<   2012年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
今年もありがとうございました
d0165723_2115218.jpg



大掃除してたらあっという間に3日間が終わってました。
そしてもう大晦日~2012年もあと数時間です!あわわわ。

今年は甥っ子が泊まりに来るというので、両親と一緒に大掃除を頑張りました。
スチームクリーナーも買っちゃって、あちこちでシャーッ!
お陰で体中が痛い。
そして夕方、弟一家がやってきて、今まで甥っ子と遊んでました。
子供の体力、半端ない・・・たった数時間ですが、既にぐったりです。でも楽しいー!!!
久しぶりに新年を迎えたと同時にバタンと寝れそうです。


毎年思うことですが、一年一年時が加速している気がします。
これが歳を取るってことなんでしょうか。
今年も早かったですー。とにかく1週間が早い。「あぁ、月曜日」と思い出社したら、「あら、もう金曜日」
という感じ・・・
もう少しのんびり過ごしたい、と思いつつ、めいっぱい走って終わったような一年でした。


今年の抱負は、

 ・自分の体を大事にする。
 ・旅に出る。
 ・仕事はもう少し気合いを入れて頑張る。


6月にオランダに行って、7月に手術、11月に3年目になるプロジェクトで初めて手応えを感じ、と
結構頑張ったと思います。

来年もこの路線は継続し、加えて研究や仕事で関係することの知識をもっと深めたい、と思っています。
ここ数年、好きなことしかやってきていないなーと、少し反省しているので。
やらくなくてはいけないことを、もう少し頑張らねば。

今年も私のこの呟きブログに遊びに来て下さり、本当にありがとうございました!
来年も引き続きお付き合いいただけると嬉しいです。

皆様、どうぞ佳いお年をお迎えくださいませ☆


ruki


*画像はラファエロ・サンティの「システィーナの聖母」に描かれた天使たち。
by ruki_fevrier | 2012-12-31 21:51 | ご挨拶 | Trackback
メトロポリタン美術館展@東京都美術館
d0165723_171846.jpg



1/4まで開催の「メトロポリタン美術館展」。
あの膨大なコレクションの中から来日するのはほんのわずか。
どうかなー、行く価値あるかなーと迷っていましたが、BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で紹介された作品が
とっても面白そうだったので行く気になりました。

古代メソポタミアから20世紀まで、約4000年の美術を「自然」を切り口に展示しています。
構成は、

第1章:理想化された自然
第2章:自然の中の人々
第3章:動物たち
第4章:草花と庭
第5章:カメラが捉えた自然
第6章:大地と空
第7章:水の世界


d0165723_17113352.jpg



これは第2章で展示されていた「音楽を奏でる男女の羊飼いのタペストリー」。
16世紀のオランダで織られたタペストリーです。
500年以上も前のタペストリーがこんなに色鮮やかに残っているなんて、すごい。
とても大きく、どうやって織ったんだろうね、と友達と話しながら眺めました。

沢山の植物で埋め尽くされているタペストリー。ひとつひとつの花を追いかけているだけで、時間があっという間に
過ぎていきます。
あぁ、こんなの家に飾れたら素敵だなぁ・・・小さいのでいいから欲しいです。

More
by ruki_fevrier | 2012-12-29 18:02 | 日々 | Trackback | Comments(4)
以心伝心なクリスマスプレゼント
d0165723_0241923.jpg



クリスマス当日の朝、いつものように原宿駅からオフィスのある南青山までお散歩出勤。
しかし、この日はめちゃくちゃ寒かった!!!あまりの寒さに、「手袋欲しい」と呟いていました。
もちろん手袋を持ってはいますが、
「ウールじゃ堪えられん!革の手袋が欲しい。明日六本木ヒルズに買いに行こう!」
と思ったのです。


で、翌日買ったのが↑の手袋…


では、ありません。


この日の夜、ほろ酔い気分で帰宅したら、この手袋が届いていました。
高校時代の部活の仲間Yちゃんからのクリスマス・プレゼントでした。

More
by ruki_fevrier | 2012-12-29 01:28 | | Trackback | Comments(4)
おうちでクリパ
d0165723_22393248.jpg



