<   2011年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧
「たるいなぁ」
d0165723_23193776.jpg


今日、母方の祖母の見舞いに愛知県某市に行ってきました。
具合が悪く、ベッドで死んでいた水曜日の夕方、虫の知らせというのでしょうか、ふと突然祖母のことを思い出したのです。
そしたら翌日、伯母からかなり危ない状況だ、と連絡があり・・・
一昨日、救急車で運ばれ、点滴を受けたらかなり持ち直したとまた連絡があったので、急きょ両親と会いに行くことにしたのです。

一時は意識を失ったそうなのですが、私たちが行った時はだいぶ持ち直して、ひとりひとりの顔も分かるし、言葉も返してくれました。
意識のあるうちに会う事が出来て、本当に良かったです。

庭の紫陽花でブーケを作って持って行きました。
紫陽花3種と紫のクレマチス、黄色いディルの花で作ったブーケ。
「お庭の花を持ってきたよ」と声をかけると、「ほうか~」と言ってニコーっと笑ってくれました。
昔から可愛い祖母なのですが、歳を取るにつれさらに可愛くなっています。

More
by ruki_fevrier | 2011-06-26 23:55 | 日々 | Trackback | Comments(10)
アンデルセンのデンマークフェア
d0165723_16481066.jpg


とある日、通勤途中で青山アンデルセンの前を通ったら、、、デンマークフェア開催中~の文字が。
あー、そうでした、そうでした。
去年はうっかりバターを買いそびれたんだったわ。

で、今年はしっかり買いに行きました。
ついでに朝ごはん用にパンをいくつか調達。これはリンゴンベリージャムのペストリー。


d0165723_16524519.jpg


今朝はデンマークの器を中心にしてみました。
クイストゴーのお皿とC&S、クリーマー、そしてBR社のシュガーボウル。
ガラスとポットは違います。

もうスイカが食卓にフツーに並んでます。しかもあまーい。
スイカって昔は8月に食べるものじゃなかったっけ?
まだ6月だけど、美味しい。でも季節感が無くなるようで、ちょっとさみしいかな。


d0165723_16552146.jpg


こちらはエルダーフラワーのペストリー。
上に乗っているのがエルダーフラワーのジェリー。
これはランチの後のデザート。冷たいアイスティーと一緒にいただきました~美味しかった♪

エルダーフラワーのシロップが欲しかったのだけど、売り切れでした。
残念~。


d0165723_16564862.jpg


こちらがデンマークのバター、LURPAK。
クリーミーで美味しいバターです。
美味しいバター、嬉しいなぁ。

先週の朝ごはん
by ruki_fevrier | 2011-06-25 17:07 | | Trackback | Comments(4)
花の画家 ルドゥーテ『美花選』展
d0165723_1535347.jpg


ほぼ平熱に戻り、すこぶる体調の良さを実感した昨日。
スタッフが「昨日とは顔色が違う」と言うくらい、すんごい勢いで復活したんです。
で、元気なると出かけたくなるどうしようない性分で・・・(^^;

1時間ほど残業した後、Bunkamuraで開催中の「花の画家 ルドゥーテ『美花選』展」に行ってきました。
『美花選』とは、ルドゥーテが晩年に出版した版画集で、彼の植物画家としての人生の集大成のような作品。
『美花選』を中心に彼が描いた様々な植物の版画と、数点の原画、合計200枚を超す作品が展示されています。

薔薇好きじゃなくてもどこかで彼の作品を目にしたことがあるのではないか、と思うくらいボタニカルアートの世界では有名な彼の絵。
もちろん薔薇も素晴らしいのですが、今回特に惹かれたのは彼が描く緑の深さ。
『フランス喬木灌木図譜』からの版画は、どれも緑が瑞々しく、色も深く、見ているだけで眼が潤う気がする作品でした。
高知県立牧野植物園所蔵だそうです。

More
by ruki_fevrier | 2011-06-25 16:24 | | Trackback | Comments(10)
紫陽花のブーケ
d0165723_12443619.jpg


