カテゴリ:食( 168 )
ウエールズのお菓子
d0165723_00302632.jpg



先月のとある日、ウエールズのお菓子を習ってきました。

イギリスがイングランド、スコットランド、ウエールズ、北アイルランドの連合王国だと分かっていても、
漠然と今は同じ国だからちょっとした「地方」くらいの差でしかないだろうとしか思っておらず。
ましてやウエールズって正直イメージが無くて、カーディフという街とアーサー王の物語
くらいしか知らなかったのですが。
ウエールズ語というのが存在し、しかも英語と全然違うというのをまりこ先生に教えていただき、
本当に国が違ったのね、と実感しました。
しかもウエールズ語、文字を見てもどう発音するのか想像も出来ないwww
子音ばっかり並んでいるんですもん!

今回習ったのは3種類。
パウンドケーキのようなバラブリス、
クッキーのようなスコーンのようなウエルッシュケーキ、
チーズにビールが入るというびっくりのウエルッシュレアビット。



d0165723_00302592.jpg



まず、バラブリスから。
「斑点のパン」を意味するバラブリス、斑点=ドライフルーツを一晩紅茶に漬けて、
卵と粉類とまぜるだけ。以上!という簡単さ。
卵は泡立てないし、バターなどの油脂も入れない。
これで本当にケーキになるの???という感じなのですが、、、


d0165723_00304113.jpg



このようにちゃんと焼きあがります~♪
↑これは焼き立ての画像。



d0165723_00304856.jpg



これを一晩おくとあら不思議。
ツヤツヤになるのです。
なんでこうなるのか、謎。
クリスマス・プディングの時にも思ったけど、「熟成」ってこういうことなのね。
日本は高温多湿なので常温だと「発酵」しちゃうけど、低湿なかの地では「熟成」という技が
生きるのね~
以前、ベニシアさんがクリスマス用のパウンドケーキを缶に入れて保存するのを見て
「えー!腐らないの!?」とびっくりしたけど、今では理解できる。
時が生み出すお菓子、すごいなぁ。

因みに、バラブリスにはイーストで作る方法とBPで作るのと2種類あり、
今回は後者を習いました。
前者は北部、後者は南部で作られているらしい。
なので、まさに「斑点のパン」であるバラブリスも存在するんですね~
それも一度食べてみたいな。






More
by ruki_fevrier | 2017-06-11 12:32 | | Trackback | Comments(0)
ホットクロスバンズ
d0165723_00245598.jpg



イースターが近づくとよく目にするようになるホットクロスバンズ。
先日、表参道のパン屋さんの店先に焼き立てがちょうど並ぶのを見て、
「ああ、もうそんな季節なんだなぁ」と思ったのでした。

いつもならそのまま店に入って買うのですが、今年の私は違いました。(笑)
店に入ろうとして、「あ、でも自分で作ってみようかな」と思いとどまったのです。

で、先週土曜日、焼いてみました。人生初自家製ホットクロスバンズ!
基本はこちらのレシピを参考に、少し自分でアレンジしました。
スパイスは自分でブレンドしたもの。
ドライフルーツは、サルタナとクランベリー、自家製レモンピールをミックス。
また、レシピはアイシングでクロスを仕上げますが、私は水と小麦粉を練ったものを
絞り出して模様を付けました。



d0165723_00245542.jpg



ふんわり軽い食感のパンが出来上がりました~♪
安田先生のコラム通り、半分に切ってトーストし、バターをたっぷり塗っていただきました!
うまーい!!
硬いパンが苦手な両親も大喜び。
これ、また作ろう。







More
by ruki_fevrier | 2017-04-03 23:25 | | Trackback | Comments(2)
今年のキルフェボン
d0165723_23112508.jpg



今年のホワイトデーももちろんキルフェボン!
今回はこちら。
季節のフルーツタルト。
緑色のものは桃、なんですって!
確かに食べたら桃の味がしました。
へえええ。



d0165723_23112415.jpg



今年は25センチホールを7等分。
かなり大きい。
でも、ぜーんぜんいけちゃう。
タルト食べているというよりフルーツを食べているという感じなので、
ペロっといけちゃうのです。
ホント、不思議~

今年も美味しくいただきました!