今年のクリスマスイブは、同級生のロミとアユと3人でクリスマス・パーティー。
なんか変わったものを作りたいなぁ~と、初めて野菜のゼリー寄せを作ってみました。

前日も忘年会で、帰宅が深夜になってしまいましたが、これだけは仕込まなくちゃ!と、半分うとうとしつつ作成。
味が心配だったけど、「美味しい」と言ってもらえて良かった~。

湯むきしたミニトマト、ヤングコーン、パプリカ、インゲンをコンソメゼリーで閉じ込めました。


d0165723_22474593.jpg



チキンのローズマリー風味のロースト、ペペロナータとマッシュポテトのグラタンの3品を用意。
マッシュポテトのグラタンが美味しかった!!
牛ひき肉と玉ねぎを炒め、上にマッシュポテトを乗せ、粉チーズを振ってオーブンで焼くだけ。
初めて作ったのだけど、簡単で美味しい~。


d0165723_22505239.jpg



お酒は自家製果実酒3種。
先日、キッチンの隅っこから発掘した梅酒、去年仕込んだプラム酒、今年仕込んだデコポン酒。
デコポンはやっぱり美味しい!(デキャンタが空いてなくてドレッシングポットに入れてサーブ。笑)

でもこの日の一番人気は梅酒でした。
数年熟成した梅酒はまろやかでホントに美味しい~。
二人共、ジャムの瓶に入れて持って帰っていきました。

More
by ruki_fevrier | 2012-12-26 23:13 | | Trackback | Comments(6)
Joyeux Noël !
d0165723_19172345.jpg



今年もとーっても寒いクリスマス。
どうぞ風邪など召しませぬよう。

私は昨日(夜)、今日(昼)、明日(夜)と忘年会続きのクリスマス。
そしたら母が、「じゃあ我が家のクリスマスはいつやるのよ!」とキレたので、これから家族でクリスマスディナー。

のはずでしたが、父が昼から麻雀に行ってしまって帰ってこないー!

そんな私のクリスマスイブです。

皆様、どうぞ素敵なクリスマスを☆

by ruki_fevrier | 2012-12-24 19:23 | 日々 | Trackback | Comments(6)
クランベリーソース&ジャム
d0165723_12154545.jpg



今年も紀ノ国屋でクランベリーをゲット。
クランベリーは、ターキーを焼く季節にしか棚に並びません。
12月に入ったらこまめに紀ノ国屋に行って入荷をチェックします。

真冬だというのに紀ノ国屋にはベリーがたくさん。
ラズベリー、ブラックベリー、先月は生で買えなかった赤すぐり(レッド・カラント)も売っていました。


d0165723_12182251.jpg



まずはソース作り。
水と砂糖とクランベリーを火にかけ、実が崩れるほど煮た後、ざるで漉したもの。
ジェリーのような透明さはなく、もっと果実感のあるとろりとしたフルーツソースです。

煮立ってくるに従い、クランベリーが段々ぷっくり膨れて、皮が裂け、実が崩れ全体が赤くもったりとした液体になります。
その過程を見ているのがとても楽しい。

More
by ruki_fevrier | 2012-12-22 12:50 | | Trackback | Comments(0)
クイックブレッドで朝ごはん
d0165723_20233155.jpg



お菓子作りは好きですが、パンはむかーし作って膨らまなかったのがトラウマで、以来作る気無し。
でもクイックブレッドならイースト使わないし、温度管理も必要ない!超簡単!
ということで、最近、ちょこちょこ作ってます。
たまに「明日のパンが無い!」と帰宅してから作ったりして。そのくらい簡単。

中に入れるものはその時々で。
これはりんごとミューズリのクイックブレッド。
オートミールの代わりにミューズリを入れてみたらどうだろう、と試してみたら、これが美味しかった!


d0165723_20284456.jpg



焼き立てで朝ごはん~
ミューズリのザクザクした食感とりんごの甘酸っぱさがいい感じなのです。
ラズベリージャムとクロテッドクリームを添えて。
ちょっとスコーンぽいので、クロテッドクリームをつけて食べてます。

この日はクイストゴーのプラムにロッドアスター、BOの白いプレートとグレーのカステヘルミ。


d0165723_2042185.jpg



これはミューズリだけのクイックブレッド。
これはこれで美味しけど、りんごが入るとなお美味しい。

器はジノリのバビントンシリーズとBerso、フローラ。
グリーンのコーディネイト。

More
by ruki_fevrier | 2012-12-16 21:59 | | Trackback | Comments(2)
リヒテンシュタイン展@国立新美術館
d0165723_17502947.jpg



