<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
長峰菜穂子さんの器
d0165723_2259769.jpg



昨日、久しぶりにやらかしました。
Style Hug Gallaryで開催中の長峰菜穂子さんの個展。
開店前からきっと長蛇の列だろうと予想していたので、のんびり午後から出かけました。
「何か残っていればいいな」くらいの気持ちで。

そしたら、今回は長峰さんがたくさん作ってくださったために沢山残っていたのです!
嬉しい!!でもあればあったらで迷う迷う・・・
で、悩みつつ結局、浅鉢1つ、お皿2枚、耐熱皿2枚、カトラリーレスト1箱を購入。
あははー、長峰さんの素敵な器たちの前に皿禁の誓いはどこかにすっ飛びました!


d0165723_2371471.jpg



桐の箱の中には可愛いカトラリーレストが3セット。
去年、黒が売り切れで買えなかったので、嬉しい~~~!!
これ、しばらく使えないわ。眺めて楽しもう。


d0165723_2382636.jpg



今年の新作、耐熱皿。
この耳が可愛い。
10枚以上ある中からお気に入りを2つ。

More
by ruki_fevrier | 2012-09-30 23:32 | | Trackback | Comments(4)
今年の夏の朝ごはん
d0165723_22254367.jpg



今日で9月も終わり。
今年の夏は暑かった!!!
もう、「暑いの飽きた」と何度呟いたことか・・・
あまりの暑さで食欲が無い日も多く。
今年は↑このミューズリにとてもお世話になりました。


d0165723_22283617.jpg



暑い日の朝ごはんには、冷たい牛乳を注いで食べるミューズりがぴったり。
このボールゼナーのミューズリは、ヘーゼルナッツやアーモンド、ひまわりやかぼちゃの種が入っていてザクザクとした歯ごたえがあります。
そしてちょっと甘い。


d0165723_2233363.jpg



ミューズリで朝ごはんの時は、アネモンのクリーマーが登場。
ちょっと大ぶりでミルクが300ccくらい入ります。
北欧のクリーマーにしては大きいサイズです。

More
by ruki_fevrier | 2012-09-30 22:44 | | Trackback | Comments(4)
シーズン2到来
d0165723_21365080.jpg



先日、こちらでの結婚式&披露宴に出席しました。
二度目の大学で知り合った後輩Yの結婚式です。
Sゼミ一期生のY。先輩がいないゼミだったので、私が卒論の時など色々面倒を見ました。というか見させられました。
なので一期生とは仲良し。
出会った頃は10代だった彼らも、もうすぐ30代!時が経つのは早い~。


d0165723_21402397.jpg



Yの花嫁行列。ちょうど天気もよく、すごく素敵でした。
大きな百合の花を髪につけたY。可愛いかったなぁ。

この列の最後尾におりました。
境内は観光客でいっぱい。しかも外人多し。
なので花嫁行列は格好の被写体となります。
しかも洋装の私たちまで被写体に・・・

More
by ruki_fevrier | 2012-09-30 22:03 | 日々 | Trackback | Comments(0)
Cenario




最近、MG4を繰り返し聴いている。
一番好きなCenario。
Ed Mottaのかすれたような歌声が心地いい。







Butterfly、最初のアルペイジオを聴くとテンションあがる。
こんな風に弾けたら楽しいだろうなぁ。

More
by ruki_fevrier | 2012-09-28 01:00 | | Trackback | Comments(2)
インヴェンション 第10番






今日は約3ヵ月半ぶりのお稽古でした。
私のオランダ旅行、入院、そして腱鞘炎と先生の夏バテで延び延びになり、久しぶりのレッスン。
なんとか第4番の及第点をもらい、クレメンティのソナチネ Op.36-1もギリギリ合格を貰いました。

もー、4番が何度練習しても形にならなくて、途中泣きたくなりました。
メトロノームを使って練習するようになって少しまともになって・・・
完成したのはつい数日前です。(^^;

そして次のお題は10番とクーラウのソナチネ Op55-1。
10番、初見演奏の時、「えっ、こんな曲あったっけ?」と呟いたら、「多分、CDとはテンポが全然違うから別の曲に聴こえるんじゃない?」と先生。
ひとりになってからCD聴いたらホントにそうでした。「あ、これか!」って。
私の演奏と全然違う~。(笑)
私はトリルの指がまだ全然動かないから早く弾けないのね~悲しい。

ソナチネの初見では、最初の2小節がちゃんと弾けるようになるまで数回弾かされました。
右手はレガートなのにドとソの間を切っちゃうし、左手はノンレガートなのにレガートに弾いちゃうという・・・
何度やってもうまくいかなくて、うぎゃーっ!と叫びたくなりました。嗚呼、先が思いやられる。

More
by ruki_fevrier | 2012-09-09 21:34 | | Trackback | Comments(4)
鈴木麻起子さんのポプリポット
d0165723_10564751.jpg



スパイラル・マーケットで開催中の「Gift」展。
いつもは1組または数組が紹介されている小さなスペースに、29組の作家さんの作品がずらりと並んでいます。
その中には私の大好きな鈴木麻起子さんの作品も!

