敷を構えており、
赤穂浪士の討ち入りを今か今かと待っている。
でもなかなか来ないので「何をやっているのだ!失望した!!」とブチ切れているところに
山鹿流の陣太鼓が聴こえ、討ち入りを悟るというもの。
松浦候がとっても愛嬌あって面白い。
討ち入りを心待ちにしているのだけど、それは公言できない。でも言いたい。
で、イライラしちゃう殿様。染五郎、上手いなぁ。
(母曰く、「踊りがいまいちなのがねぇ・・・」だそうw)
討ち入りの報告にくる大高源吾は愛之助が演じているのだけど、
この人、こんなにかっこよかったっけ?と驚いた。舞台映えするお顔なのね。


泣いて笑ってうっとりした新春大歌舞伎でした♪





by ruki_fevrier | 2017-01-24 23:30 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/23800525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 1月の宴 鏡開きと忘れていた鍋 >>