<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
緑のリース 2012
d0165723_22261877.jpg



出張前の土曜日、miki先生のお花教室@銀座le septに行ってきました。
8月は緑のリース。
12月のリースと違い、「今」を味わうリース作り。
去年はルスカスを使った鳥の巣のようなリースを作りましたが、今年はレモンユーカリとレモンリーフで
ボリュームのあるリースに。


d0165723_22382383.jpg



カラスウリやトウガラシも入れて、自分としてはヴァニタス風を目指したつもり。

夜寝る前にたっぷり霧吹きしましたが、翌朝はどうしても少しシュンとしおれた感じになっていました。
そして出張中に完全ドライに。ホントに旬を味わうリースです。

枯れても触れるとレモンユーカリのいい香りがします。
レモンユーカリ、いつか我が家の庭に迎えたい木です。
しばらくは、ドライのまま飾っておこうと思います。
で、最後は庭の木に吊るす予定。

More
by ruki_fevrier | 2012-08-30 22:48 | | Trackback | Comments(6)
帰ってきました~
d0165723_2303144.jpg



本日関西より帰宅しました。
今年はホントにハードでした。
天気だけでなく、色々あって、4日間の睡眠時間が4時間、4時間、3.5時間・・・
最終日の朝は気合いだけで起きました。

おかげで一昨日、大阪でスタッフと飲んだら、「目が腫れてる」と言われ・・・
もうずっと顔がむくみっぱなしなのです!もう歳だからしょうがない!!

そんなこんなで疲労マックスですが、それでも金曜は大阪・淀屋橋で宴会し、土曜はなんばでの社長主催の宴会の後、
京都に移動し(ホテルが京都だったので)、夜中の零時から男7人と木屋町で二次会しました。
そして今日は京都でお買い物~♪
また後日ゆっくりアップいたします。

とにかく今日はもう寝ます!
ではでは、おやすみなさいませ★

*画像は初日の夕暮れ。三日月がとても綺麗でした~。

by ruki_fevrier | 2012-08-26 23:09 | 日々 | Trackback | Comments(2)
いざ、大阪夏の陣~
d0165723_001543.jpg



先月、手術前に普通救命の再講習を受けました。
昨年も受けましたが、1年に1度は受けることが社内ルールになり今年は再講習を受講。
再講習だから~と軽く考えていたらとんでも無かった!
なんか最後には実技&筆記テストまであって、去年より厳しい。
胸骨圧迫を3セットもやったので、最後にはくたくたでした・・・
私の非力では人の命は救えないー、と思い知った2時間でした。

明日からの恒例の関西出張。この講習を生かす機会が無いことを願っています。
あと去年はめちゃくちゃ雷雨に遭ったので、今年は天気がいいといいなぁ・・・

帰りには久しぶりに岸和田に寄ってお墓参りに行く予定です。
場所、覚えてるかしら・・・(^^;

というわけで、明日からしばらく留守にいたします。
まだまだ暑い日々が続くようです。
皆様、どうぞ熱中症にはお気をつけて。お身体ご自愛くださいませ~。

by ruki_fevrier | 2012-08-21 00:12 | 日々 | Trackback | Comments(4)
オランダ・ベルギー旅のお買い物
d0165723_1784680.jpg



さて、お買い物編。
今回の一番嬉しい出会い且つお高いお買い物は、これ。
念願のシルバーのポット!!!
あ、もちろんメッキですが。

アムステルダムの友お気に入りのお店でいい出会いがありました。
ずっと欲しかったので嬉しい~~~~!!!

どーしても私や部屋が写りこんでしまうのですが、そこは目を瞑ってください・・・


d0165723_1794245.jpg



同じ店で買った(でもポットとは別の日に・・・)フランスのお皿。
20枚くらいある中から、時間をかけてお気に入りを2枚選ぶ。
1枚なんと10ユーロ!しぇんえんです、しぇんえん。


d0165723_17103067.jpg



実はこれ、友の真似っこ。
ポットを買った時はまだ2日目で、まだまだ買い物に行くから、と止めたのですが、
その後お皿のいい出会いが無かったので「やっぱりこれ買うー」と再度買いに行きました。

友の朝ごはんは味だけでなく見た目も素晴らしい・・・
いつかこのお皿でこんな朝ごはんを盛ったらアップします。

More
by ruki_fevrier | 2012-08-19 17:55 | | Trackback | Comments(4)
オランダ旅:ガーデンセンターとパンケーキ
d0165723_15112589.jpg



ベルギーから帰った翌日は、もうひとりのオランダ在住の友とおデート。
前の会社の同期で、20年近く前に夫婦でオランダに移住したYちゃん。
会うのは実に17年ぶり。

VWのマニュアル車で颯爽と現れたYちゃん。
20代より痩せてスマートになってる!!!ちょっと、いや、かなりショック。

「どこに行きたい?」と言うYちゃんに、風車とガーデンセンターとパンケーキをリクエスト。
風車、まだちゃんと見てなかったのです~
で、一番近くで見れる風車へ。
この風車の中に人が住んで生活しているんですよね~


d0165723_15171838.jpg



その後、木靴やチーズを作って売っている観光客向けのお店に連れてってくれました。
これはそのお店の前の風景。
この平坦な土地がずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと続く景色がオランダです。
さすが国土の大半が埋め立て地の国。
右の方に遠くの教会が見えます。

アムスに到着する前、緑の平坦な土地と同じ高さにある蛇行する運河や水路が延々と続く光景を目にして、
あぁ、オランダって本当に平たい国なんだなぁと思いました。

More
by ruki_fevrier | 2012-08-19 16:17 | | Trackback | Comments(4)
ベルギー旅:ブルージュ その2
d0165723_223219.jpg



