カテゴリ:日々( 241 )
スティグ・リンドベリ展@西武ギャラリー
d0165723_23175140.jpg



池袋西武で開催中のスティグ・リンドベリ展に行ってきました。
Fukuyaさんに招待券をいただいたのです♪
本日最終日でした。滑り込み~~~。
それにしても、会期11日は短すぎる…



d0165723_23175246.jpg



絵付けする若き日のリンドベリ。



d0165723_23175116.jpg



西武の包装紙の原画。

リンドベリは1959年に西武の包装紙をデザインしたのだそう。
1959年!!びっくり。
そんな昔に…

修正をした部分がはっきりわかる原画。
リンドベリのペン運びを感じられます。


d0165723_23180355.jpg



これが出来上がった包装紙。
赤い色が可愛い。

しかし1959年にこの包装紙を作ってたなんて、
西武百貨店、攻めてたのね。








More
by ruki_fevrier | 2016-10-30 23:59 | 日々 | Trackback | Comments(0)
キリスト教美術をたのしむ17 旧約編「旧約聖書の女性たち」
d0165723_22480819.jpg



8月の最後の金曜日、定時を少し早めに上がり、金沢百枝先生の「キリスト教美術をたのしむ」
という講座を受けに行きました。
場所は池袋の自由学園明日館。
フランク・ロイド・ライトの設計です。
一度見たいと思っていた建築物なので嬉しい。



d0165723_22480883.jpg



この講座、既に17回目。
気になりつつも参加できずにいましたが、この日が旧約編最後の回と知って、
直前に予約して参加しました。

旧約編の〆であるこの日は、聖書に出てくる女性たちをピックアップ。

ルツ
ユディト
エステル
スザンナ
の4人。

それぞれ、
ルツ記
ユディト記
エステル記
ダニエル記
に書かれています。

ただし、プロテスタントではユディトとスザンナは正典とは認められていないらしい。






More
by ruki_fevrier | 2016-09-10 23:58 | 日々 | Trackback | Comments(0)
根津美の庭 20160427
d0165723_00344593.jpg



前回行ってから一ヶ月。
光琳の燕子花図屏風の公開と共に、お庭のカキツバタも咲き始めました。
そして昨日既に八分咲き。一番綺麗な時だと思います。



d0165723_00524974.jpg



d0165723_00344524.jpg



藤棚の藤も満開。
ここに立つと、あま~い香りに包まれます。
でも蜂も寄ってくるので、ちょっと注意が必要です。

カキツバタの濃い紫と、藤の淡い紫。
自然の色は本当に美しい。




More
by ruki_fevrier | 2016-04-27 23:34 | 日々 | Trackback | Comments(0)
GWまであと4日!
d0165723_00170277.jpg



毎年のことですが、怒涛の年度初めです。
金曜日は仕事が終わったら渋谷のゴッドハンドのもとへ。
10日くらい前から腰がやばいことになっており、左目の下は痙攣しっぱなし、
最後は首にきて、金曜の朝にはとうとう首が右に回らなくなったのでした。ははは。
これはあかーん!と即先生に電話。
運よく当日予約が取れたので、治療してもらいました。
お陰ですごーく身体が軽くなりました。
もちろん首も動くし腰も軽い!
眼の痙攣はまだするけれど、対処法を教えてもらったので少しづつ改善しています。

腰を揉んでもらいながら「よく頑張ったね~」と先生に言ってもらいました。
うぅ、こういう言葉、嬉しい…
金曜日、カイロに行くためにめっちゃ頑張ってデータを仕上げたもんね。

この週末は2つのワークショップと2つの展覧会に行ってきました。
当然ですが、ヘロヘロです。(^^;
3月のワークショップの記事も書けてないーーー。
それどころか、旅行記も終わってないーーー。
全てはGWに。
ああ、GWが待ち遠しい。
あと4日働けばGW!を励みに頑張ります。

↑増渕篤宥の一輪挿し。
去年の11月に水道橋の千鳥さんで購入したもの。
初増渕篤宥さんです!







by ruki_fevrier | 2016-04-25 00:29 | 日々 | Trackback | Comments(6)
宮川香山@サントリー美術館
d0165723_21263937.jpg



年度初めの大量の作業による眼精疲労と、インターナショナル・ディレクターの送別会
(ロンドンに帰国するため)による疲労で、金曜日の私の眼の下にはでっかいクマが二匹。
同僚のMちゃんにも「ヒグマくらいでかいよ」と言われるほど目立ってました。
自分でも朝、鏡を見てびっくりしたほど。
それでも「これは行かねばーーー!」と、またもや会期終了間際に駆け込んだ宮川香山展@サントリー美術館 。



d0165723_21263974.jpg




高浮彫という技工を開発した香山。
あまりのデコラティブっぷりに、これって壺なのか彫刻メインなのかと思うものばかり。
↑これってもはや壺じゃないよね…(笑)





More
by ruki_fevrier | 2016-04-16 22:43 | 日々 | Trackback | Comments(0)
根津美の庭 20160330
d0165723_20460148.jpg



半月前の根津美術館の庭。
桜が咲き始めた頃なので、まだ少し緑が少ない。



d0165723_20460953.jpg




燕子花の水辺もまだこの状態。
あと半月もすれば美しい紫色で染まります。
あ~楽しみ!