レッスンで習ったブーケ。
自分で作れるようになったのが楽しくて、庭の紫陽花でも作りました。
おたふく、アナベル、ガクアジサイ、ラベンダーとスペアミントを少し入れて。
なかなか可愛く出来ました~♪嬉しくって3つも作り、2つは友達にプレゼントしました。

これは月曜日に会ったゆう姉ちゃんにあげたブーケ。
彼女とは高校生の時に通っていた、目黒のエレクトーン教室で知り合いました。
以来、26年のお付き合い。
頻繁に会ってはいなくても、会ってない時間等最初から無かったかのような感じになり、お互い喋る喋る。

音楽をもう一度しっかり勉強するために、30才を過ぎてから芸大に入った彼女。
私がもう一度大学に行こうかどうしようか迷っていた時、背中を押してくれた人のひとりです。
学校生活ってどう?若い同級生たちとうまくやっていけるかな?なんて心細く思っていた私に、「私が30過ぎて1年生からやってるのよ。rukiちゃんは3年生からでしょ?大丈夫大丈夫!」と。
電話口だったけど、背中をバンバンと叩かれた気分でした。

そしてゆう姉ちゃんの言うとおり、なんの問題も無く1周り年下の同級生たちと楽しい4年間を過ごしました。
エレクトーンもピアノもうまく、フランス語も堪能な彼女。
いつも私が刺激を貰ってばかりなのだけど、1つだけ私の方が先輩なことがあります。
それは、薔薇。
私が毎年送る、自宅の薔薇の写真で作った年賀状に触発されて、7年前から薔薇を育てているのです。
なので月曜日は、音楽の話、薔薇の話であっという間の4時間半・・・
月曜から終電で帰宅でした。(^^;

そしてぶっ倒れ・・・
by ruki_fevrier | 2011-06-25 13:23 | 日々 | Trackback | Comments(0)
水無月のブーケ
d0165723_2318321.jpg


昨日は2ヶ月に1度のmiki先生のお花教室@le sept。
今回はJune brideに因んでブーケです。
先生が北鎌倉から背負っていらっしゃった沢山のお花から好きなものを選び、それに先生が合わせてくださったお花で作ります。
ホワイト&グリーンのオーソドックスなブーケにも惹かれたけど、私は淡い紫陽花で作りました。


d0165723_23214865.jpg


別の角度から。
一昨年の12月に初めてリース教室に参加してから5回。
今回が一番自分の思い描いた通りに仕上がりました♪

More
by ruki_fevrier | 2011-06-19 23:49 | | Trackback | Comments(8)
感謝
d0165723_12413074.jpg


昨日、このブログを初めて1年経ちました。
前のブログを閉めて、しばらくやる気が起きず、このままロム専門でもいいかなーなんて思っていた1年前。
とある方がまた私のブログを見たいと言ってくれたのが再開のきっかけでした。

あっという間の1年でしたが、それなりに色々とありました。
世の中、無常であることを実感した1年でもあります。
居心地のいい場所に留まっていたい気持ちと、昨日とは違う自分になっていたい気持ち。
どちらも偽りの無い自分。
変わらないことを恐れず、変わることも恐れない。
これからの日々もそう過ごして行きたいと思っています。

こんな私の備忘録にいつもお付き合いくださってありがとうございます!
私のブログを読みに来てくださっている皆様にはいつも本当に感謝しています。
誰にも読まれなくてもいい、自分のための備忘録だから、と思いつつも、誰かが読んでくれると嬉しい。
そんな矛盾した気持ちもあるんですよね。オホホ。

また1年、気ままに日々思ったことを綴っていきます。
これからもお付き合いくださると嬉しいです。


画像の枇杷、1年前の時より増えてます。
今年は30個ちかく収穫出来たのです。鉢植えで育てているのに。
そしてmakiちゃんの器。同じトルコブルーだけど、去年とは違う、最近買ったフルーツボウルです。

by ruki_fevrier | 2011-06-18 13:01 | ご挨拶 | Trackback | Comments(18)
森と芸術@東京都庭園美術館
d0165723_23103285.jpg


昨日、みーちゃんと別れた後、東京駅南口から都バスに乗って向かったのは東京都庭園美術館
7/3まで開催の「森と芸術」展。
レンブラント、写楽、そしてこの「森と芸術」展が、今月どうしても見たかった展覧会です。

