<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
帰ってきました~
d0165723_19491633.jpg



昨夜、関西より帰ってまいりました。
今年もきつかったー。
去年より睡眠時間は確保できたし(平均5時間)、大きなトラブルもなく終わったので楽だったはずですが、史上最高の暑さに初日からばてました。
二日目は終日軽い熱中症で頭ガンガン。
後で聞いたら、スタッフもやばいと思うくらい顔が死んでいたらしい。(^^;
でも、なんとか4日間を乗り切って生還!!


d0165723_19412544.jpg



ちょうど満月で、月明かりがとても綺麗な夜が続きました。
一眼持って行ったら綺麗に撮れたのになーなんて思いつつ、移動の合間にスマホで撮影。
仮に持って行っても、ちゃんと撮る時間なんてほとんどありませんが。


More
by ruki_fevrier | 2013-08-25 20:02 | 日々 | Trackback | Comments(4)
恒例の・・・
d0165723_0244024.jpg



明日から毎夏恒例の関西出張に行ってまいります。
去年に続き、今年も7月に普通救命の再講習を受け、胸骨圧迫を120回×3セットもやりました!
いやー、腕がつりそうだった・・・
今年もこの講習が役立つシチュエーションに遭遇しないことを祈ります。

年々体力の衰えが激しく、4日間を乗り切れるか本当に不安。
しかも今週も猛暑だし。
同僚たちが、「疲労回復にはアミノ酸が効く!」とか、「ランニングシューズだと楽だぞ!」とアドバイスするので、両方購入。
しかし、、、ランシューなんて、夏の出張以外、いつ履くのかしらん。

ということで、しばらく留守にいたします。
もちろんニンジンは手配済み。ふふふ。

by ruki_fevrier | 2013-08-20 00:42 | 日々 | Trackback | Comments(2)
NY旅日記:Brooklyn 1
d0165723_1692459.jpg



4日目火曜日からはカリフォルニアから来る友達とホテルに宿泊。

移動の前に4泊させてもらったふうちゃんちを撮影しました。
左がベッドルーム、右がキッチン。
広くてとても使いやすい。

冷蔵庫はワールプール製。
やっぱりアメリカはワールプールなのね。
小学校の頃、なぜか我が家の冷蔵庫もワールプールでした。
鍋ごと冷蔵庫に入れることに慣れていたので、日本製に買い換えた時は「使いづらいっ」と思ったのをよく覚えています。

しかし、ふうちゃんいわく、「すごく電気代がかかるのよ!」とのこと。
あ、なるほど・・・
確かに、省エネとは無縁な感じかも。(笑)


d0165723_1614416.jpg



左はキッチンの窓から。この雰囲気が私は大好き~
ふうちゃんちでのんびり料理する一日とか作ればよかったな、と今更思う。

右はリビングのデスクから見える眺め。
デザイン系の学校に通っているので、広いデスクに色鉛筆や絵具等ツールがたくさん。
左手にある小さな花瓶は私のお土産でこれとお揃い♪

短い滞在だったけどすごく快適で楽しかったふうちゃんち。
「また来るよ!」と部屋に別れを告げ、タクシーでホテルに向かいました。

More
by ruki_fevrier | 2013-08-19 23:28 | | Trackback | Comments(4)
初盆
d0165723_2136862.jpg



めちゃくちゃ暑かった土曜日。
Yちゃんの初盆ということで、都合のついた6人でお墓参りに行きました。
お墓はYちゃんちの近くということで、まずはお線香をあげにおうちに伺うことに。
Yちゃんちから徒歩1分のところに家を建てたSちゃんも来てくれて、一緒に行きました。

お仏壇がなかったYちゃんち。
Yちゃんのために用意したお仏壇はつい先日届いたばかりでした。
お葬式の時は周囲に支えられて歩いていたお母様は昨日は笑顔で出迎えてくれて、一緒にお墓にも行ってくれました。

自分の娘の仏壇を買い、お墓を建て、お線香をあげるおばさまの姿を見るのは本当に切ない。
おうちでもお墓の前でも、Yちゃんとの思い出話は尽きなくて、炎天下で滴る汗と同じくらい涙が流れて止まらなかった。