「毎年同じじゃ芸がないでしょ」と言われたけど、
「こちらも毎年トップスなので、お気遣いなく」と返しておきましたw

なので来年もキルフェボンでよろしく!





by ruki_fevrier | 2017-03-14 23:11 | | Trackback | Comments(0)
冬の遠足♪
d0165723_21453601.jpg



Galettes and Biscuits主催のスペシャルクリームティーレッスン@中沢フーズに参加してきました♪
場所は藤沢にある湘南工場。

中沢フーズの初代は明治時代に新橋で牧場を経営していたらしい。
あの辺に牧場があったなんてちょっと想像つかない。
でも、以前ピエール・ロティが明治時代に書いたエッセイを読んで、
増上寺界隈の情景が今と全然違って驚いたことを思い出し、
新橋あたりも相当のどかだったんだろうなぁと納得しました。



d0165723_21453689.jpg



中沢フーズと言えば生クリーム、クロテッドクリーム、サワークリームが思い浮かぶ。
でも正直、それ以外は全く見たことが無い。

実はこんなにたくさんの製品を作っていたんですね。びっくり。



d0165723_21453611.jpg



牛乳はもちろん、ヨーグルトもバターも作っている。
バター、使ってみたいなぁ。どんな味だろう。
ただ、ほとんどが業務用で市販されていない。

なんとバターミルクもあるのですって。
日本じゃ手に入らないと思っていたら、実はあったとは。
しかも青山の紀ノ国屋で手に入るらしい。会社帰りに買いに行こう~!

追記:2/7 早速紀ノ国屋に行ってみましたが、現在は取り扱っていないとのこと。
残念!!







More
by ruki_fevrier | 2017-02-05 23:44 | | Trackback | Comments(0)
鏡開きと忘れていた鍋
d0165723_00515844.jpg



関東の鏡開きは1/11だそうですが、我が家は今日行いました。
父の大腸検査が重なって、1/11におぜんざいが食べられなかったというのが理由ですが(笑)

今年は私が小豆を炊きました。
普通の鍋で炊こうとレシピを探していましたが、そういえば昔シャトルシェフを買ったな、
と思い出し、倉庫部屋からひっぱり出してきました。
ちょっと煮たら保温器に入れて放っておけるので楽ちん!
意外なほど簡単に美味しいおぜんざいが出来ました♪
やるじゃん、シャトルシェフ!






More
by ruki_fevrier | 2017-01-15 23:51 | | Trackback | Comments(0)
クリスマスプディングレッスン
d0165723_00385384.jpg



約一ヶ月前、Galettes and Biscuitsのレッスンでクリスマスプディングを習いました。
アドヴェントの1週間前の日曜日にクリスマスプディングを作る習慣だそうで、
その日は「Stir Up Sunday」と呼ばれるのだそう。



d0165723_00385408.jpg



昔は袋に入れて作っていたので丸い形だったとか。
なので、これらのオーナメントはクリスマスプディングなのです!



d0165723_00385310.jpg


こんな可愛いクリスマスプディングのカードも。


d0165723_00390541.jpg



イギリスでは出来合いのクリスマスプディングがあちこちで販売されるそうです。
これはMakrs & Spencerのもの。
ただ、中には美味しくないものもあるようで、、、
やっぱり初めて食べるものは美味しいものがいい!
そうしないと嫌いになっちゃうから。


d0165723_00390558.jpg



プディングの中には指輪やコイン、指ぬきなどを入れるそうです。
そしてそれが当たった人は幸運が舞い込むのだとか。
ガレット・デ・ロワとおんなじ~

今回は先生が用意してくださったシックスペンスコインを入れます。
もう今は使われていない硬貨です。





More
by ruki_fevrier | 2016-12-22 23:40 | | Trackback | Comments(0)
タエンフィーカのパン教室
d0165723_23380650.jpg




昨日はシュトロイゼルクーヘンというドイツのパンを習ってきました。
ご縁あって半年ほど前に知り合ったひろこ先生のパン教室「タエンフィーカ」。
行きたいと思いつつ、なかなかスケジュールが合わず…(←こんなんばっかりw)
でも、このパンは習ってみたい!絶対私好きな味!!と
先約を調整して申し込みました。