人間の森への郷愁を、絵画、器、写真、絵本等で辿ります。
フランス文学者巌谷國士氏監修です。
巌谷氏と言えば、渋澤龍彦ですよねー。
まともに読んだのは数冊だけど、彼の妖しい世界には子供のころから惹かれていました。


人は昔から「楽園」に憧れ、それを森に投影してきた。
第1章「森とは何か―楽園としての森」は、そんな楽園信仰の絵画が油彩画だけでなく挿絵なども一緒に展示されています。
「楽園の絵」で私がまず思い浮かべるのは、アンリ・ルソーのジャングル。
うふふ。ありました。以前、箱根のポーラ美術館で見たアンリ・ルソーの「エデンの園のエヴァ」。
月夜のジャングルに浮かぶエヴァの裸体。月光を浴びて浮かび上がる植物の輪郭。
あぁ、ルソー、好きだわ~。

備忘録
by ruki_fevrier | 2011-06-13 23:10 | | Trackback | Comments(8)
紫陽花の季節
d0165723_23512552.jpg


薔薇が終わって、今の庭の主役は紫陽花。
うちには4種類あるのだけど、隅田の花火だけがいつも花数が少ない・・・
多分、剪定が間違ってるんだと思うのだけど。

同じように切っているのに、毎年すごくよく咲くのはおたふく紫陽花。
大好きなので、部屋の中でも飾ります。


d0165723_23543269.jpg


同じ株なのに、こんな花も。
他のよりも赤みが強く、藤色の花が咲いています。

今は買ってきた芍薬が飾ってあるので、今週末は花瓶いっぱいに紫陽花を飾ろう。

More
by ruki_fevrier | 2011-06-12 23:59 | | Trackback | Comments(0)
ホテルでのんびりな休日
d0165723_223089.jpg


土曜日は、学生時代からの友達みーちゃんと都内のホテルに泊まりました。
フィギュアスケートの元全日本選手で、今はインストラクターをやっている彼女。
今日から新横浜で行われるインストラクター総会に出るために上京してきました。
で、「土曜の仕事、全部キャンセルして早く行くから一緒に泊まって!!」と連絡が来たのが木曜日。
いや、正確に言うと、10日前には「行くかも。空けといて」と電話が来たけど、それ以来音沙汰が無かったので来れないと思ってたのです。
なので、「えぇぇぇっ、今からー!?」と慌ててホテルを探し、四苦八苦してやっと取れたのが東京駅前の丸ノ内ホテル
コンパクトで快適な部屋でした。
お風呂が狭いので、女性はいいけど男性はちょっと・・・かも。


午前の仕事が終わったらすっ飛んできた、と言っただけあって、当初は6時ごろ到着の予定でしたが、4時半ごろ東京駅に現れました。
「お腹空いた!」と連呼するので、5時半には夕食のために隣の新丸ビルに。
久しぶりに「酢重」へ。
信州のお味噌と野菜が美味しいお店で、お気に入りです。

More
by ruki_fevrier | 2011-06-12 23:40 | 日々 | Trackback | Comments(2)
神楽坂の夜
d0165723_14131946.jpg

昨晩はさとちゃんと神楽坂でおデート。
「モロッコ料理が食べたい!」と言う彼女のリクエストで、神楽坂にある「アガディール」へ。
タジン鍋、美味しい~~~。羊のタジン鍋を注文。お肉がとろけるほど柔らかくてびっくり。
蒸し煮でこんなに柔らかくなるのね。むむ、タジン鍋、欲しいかも。

昼間、仕事で神楽坂に来ることはありますが、夜は久しぶり。
大きな商業施設が新しく出来たりしてびっくり。
金曜と言うのもあるけど、人も多くて、それもびっくり。

甘味紀の膳の前を通り、一瞬抹茶ババロアを買おうかと思ったけど、帰りまでの時間を考えて断念。
ここの抹茶ババロアは絶品なのですよ。今度整体に来たついでに買いに来よう。
紀の膳、現役学生時代は夏になるとかき氷を食べに来てました。懐かしー。

More
by ruki_fevrier | 2011-06-11 14:36 | | Trackback | Comments(2)