これは行かなくては~と、初日に仕事帰りに行ってきました。
そしたら、この可愛いポプリポットが・・・!
これは私のために作られたものだわ!と勝手に思い込むことにして、頂いて帰りました。
うん、だって、私がサンタ・マリア・ノヴェッラのポプリを愛用していること、makiちゃん知ってるし。
2つあって、どちらも可愛かったのだけど、小ぶりなこちらの方を選びました。

More
by ruki_fevrier | 2012-09-09 11:08 | | Trackback | Comments(4)
大石プラムのジャム 2012
d0165723_14372733.jpg



7月に作ったジャムですが、今頃アップ。
今年も大石プラムでジャムを作りました。
甘酸っぱい真っ赤なジャム。大好物です~。


d0165723_14382443.jpg



プラムのジャムは、毎回『おいしいから、何度でも』のレシピで作っています。
著者は「食卓の風・・・」のpino先生。

この本からスープやジャムなどちょこちょこ作っています。
ホント、美味しいから何度でも作りたくなっちゃいます。

More
by ruki_fevrier | 2012-09-08 14:49 | | Trackback | Comments(0)
京都旅 2012
d0165723_22472711.jpg



ヨレヨレなのに早く目が覚めてしまい、散歩がてら朝ごはんを食べにホテルの外へ。
イノダコーヒで朝ごはんでも、と思いましたが、すごーい行列。
諦めて近くの全国チェーンのサンドイッチショップで朝ごはん。
でものんびり出来たので正解だった。

ホテルに戻る途中、お土産を買いに栖園へ。
8月の暖簾は朝顔。暖簾が風に揺れるのを見ていると暑さが和らぎます。


d0165723_22523582.jpg



ここに寄ったら食べずにはいられない「琥珀流し」。
8月は冷やし飴。生姜が効いて美味しかった~♪


d0165723_22535238.jpg



お土産は「レース羹」。
あまずっぱいレモンのお菓子。
うちでは冷やしていただきます。

More
by ruki_fevrier | 2012-09-06 23:33 | | Trackback | Comments(10)
大阪の夜 2012
d0165723_22242720.jpg



もう10日以上も前の話になるのですね~
今年も出張最終日が金曜だったので、週末は大阪と京都を楽しんで帰ってきました。
そんな出張アフターの記録。

金曜は、大阪のスタッフ ミエちゃんと、ちょうど出張で大阪入りしていたA嬢、
そしてマサとキオといういつものメンバーで淀屋橋で宴となりました。
場所はミエちゃん行きつけの居酒屋。
写真は、そこの名物豆乳のコロッケ。すっごくクリーミーで美味しかった!

しかし、A嬢に「rukiさん、顔腫れてるけど、大丈夫?」と言われつつ笑われるくらい酷い顔な私。
疲労と寝不足で顔のむくみとクマが取れないのです~
そんな体調ですから、さすがに22時半には切り上げ、ホテルに帰ってそのままベッドにばたん。
化粧も落とさず、気付いたら2時でした・・・

More
by ruki_fevrier | 2012-09-05 23:15 | | Trackback | Comments(2)
マウリッツハイス美術館展@東京都美術館
d0165723_19195251.jpg



7月最初の金曜日、病院のために午後半休を取ったけれど、まだ少し時間がある。
それなら行ってしまえ!と上野の都美術館で開催中のマウリッツハイス美術館展へ。
15時には着いたと思いますが、それでも30分待ちでした。ひー。まだ7月なのに・・・

しかもこの少女の前は長蛇の列。とても並んでいたら診察に間に合わない。
というわけで、フリーゾーンで鑑賞しました。
少しづつ前に前に出て、まぁ、最前列はダメでしたが、2列目から彼女を見ることが出来ました。

フェルメールセンターでも多くの人が写真を撮っていたこの「真珠の耳飾りの少女」。
その時は「そんなにいいかな・・・」と正直思っていたのですが。
でも!!やっぱり本物は違うということを思い知りました。
なーぜーかー彼女から目が離せない!もう行かなくちゃ、他の絵を見る時間が無くなっちゃうよ、と思いつつも絵の前から動くことが出来ないくらい、魅了されました。
なんなんでしょう。やっぱりあの眼差し?うーん、フェルメール、恐るべし。

フェルメールと言えば、家具や小物の配置が計算された室内での私的な行為の一瞬を切り取った静謐な絵か、謎かけのようなアレゴリーで満ちた絵を思い浮かべるのですが、この絵は背景が無く人物のみ。
それも何かをしている姿ではなく、少女はただこちらを見つめるだけ。
フェルメールが描く女性たちは何かに没頭している姿が多く、鑑賞者はそれを覗き見る様な感覚になるのだけど、この絵は少女と真正面から対峙する。
そして彼女の瞳に魅せられちゃうのです。
何かの番組でやっていたけど、彼女の瞳は実際にはこうはならないそうで。
二次元だからこそ、の瞳なのだそう。ってことはフェルメールのもくろみにやっぱりハマってるってことなのね。

More
by ruki_fevrier | 2012-09-05 21:29 | 日々 | Trackback | Comments(4)