カテゴリ:器( 70 )
一柳京子さんのピッチャー
d0165723_15344691.jpg


Asapi先生から、もうひとつプレゼントをいただきました。
半月早い誕生日プレゼント♪

この青い包みは、先生御用達B.B.B POTTERSのもの。
このお店、近所にあったら間違いなく通い詰めていると思います。
なんたって、「日々の暮らしを楽しむ道具の店」ですから!危険~!


d0165723_1539198.jpg


中から出てきたのは、、、一柳京子さんのピッチャー!
先生、覚えててくれたんですね・・・
2年前、B.B.B POTTERSに一緒に行った時に呟いた一言を。
あ、呟きじゃない?叫んだかな?

さっそく花を買って。
by ruki_fevrier | 2011-01-30 15:58 | | Trackback | Comments(4)
水垣千悦さんの小皿
d0165723_2142271.jpg


最近買った器、水垣千悦さんの白磁の印花皿。
伊勢丹での企画展で購入。ご本人にもお会いできました。
とってもキュートでピュアな感じの水垣さん。
本来は3寸のお皿ですが、企画展に合わせて少し大きめに、菓子皿になるように作られたとか。

先日かりんとうを乗せたお皿です。


d0165723_2145488.jpg


休日のお昼、肉まんを乗せて。
冷凍なのに素敵に見える~。(笑)

肉まん、大好きで、冬場は冷凍肉まんを欠かしません。
冷凍でも蒸籠で温めると結構美味しいんですよ。
そのうち手作り肉まんに挑戦したいんですが・・・出来るかなぁ。
by ruki_fevrier | 2010-11-21 21:49 | | Trackback | Comments(4)
とうとう使いました
d0165723_2257072.jpg


購入してから約1年。
大枚はたいて買った青木良太さんの白いポットですが、「使う!」と宣言しながらも実はずっと飾って眺めているだけでした。
でも、それでは器が可哀そう~と思い、昨日、とうとう朝食でデビュー!


d0165723_2301378.jpg


ちゃんと使っています、の証拠写真。
この日はマリアージュ・フレールのエスプリ・ド・ノエルを淹れました。
熱々のミルクティが美味しい季節!
スパイスが効いた紅茶、シャキーンと目が覚めます。

で、こんな食卓に・・・
by ruki_fevrier | 2010-11-07 23:09 | | Trackback | Comments(12)
BO
d0165723_21284318.jpg


先週、久しぶりに北欧の器を買いました。
グスタフスベリの「BO」シリーズのボウル。
高さが15cmほどある深いボウルです。
煮物とか盛るのに良さそう。お花を活けても花が映えそうです。


d0165723_21332153.jpg


このシリーズ、私とrhubarbさんの間では「ボー」と合言葉のように呼んでいます。
最初に買ったのはプレート。
縁の装飾、深いブラウン。めちゃくちゃ好みで、それ以来、rhubarbさんが仕入れるごとに買いに走ります。


d0165723_21411466.jpg


白もあるんです。
でもやっぱり茶の方が好きだなぁ。


d0165723_21425249.jpg


小さなボウルは、3シリーズにしそびれました。
3つ入荷したそうなのですが、買いに行ったら1つ売れた後でした~。残念!

やっぱり地味な食卓・・・
by ruki_fevrier | 2010-10-30 21:50 | | Trackback | Comments(8)
石川昌浩さんのグラス
d0165723_20441867.jpg


先日、masoralyさんにいただいた石川昌浩さんの六角コップ。
細身のグラスは手にすっぽりと収まって持ちやすい。
使いやすくて美しいグラスです。

秋の日差しが描く影は、まるで絵画のようです。
一輪ざしにして薔薇を活けてもいいなぁ。

色々なグラスを持っていますが、こういう細身のタイプは初めて。
美しいなぁ、と眺めてはにやけてます。
素敵なものを本当にありがとうございます!!

他にもイロイロ・・・
by ruki_fevrier | 2010-10-10 21:00 | | Trackback | Comments(6)
単位は“3” 鈴木麻起子編
d0165723_11122736.jpg


“3”シリーズ、続編です。

makiちゃんこと鈴木麻起子さんの器に出会って、2年近く。
ちまちまと揃えております。
3月の「茶ガール」展では小皿を3枚求めました。
思えば3シリーズの最初の器です。

Turkishのリム付き小皿。見た瞬間、「和菓子、乗せよう~~~!」。
もっぱらお茶菓子専用皿となっております。
ちょっとつまむものを乗せるのにとても良いサイズなんです。
器が増えることに渋い顔をする母もこのお皿で出すと喜びます。

あさごはん展@スパイラル
by ruki_fevrier | 2010-09-19 11:47 | | Trackback | Comments(8)
単位は“3” バーレイ編
d0165723_1318162.jpg


器ネタ連投です。(^^;
今日はちょっと引かれちゃうかも~

以前、少し書いたバーレイ
イギリスのメーカーです。
初めて見たのはAfternoon Tea。もう何年前でしょうか、ブルーキャリコがいっぱい並んでいて、思わず買いそうになりましたがちょっと自分には可愛すぎだなぁと踏みとどまりました。
その後、この方のブログで拝見し、、、おぉ、こんな柄もあるのね、とチェックするようになりました。

