ロンドン旅行記2017:Lewes その3
d0165723_23384951.jpg



ハイストリートに戻る時はSt. Martin's Laneを行きました。
少しでも勾配の緩いところを、と思っていたけど、どの道を行っても厳しいということを実感。
かおちゃんと、ヒーヒー言いながら坂道を上りました。

そんな道の途中で見かけた街並み。
いいなぁ~
一度でいいからこういうところに住みたい…
宝くじ、当たらないかしらw



d0165723_23385999.jpg



ハイストリートに出て、どこでランチする店を物色しつつ歩いていて、
「そういえば、この辺で行きたい店があったの。行ってもいい?」で始まったヴィンテージハント。
ランチ前にちょっと見るだけ~と軽い気持ちだったのだけど、そうは問屋が卸さなかった!

↑これはハイストリートにある戦没者記念碑。









d0165723_23385937.jpg



まずはThe Needle Makersへ。
元は工場だったところにたくさんのショップやギャラリー、カフェなどが入っています。



d0165723_23385858.jpg



とあるギャラリーではテキスタイルデザイナーの方の個展を開催中で、
スパークリングワインを振舞っていました。
美味しかった~♪

ランプシェードがいくつかあって、とても素敵でした。



d0165723_23575622.jpg


次に行ったのは道を挟んで向かいにあるFlea Market

元は教会だったらしい。
確かに、そういう雰囲気あるかも。



d0165723_23390621.jpg



中はこんな感じで、いろーんなものが所狭しと置いてある。
まさに蚤の市という感じで、自分の欲しいものを発掘する感じ。




d0165723_23390536.jpg



かおちゃんが「あ、パイバード!」というので見てみたら、
黒いひょうきんな鳥の置物。
かと思ったら、これはパイを作る時に中央に挿して破裂しないよう蒸気を抜くものらしい。
「よく知ってるね!」と言ったら、まりこ先生のブログに書かれていたらしい・・・w
(その記事はこちら



d0165723_23392035.jpg



当然のことながら、器しか見ない私。
目指すはTOTEM!!

が、しかし、なかなか無い…
やっぱりあれはレアなんだなぁ。

そんな中、私の血圧が一気に上昇したお品がこちら。
ミッドウィンターのスパニッシュ・ガーデンというシリーズ。
これ、セットでなんと38£!!
安っ!
日本だったらC&S2つくらいのお値段…
すごい欲しいシリーズというわけではないけど、このシリーズのクリーマーは欲しい…
なのでめちゃくちゃ悩みました。
他に欲しいのが無かったらこれ買おう。
いや、でもどうやって持って帰る!?と葛藤する私。

これで火が着いちゃった感じなのですよね。
とにかく、見れるだけ見よう!みたいになってしまい、
店を片っ端から入ることに。(^^;
ランチお預けになってかおちゃんすまん…



d0165723_23392166.jpg



私一押しはこちら、Lewes Antiques Centre。
ウーズ川を渡って150mくらい行ったところの左手です。
私は橋の手前で引き返そうと思ったのだけど、かおちゃんが端まで行きましょうと言うので
行ってみたら見つけました。
かおちゃんに感謝!!



d0165723_23392020.jpg



どうやらかなり人気スポットらしく、めちゃ混んでます。
最初一階を覗いたらあまりに人が多くて、怯んで二階に行ったほど。
↑これは確か二階。
もうもう、数が半端ない!!
地下1階地上4階くらいだったと思います。
しかも間口は狭いけど、奥行きが結構ある建物なので、
延べ床面積は相当あります。
アドレナリン出まくりで、夢中になって発掘するワタシw


d0165723_00262376.jpg


TOTEMあるー!!!
が、しかし、それほどコンディションが良くなかったので保留。
どんどん見ていかないと時間が足りない、と必死で見て回りました。

私は発掘に忙しくあまり他の人のことは気にしてなかったのですが、
かおちゃんいわく「ここに住めるわ~ってrukiさんみたいなこと言ってる人がいましたw」
ですって。
わかる!!



d0165723_23392983.jpg



これは最上階の部屋で見つけたクリーマー。
脚付きで可愛い。
10£なり。
かなり気になりつつも、全部見終わらないと決められない。
これが日本なら気にせずバンバン買うんだけど、持って帰ることを考えて
いつになく慎重になっていて。
この考えが後になって仇になりました。



d0165723_00300238.jpg



気付いたら3時過ぎていました。
さすがにお腹が空いたので、とにかくランチしようとBill'sへ。
ここが本店だそうです。
(パンケーキが有名なBill'sとは違います)



d0165723_23393706.jpg



あまりに空腹だったのでステーキをオーダー。
ポテトが付いてくるのでこの一皿で十分お腹いっぱいに。

お腹が落ち着いたので、見てきたものを反芻する。
うーん、やっぱりミッドウィンターのセットを持って帰るのはかなり難しい。
まだ初日だし。
明日はヴィンテージ・ヘブンも行くし。
あの緑のガラスのクリーマーを買って、保留にしたwoodswareのC&Sのコンディションを確認して、
良かったらそれも買おう。うん、そうしよう!
と考えをまとめて、4時半に店に戻りました。

そしたら!
なんと3階へ行く階段にロープが張られて上がれない!!
上から数人が降りてくるので聞いてみたら、マダムがもう閉店だからと追い出されたとのこと。
えーーー、まだ30分あるじゃん!!

で、マダムが登場したので聞いてみたら、あっさり「明日来て」と。
いや、もう明日は来れないから、私。
諦めきれず、かおちゃんを通してクリーマーを取りに行くことだけ許可をもらい、
最上階へなんとか行くことが出来ました。
ということで、緑のクリーマーは無事買うことが出来ました。
でも1客4£という破格値段だったモーニングカップは手に取れず…
嗚呼、アンの家とか見に行ってる場合じゃなかったよ、とモーレツに後悔。
本気で買い物するなら、もっと時間をちゃんと取るべきでした。
イギリスのヴィンテージハントの楽しさと厳しさを知ったルイス日帰り旅でした(笑)

つづく!








by ruki_fevrier | 2017-08-08 00:46 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rukidays.exblog.jp/tb/25226901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Point-Rhythm Wo... ロンドン旅行記2017:Lew... >>