いつものごとく、その2では私的ブルージュお気に入りスポットをご紹介。

マルクト広場を過ぎて、ナバラホテル周辺を散策。
観光スポットは何も無いので、観光客は全然いません。
というより、人が全然いない!(笑) みんな昼寝中かしら。

何気なく停めたミニですら、なんとも絵になるブルージュの町並みです。


d0165723_22112775.jpg



ナバラホテルの向かいくらいにあった建物のガーゴイル。
実はガーゴイル好き。
イタリアでも、イギリスでも、面白いなーと思うと写真を撮ってます。

これは多分怪物の顔なのでしょう。
見上げると延々と顔が並ぶ壁。ちょっとシュール。


More
by ruki_fevrier | 2012-08-15 22:52 | | Trackback | Comments(2)
ベルギー旅:ブルージュ その1
d0165723_23131339.jpg



帰国してから既に2ヶ月が経つのに、まだ終わらない旅行記・・・(汗)

ブリュッセルから在来線で1時間半。ブルージュに到着~。
美しい!!!旧市街は町がコンパクトでどこを見ても古い建物ばかり・・・
少しだけフィレンツェを思い出しました。あっちの方が規模は全然大きいけど。
でもどこを見ても古い街並みは一緒です。


d0165723_23153035.jpg



天気がいいので運河クルーズに!
ブルージュも運河が流れる水辺が美しい町なのです。
ラッキーなことに運転席のすぐ後ろに座ることが出来ました♪

More
by ruki_fevrier | 2012-08-14 23:35 | | Trackback | Comments(2)
ベルギー旅:ベルギー王立美術館
d0165723_20501278.jpg



ベルギーと言えばフランドル絵画。
15世紀、油彩技術が発達したフランドル地方では、細密描写による写実的な絵画が多数描かれます。
最高傑作のひとつ、ファン・アイク兄弟によるゲントの聖バーフ大聖堂の祭壇画。
オランダに行くと決めた時、絶対見たいと思っていた絵でした。
が、しかしー、去年の秋から修復中・・・(涙)
次、いつ見れるか分からないのだそうです。生きているうちに修復が終わりますように・・・

で、それが見れないならここへ!と思っていたのがこのベルギー王立美術館。
ここでフランドル絵画に浸るのだ!と鼻息荒く行ってきました。


d0165723_21894.jpg



ここで絶対に見たかった絵のひとつ、クエンティン・マセイスの『聖母子』。
マセイスはアントワープで活躍した画家で、北イタリアにも旅したことがあり、イタリアルネサンスとフランドル絵画の伝統を融合させた絵画を描きました。
これは1947年の絵なので、まだその融合が見られる前の絵です。


d0165723_21303219.jpg



この宝石の質感。超細密描写。
マリアの細く輝く金色の髪・・・
背景の美しく繊細な装飾。
もー、何もかもが美しくて、絵の前で悶絶しました。

More
by ruki_fevrier | 2012-08-13 22:53 | | Trackback | Comments(10)
ベルギー旅:マグリット美術館
d0165723_2252180.jpg



ベルギーと言えば、フランドル美術の聖地。
ヤン・ファン・アイク、カンパン、ウェイデン、マセイス、ボスにブリューゲル・・・
それらが一堂に見れる王立美術館と隣接するマグリット美術館の入り口がこれです。↑
中に入って左手にチケットカウンターがあります。

王立美術館しか行かないつもりが、「どっちの美術館?」と聞かれ、「うーん。両方!」と思わず答えてしまった私。
マグリット、すごい好きなわけではないけれど、「光の帝国」がどうしても見たくて時間があまり無いのにコンビネーションチケットを買ってしまいました。
でも13ユーロだから別々に見るよりお得だしーと。


d0165723_23334118.jpg



シュルレアリズムの超有名人ルネ・マグリット。
マグリット美術館は、彼の一生が200点以上の作品と共に辿れる美術館です。
でも、、、時間も無いし、オーディオガイドは日本語無いし、でガイドも図録も買わずにさらーーーーっと流して見てきました。

非現実を超リアルに描くシュルレアリズム。
ありえないでしょーという光景なのに、一瞬「ホント?」と思ってしまう絵ばかり。
これは動物をモチーフにしたシリーズのひとつ「LES COMPAGNONS DE LA PEUR」。
恐怖の仲間たち、というタイトル。
荒涼とした土地に生える植物の先に、なぜかふくろう・・・ホントになぜ・・・?
こちらを見つめるふくろうがとてもリアルで、可愛くない。
ちょっとゾッとする絵です。でもなぜか気に入ってしまい絵ハガキ購入。

More
by ruki_fevrier | 2012-08-09 00:11 | | Trackback | Comments(6)
ベルギー旅:ブリュッセル その2
d0165723_21535113.jpg



例によって、その2は私的ブリュッセルのお気に入りポイントです。

翌朝は外で朝ごはんを食べようと決めていて、私は寄りたい場所があったので友より一足先にホテルを出発しました。
高台になっている芸術の丘から、アルバート1世の騎馬像越しに眺めるブリュッセルの街。
真ん中の尖塔は、もちろん市庁舎のもの。


d0165723_21573545.jpg



丘からロワイヤル広場に向かう通りの左手には古い建物が並んでいます。
お城みたい~な建物。中はどうなってるのかな~。
古くてきっと大変だと思うけど、こういうところに住んでみたい!

More
by ruki_fevrier | 2012-08-06 22:41 | | Trackback | Comments(6)