私たちは、これから先、何度もこうして集い、きっと泣くんだろうな。
そして同時に、彼女の強さを思い出すんだろうと思う。

Sちゃんが、納骨の時におばさまから見せてもらったメールには、

「ママを悲しませてしまうかもしれないけど、抗がん剤をやって戦い抜きたい」

と書いてあったのだそうです。
今回のお墓参りの前にこのメールが送られてきて、久しぶりにひとしきり泣きました。

生きたいと戦ったのに、願いが叶わなかったYちゃん。
前も書いたけど、己の生を全うしなかったら絶対にYちゃんに怒られる・・・と本気で思っています。
この言葉の後のSちゃんのメールには「Yちゃん、やっぱり強い。敵わないなぁ」とあり、「ホントに!!」と激しく同意。
高校時代、部活の夏合宿の食事で苦手な果物が出た時、全部食べなくてはいけないきまりだったので、Yちゃんは泣きながら食べていました。
しかも、みんな食べ終わってしまい、ひとりで広い食堂に居残って・・・
一体いつの間にこんなに強くなっていたのだろうか…なんて思ったりして。


d0165723_2215628.jpg



Yちゃんの言葉をどうしても残したくて、この記事をアップしました。


今週も猛暑が続くようです。
まだまだ熱中症の危険があるモーレツな暑さです。
皆様、くれぐれも水分補給はお忘れなく。
どうぞお身体ご自愛くださいませ。
熱中症、ほんとーに辛いですから!←過去二回経験済みの人。

by ruki_fevrier | 2013-08-18 22:04 | 日々 | Trackback | Comments(0)
NY旅日記:フラットアイアン&MoMA
d0165723_2146111.jpg



すっきり晴れた4日目の火曜日、まず訪れたのはここ!
フラットアイアンこと、フラー・ビルディング。
1906年に竣工で、高さ87メートル。
NYに現存する最古のスカイクレーパーだそう。

上から見ると鋭角な三角形。
一番細い部分は幅1メートに満たないという平たい形。
まるで大型船の船首のようです。
ビルの波間から現れる船・・・そんな感じ。


d0165723_21565239.jpg



上部はギリシャの円柱のようなデザイン。
横から見ると、厚みが無くてパタンと倒れちゃうんじゃない?と思うほど。


d0165723_2213349.jpg



サイドの古典的な装飾が美しい。
ヨーロッパのどこかの町にありそうな装飾。
でも作られたのは明らかに20世紀なんだけど。

パリのエコール・ド・ボザールで学んだアメリカ人が、帰国後こういった古典的なデザインの建築物を多く作ったらしい。
そういえば、アメリカってファサードにギリシャ神殿のような円柱がある建物とか結構あるよなぁ、と思っていたのでした。

More
by ruki_fevrier | 2013-08-17 23:58 | | Trackback | Comments(2)
NY旅日記:雨のNY
d0165723_2044864.jpg



今回の旅、結構雨に降られました。
私、晴れ女なのになー。
まぁ、でも一日中雨だったのは、3日目の月曜日だけですが。

ということで、月曜日はお買い物デイに。
まずはSarabeth'sでブランチ。
私たちが行ったのは、Central Park South店

大好物のパンケーキとエッグベネディクト、両方頼んでふうちゃんとシェア。
パンケーキは、レモン&リコッタ、エッグベネディクトはクラシカルをオーダーしました。
どちらも美味しい~~~!!

食べ終わって外を眺めていたら、赤いユニフォームを着た人たちが数人歩いて行き、その周りを少年たちが囲んでサインをねだっている。

「ん???」と思ってよーく見ると、スペイン代表チームのユニフォーム!
どうやら近くのホテルに泊まっていたようです。
コンフェデに向かう途中だったんですね~
これがイタリア代表ならもちろん追いかけますが、スペインなので「ふーん」で終わり。(笑)


d0165723_20201211.jpg



サラベスの後、UGGとアバクロで買い物。
アバクロ、日本より断然安いのでつい隈なく見ちゃうんですよね~
で、隣のプラダで待ってるふうちゃんを、不審者扱いされそうになるほど待たせました。(^^;

「待ちくたびれた!お茶しよう」とふうちゃん。
しかし外は土砂降り。
なので、すぐ近くのプラザホテルのフードコートへ。
ここはスイーツパラダイス!
ミルフィーユで有名な「LADY M」やカップケーキの「BILLY’S BAKERY」などが入っています。
結構席数はあるし、トイレは綺麗だし、買い物に疲れた時に使える場所です。

私たちはフローズンヨーグルトのお店「YOART」へ。
好みのフレーバーを好きなだけカップに盛って、上にフルーツやチョコ、ナッツなどをトッピング。
重さで金額が決まります。
私はストロベリーとベリーミックスみたいなのに。
上にザクロとピンクと白の花型のチョコをトッピング。ちょっと地味だったかも?