シュトロイゼルクーヘンとは、発酵した生地の上にフルーツを乗せ、
さらにシュトロイゼル(要はクランブル)を乗せて焼く甘いパンです。
今回は↑先生が北海道から担いできた「あかね」という林檎にブルーチーズをちょっと乗せた
甘いけど、ちょっとだけ塩味のシュトロイゼルクーヘン!



d0165723_23380662.jpg




シュトロイゼル、たっぷり~~~!




d0165723_23380585.jpg



こちらが完成画像。
大きく焼いて、切り分けていただきます。
「端っこ好きな人!」の声に「はいっ!」。
ぜーーーったい端っこ美味しい。






More
by ruki_fevrier | 2016-10-23 23:38 | | Trackback | Comments(2)
Raw Fruit Tart
d0165723_23275988.jpg



先週の月曜日、山本絵奈先生のWSに行ってきました。
この日はRaw Fruit Tart!!
旬のイチジクと葡萄がてんこ盛りのタルト。
美しくて美味しい、だけでなく、身体にも良いタルトです。



d0165723_23275905.jpg



会場はこちら。
先月銀座にオープンしたGinza Placeの中にある
コモンギンザというカフェです。
フルーツをメインにしたメニュー構成のカフェだそうで、
フルーツティーやハーブウォーターが入ったウォーターサーバーが置いてありました。

Klein Dytham architectureという建築家ユニットが設計したファサードは、
透かし彫りを表現したパネルで覆われていて美しい。
形も面白いなぁ。





More
by ruki_fevrier | 2016-10-16 23:50 | | Trackback | Comments(2)
イギリス菓子教室
d0165723_19070658.jpg



三連休初日、新幹線に乗って北上し、宇都宮までイギリス菓子を習いに行ってきました。

「Galettes and Biscuits (ガレット アンド ビスケット)」


前回の花教室同様、こちらもずーっと以前から行ってみたいと思っていたお教室です。
実はお菓子教室というものに行ったのは、絵奈先生のレッスンが初めて。
絵奈先生はデモンストレーション形式なので、自分で実際に手を動かすレッスンは今回が人生初になります。
レッスンは5人で行うとのことで、皆さんの足を引っ張ることになったらどうしよう~~~とドキドキしながら向かいました。




d0165723_19070639.jpg



この日のメニューはスコーンとフールというデザート。
まずは二組に分かれてスコーンを作りました。
先生は見本は見せてくれますが、後は自分たちで作ります。
そういえば、スコーンは初めて作ったかも。
ビスケットは作ったことがあるけど、スコーンは型も持っていないので未経験。

些細なことだけど、これをやるとやらないとでは仕上がりが違う、というコツを
たくさん教えてもらいました。
こういうのは本ではなかなか分からない。

どれもしっかり立ち上がったスコーンが出来上がりました♪
プレーンとレーズン入り、チーズとクレソンの3種類を作りました。
不格好なのは余り生地。これはこれで味のある形。





More
by ruki_fevrier | 2016-09-19 19:52 | | Trackback | Comments(0)
週末ごはんとおやつ備忘録 vol.1
d0165723_00271994.jpg



最近、週末のほとんどをキッチンで過ごすことが多い。
といっても、大したものは作ってないのだけど。(^^;
画像が溜まっていくので、とりあえず、備忘録として残す。

昨日のお昼ご飯。
こちらのレシピでガパオを作ってみた。
植えたのに一度も使っていないバジルがようやく日の目を見ました。

でもこれ、唐辛子が入ってないので辛くない!(笑)
「作る前に気付けよ、自分」と思いました。
私の中ではなんちゃってガパオという感じ。
味は良かったので、次は必ず唐辛子を入れよう。





d0165723_00272077.jpg




これは8月最後の週末のおひるごはん。
暗いのは天気が悪かったから。
これも同じくTastemade Japanのこちらのレシピで。

編み編みってこうやって作るのねーと感激しました。
とっくに賞味期限が切れた冷凍パイシートでしたが、美味しく出来ました。(笑)












More
by ruki_fevrier | 2016-09-05 09:00 | | Trackback | Comments(2)