で、バーレイを色々と調べていて出会ったのがこのブルー・ウィロー。
折しも、その頃手に入れた、ケイティー恩田さんの『英国びいき、葉山暮らし』(神奈川新聞社)にもブルー・ウィローのページがあり、映画や写真などで見慣れたブルー&ホワイトのエキゾチックな柄はウィローパターンと呼ばれるものであったということを知ったのです。


d0165723_13275476.jpg


柳と楼閣が描かれたデザイン、18世紀にイギリスに輸出された中国陶磁器の楼閣山水画が基であるらしい。
さらにそこに、チャンとクーン・セという古の中国の悲恋話が付け加えられ、柳と楼閣、そして現世で添い遂げられず、魂となって寄り添う二人を表す二羽の鳥、というデザインが出来上がったとのこと。

スポード社やミントン社などで銅版転写によって大量生産されて、ウィローパターンはヨーロッパに広まり、日本のメーカーも輸出用に作っています。
青と白の組み合わせは、染付などでとても馴染み深いものですが、このデザインはいかにもヨーロッパから見たアジア、という感じで独特。
白い地を青で隙間を埋め尽くかのような感じは、イギリス人のアジアへの憧れを詰め込んだように見えます。
(悲恋物語も、中国から伝わったのではなく、イギリス人の創造によるらしいです)

ベースのデザインは同じでも、メーカーによって雰囲気はそれぞれ。
私はバーレイのウィローパターンが気に入ったので、まずはバーレイで集めることにしました。
が、しかし!現在、バーレイのWeb Shopでは、黒が定番カラーのようで、青はありません。
日本のショップで売れ残っているものを探し、また、バーレイのアウトレットコーナーをこまめにチェックし、やっとここまで集めることが出来ました。

ちなみに、ボウルはウィローではなく、ブルーバード。
これもお気に入りのデザイン。とても使いやすい柄で、母はよく冷や奴などを入れて和食の時にも使っています。

呆れないでくださいね~(笑)
by ruki_fevrier | 2010-08-28 13:54 | | Trackback | Comments(14)
単位は“3”
d0165723_1729051.jpg



春に人生のリスタート(?)を切ってから、器を買う際の単位が2から3へ変更に。
だってね、今後私が料理をするとしたら、親子3人分になるのだし。
器が揃ってないのは気持ち良くないし。
だからしょうがないよね~と自分に言い訳しつつ買い足しています。オホホ。

まずはかなり使えるKastehelmiのボウル。
丈夫だし綺麗だしサイズもいいし、で3拍子揃ったボウルです。
既にヴィンテージで2つ持っていたので、復刻版を購入。
下から順に、ヌータヤルヴィ製、アラビア製、復刻版です。

こう見ると、復刻版の白さが際立ちますね。
Bersaの復刻はいただけませんが、このKastehelmiはいい感じだと思います。
お値段も手ごろだし、普段使いにはいいですよね~


d0165723_1735183.jpg


製作年代によってツブツブの感じが微妙に違います。
上から順に、ヌータヤルヴィ製、アラビア製、復刻版です。

ヌータヤルヴィ製はツブツブに強弱があっておおらかな感じです。
アラビア製はくっきりはっきり。
復刻はヌータヤルヴィに近い感じ。
お皿も同様です。最初はアラビア製が好きでしたが、最近はヌータヤルヴィの感じが好みです。

そのほかは・・・
by ruki_fevrier | 2010-08-22 17:45 | | Trackback | Comments(14)
お箸
d0165723_2037224.jpg


今日、新しいお箸をおろしました。
7月にAmeliaさんにいただいたものです。

Ameliaさんとは私が2001年にHPを立ち上げてすぐの頃からのお付き合いですから、知り合ってもう10年近くになるんですね。


d0165723_20424921.jpg


朱塗りが美しいお箸。
持つ部分のねじりがちょうど良く、とても使いやすいです。

3月に以前のブログを閉める際、Ameliaさんにはその理由を伝えていました。
既にその頃に用意してくださっていたとのこと。
「ちゃんと食べているかなぁ」と思い選んでくれたお箸、その気持ちがとても嬉しかったです。

はい、ちゃんと食べてますのでご安心ください!(って、↓既にバレバレですよね)

ちなみに・・・
by ruki_fevrier | 2010-08-09 21:02 | | Trackback | Comments(10)
休日出勤のご褒美
d0165723_2052593.jpg


休日出勤のご褒美、それはS爺(居眠りおやじ)が買ってくれたハーゲンダッツのクリームチーズラズベリー。
暑い中を出勤した身にはとっても嬉しい。美味しかった~S爺、なかなか気が効くじゃん!

ではなくて!

オフィスから歩いて数十歩のところにあるガラス専門のギャラリー「KARANIS」で手に入れました。

それは・・・
by ruki_fevrier | 2010-08-08 21:08 | | Trackback | Comments(2)