オーストリアとスイスの間にある、人口わずか35,000人の国「リヒテンシュタイン」。
その小さな国を治めるリヒテンシュタイン家が、500年に渡って収集してきたコレクションの展覧会
リヒテンシュタイン 華麗なる候爵家の秘宝」@国立新美術館。
収蔵数3万点の世界屈指の個人コレクションだそうです。

絵画だけでなく、彫刻や調度品の数々も展示され、天井画が再現された「バロック・サロン」も出現。
盛りだくさん過ぎて訳わからないわ!と思うくらい巨匠オンパレードの展覧会でした。


d0165723_1801181.jpg



構成は、

エントランス
バロック・サロン
リヒテンシュタイン侯爵家
名画ギャラリー
・ルネサンス
・イタリア・バロック
・ルーベンス
クンストカンマー:美の技の部屋
名画ギャラリー
・17世紀フランドル
・17世紀オランダ
・18世紀-新古典主義の芽生え
・ビーダーマイヤー

ラファエロ、クラナッハ、レンブラント、ルーベンス、ブリューゲル、マセイス、ハルス、、、
名前を見てるだけでも西洋史の勉強になるような絵ばかり。
大好きなマセイスの「徴税吏たち」は、皺の一本一本、コインの一枚一枚が精緻に描かれ、まるで写真のよう。

↑この絵は、ヤン・ブリューゲルの「若きトビアスのいる風景」。
天使と一緒に旅したトビアスは、主役であるにも関わらず、右下に小さく小さく描かれています。(笑)
青緑の濃淡で描かれる森の風景。
彼の描く風景画は細密画のようにリアルに細かく、でもどこか幻想的で好きです。

More
by ruki_fevrier | 2012-12-16 19:42 | 日々 | Trackback | Comments(6)
この日、この場所でしか生まれない音楽を
d0165723_22222033.jpg



日曜の夜は、上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト「MOVE JAPAN TOUR 2012」ファイナルへ。

今年はプレオーダーでA席が当たり、1階席の最後列センターで聴くことが出来ました。
ホントにど真ん中で、私の席の先にはアンソニーが。(笑)

今回も超絶即興ライブ。
どの曲も知っているけど、初めて聴く音ばかり。
アドリブの連続で、拍手を入れる隙すらも無い、そんな走りっぱなしのライブでした。
あんな大きな箱なのに、まるでライブハウスのような会場との一体感。ホント、最高!

この日のピアノ・ソロは「Place to be」。(前日はHazeだったらしい。それも聴きたかった!)
これがすごく良かった・・・音の粒が美しくて、泣けるほど切ない音色だった。
ピアノ(強弱記号の)で奏でられる静かな音に、会場にいる人が息を潜めて聴き入っていました。
彼女の曲に対する深く強い思いがひしひしと伝わってきて、自然と息を詰めてしまうのです。

弾き終わったあと、彼女がアルバム「Place to be」を作る際のエピソードを披露。
尊敬する調律師小沼さんにわざわざNYまで来てもらい、彼の調律したピアノでレコーディングをしたのだそうです。
「今日も小沼さんの調律したピアノで弾けて幸せです」と語り、あぁ、小沼さんのために弾いた1曲だったんだなぁ、と思いました。
その後、最後の挨拶の際、車椅子で現れた小沼さんの姿に、思わず涙が出ました。


More
by ruki_fevrier | 2012-12-11 23:23 | | Trackback | Comments(2)
森のリース 2012
d0165723_22541222.jpg



今年もmiki先生のリース教室に行くことが出来ました。
毎年、今年はどんなリースにしようかな、と考えます。一応。
今回は、先日買ったmakiちゃんのコンポートに乗せて飾ろうと考えていました。
オランダで買ってきた赤いキャンドルを真ん中に置いて、少しクリスマス気分~♪

で、出来上がったのが↑↑これです。
ちょっと大きかったかな~(笑)
キャンドルが埋もれてる・・・

でもいいのです。満足満足!

今年のポイントは・・・
by ruki_fevrier | 2012-12-10 23:40 | 日々 | Trackback | Comments(6)