More
by ruki_fevrier | 2016-04-16 21:16 | 日々 | Trackback | Comments(0)
休日のルーティン
d0165723_23554150.jpg



あっという間に週末が終わってしまった…orz
行きたかった展覧会や作家さんの個展、見たかったベレーザの試合、
参加したかった研究会、、、
出かけたいところは色々あったけど、年度末で平日がかなり忙しかったので
少しバテており出かけられず、引きこもった週末でした。

でも、家にいても案外忙しくて座ってのんびりする時間が無い。
まず、朝ごはんに時間がかかる。(笑)
週末は好きなものを好きな器でゆっくり朝ごはんにしたいので、
作って、食べて、片づけて、で大体1時間半くらいかかっちゃう。

↑これは今日では無く3/13の朝ごはん。
今日がイースターだったので、クロスバンズの画像を選んでみました。
これはアンデルセンで買ったもの。

朝ごはん後は一週間分の洗濯と掃除。
デリケートなものを別で洗うので、いつも最低2回は洗濯するので
2,3時間かかる。



d0165723_23554254.jpg



そして一週間分のふすまパンを焼く。
ホームベーカリーに一次発酵までお任せ。
成形して二次発酵、焼くまででトータル4時間くらい。














More
by ruki_fevrier | 2016-03-27 23:55 | 日々 | Trackback | Comments(6)
散りました…
d0165723_22132611.jpg


先週、木曜日の早朝、4:45。
UEFA Champions League ラウンド16、
バイエルン戦の2nd legがキックオフしました。
バイエルン・ミュンヘンのホーム、アリアンツ・アレーナに
乗り込んだユーベ。
この日のスタメンです。↑

ディバラとマルキージオが怪我で出場できず。
厳しい試合になるだろうとは思っていました。
でも、1-0で勝てばアウェイゴールで勝ち抜けです。
1点取って無失点に抑えればいいのじゃ!!



d0165723_22132692.jpg



ところが、予想に反して前半5分でポグバが得点!
そして28分にはモラタのドリブルからクワドラちゃんがゴーーール!!!!
まるで1st legの後半を見ているような戦い方。
ロッベンいないとバイエルンも怖くない。
これは行くわ!と一瞬思いました。

でもねー、2点先制されたけど、
後半で追いつき同点に持ち込んだ1st leg。
同じこと、バイエルンだって有りうるよね…と。



d0165723_22132592.jpg



はい、悲しいことに嫌な予感的中。
後半に守りに入ったため、残り時間2分のところで追いつかれました。orz
エブラがもう少し大きくクリアしてくれていれば…
と思わなくもないけれど。
(実際、「もっとしっかりクリアしろよ!」と叫んだ瞬間、ボールを拾われ、
そのままゴール…泣きました)

延長戦では2点を入れられ、ベスト8進出はなりませんでした。
ドイツの空の下、私にとっての今季のチャンピオンズリーグは終わりました。
くーっ、悔しい敗戦!!
でも、きっとまた来年、ヨーロッパの舞台で彼らはやってくれるはず!
まずは今季のスクデットを目指そう。
2位ナポリとの勝ち点差はまだ3ポイント。
今年はまだまだ油断できません。

↑ブッフォンの瞳が少し切ない…










More
by ruki_fevrier | 2016-03-21 22:43 | 日々 | Trackback | Comments(0)
Joyeux Noël !
d0165723_00481197.jpg



Joyeux Noël !

皆さまはどんなクリスマスをお過ごしでしょうか。
私は今頃、都内某所で焼き肉をつついていると思います。
(この記事は予約投稿なので)

今年のクリスマスの装飾はこんな感じです。
いつもと全然代わり映えしない、、、orz
そろそろツリーを買い替えようかしら。



d0165723_00481133.jpg



今年はリサ・ラーソンのにゃんこを置きました。
いつもは下のキャビネットに片づけてしまうのだけど、
後ろの観葉植物の下に置くと、お外をお散歩してる感が出るのが気に入って今年は一緒に飾っています。







More
by ruki_fevrier | 2015-12-24 19:00 | 日々 | Trackback | Comments(2)
シルヴィ・ギエム ファイナル
d0165723_19361376.jpg




一度でいいから見てみたいと思っていたシルヴィ・ギエム。
なんと、先日、彼女のボレロを見ることが出来ました!
この方が誘ってくださったのです!!
もー、感謝感謝です。本当にありがとう!!

今年で引退するギエム。
最後の舞台に日本を選んだ理由は、彼女が初めて踏んだ海外の舞台が日本だったからだそう。
まず12/9の「シルヴィ・ギエム ファイナル」。

プログラムは、

『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』(東京バレエ団)
『TWO』(シルヴィ・ギエム)
『ドリーム・タイム』(東京バレエ団)
『ボレロ』(シルヴィ・ギエム&東京バレエ団)

『TWO』は暗い中、わずかに照明が当たりギエムの腕が見えてくる。
腕だけなのにすごい存在感!
徐々に明るくなり、身体全体が見えるようになり、
暗闇に浮かび上がるギエムの身体が空を切る。
また次第に照明が絞られていき、赤く染まったギエムの腕や足先が
まるで炎のように見えた。
初めて見た、生のギエム。
月並みだけど、彼女の身体が放つパワーに圧倒されて、なぜか涙が出た。

それは『ボレロ』も同じで。
ひとつひとつのパの美しさに魅了されているうちに、あっという間に終わってしまった。
ギエムの身体が美しくて美しくて。
ダンサーの身体ってなんでこんなに美しいのか。
そしてその中でもギエムの身体は特に美しい。








More
by ruki_fevrier | 2015-12-23 20:55 | 日々 | Trackback | Comments(4)