外はホントにすんごい雨で、さすがのニューヨーカーも傘を差すくらい。
この後、トイザラスで甥っ子にお土産を買い、さらにブルーミングデールズでも買い物をして帰りました~
もー、くたくた。
気づけばこの日は全然写真を撮ってなかったです・・・(^^;
ま、雨だったしね。

More
by ruki_fevrier | 2013-08-11 20:51 | | Trackback | Comments(0)
NY旅日記:「dovetail」と夜のお散歩
d0165723_2044719.jpg



グラセンガイドツアーを終えて外に出ると、ちょうど日暮れ時。
正面のビルに夕日が写っています。

一年に二度、マンハッタンを東西に走る大通りに夕日が沈むマンハッタンヘンジ。
いつかはこの目で見てみたいなぁ。

【2013年のマンハッタンヘンジの画像はこちら】→

↑画像の通りは42nd St.。前方に見える黄色のボックス付近がタクシー乗り場です。
ここからタクシーに乗って、アッパーウェストのレストランへ。


d0165723_20524950.jpg



ふうちゃんが予約してくれたレストラン「dovetail」。
野菜をふんだんに使ったおしゃれなアメリカン・キュイジーヌのレストランです。

2011年にはミシュランの星1つを獲得しているらしい。
まぁ1つなので、それほど気張らずに行けます。
実はユニクロで行っちゃった。(爆)
といっても黒のマキシドレスに、アニエスのレースのジャケットのようなものを合わせたので
ザ・カジュアルじゃないですけど。

More
by ruki_fevrier | 2013-08-10 21:47 | | Trackback | Comments(0)
NY旅日記:Grand Central Terminal
d0165723_2123259.jpg



今年の2月に設立100周年を迎えたグランドセントラル駅。
優美な装飾が随所に施されているので、主要な駅というだけでなく、建築物としてとても見る価値のある駅舎です。

英語のガイドツアーもありますが、時間が合わなかったためオーディオガイドを借りてあちこち見て回りました。
(オーディオガイドだと日本語を選択できるので結構オススメ)

まずは42nd St.側のファサード。上部にヘラクレスとミネルバを従えたマーキュリーの像があります。
マーキュリーの下にはティファニーの時計。美しい~


d0165723_21595577.jpg



この42nd St.側の入り口から入ると、イベントホールのヴァンダービルト・ホールがあります。
グラセンの所有者だったヴァンダービルト家の名前が付いたこのホールでは、様々な催し物が開かれているようです。
なんとボーリング大会が開催されたこともあったらしい。
こんな格調高いホールにボーリングのレーンを作っちゃうなんて、アメリカってすごいわ。


d0165723_2235941.jpg



1913年に竣工したこの駅舎は、自動車の普及とともに鉄道の利用者が減り、一時はホームレスのたまり場になるほど荒廃。
取り壊して再開発する案も出た中、市民団体の保存運動により裁判で歴史的建造物として残すことが決まったそうです。
そんな保存運動に貢献したのがジャクリーン・ケネディ・オナシス。
彼女を称えるプレートが、ヴァンダービルト・ホールの一角にありました。

More
by ruki_fevrier | 2013-08-08 21:36 | | Trackback | Comments(4)
NY旅日記:The New York Botanical Garden
d0165723_14355857.jpg



初日から飛ばしすぎ、ちょっと寝坊した日曜日。
グランドセントラル駅の地下のフードコートでそれぞれ好きなものを買い、メトロノース鉄道に乗ってThe New York Botanical Garden(ニューヨーク植物園)へ。

ふうちゃんはベーグル、私はりんごとハムとチーズのパニーニ。
パニーニ大好き!しかも注文してから焼いてくれるのでパリッとして美味しい。
美味しい朝ごはんにご機嫌な私。


d0165723_14405142.jpg



グラセンからBotanical Garden駅までは20分くらいだったと思います。
とにかくあっという間に到着。
そして駅から徒歩一分で植物園に着きます。
といっても、それは門までが徒歩一分。
ここから長ーい道のりを歩いて、まずはコンサーバトリーを目指す。


d0165723_14431696.jpg



こーんな感じのところを延々歩く。
日本の植物園とは規模が全然違います。


More
by ruki_fevrier | 2013-08-05 15:37 | | Trackback | Comments(0)
NY旅日記:The Metropolitan Museum of Art
d0165723_222729100.jpg



クロイスターズからメトロポリタン美術館へは、バスで行くことにしました。
地下鉄で行くと、セントラルパークの西側をいったん南まで下り、乗り換えて東側を北上する、というルートになり、セントラルパークをぐるりと回る感じなるのです。
前回は、セントラルパークを西から東に突っ切って行く方法を取り、見事途中で迷子になった私。
で、今回はおとなしくバスで東側を南下する方法を取りました。でも各駅停車ののんびりルートなので、30分以上はかかります。

というわけで、MET本館に着いたのは午後6時過ぎ。
土曜日だったので夜9時まで開館。
3時間一本勝負!と意気込んで行きましたが、全然甘かった、、、
まぁ、ひとつのセクションで企画展1回と考えたら、企画展10数回くらいを回る規模ですからね。
トホホ。←本当に詰めが甘い。


d0165723_22321951.jpg



ふうちゃんとは9時にロビー集合ということで入り口で別行動に。
日本語のオーディオガイドを借り、ルートとは逆回りでギリシャ・ローマ美術セクションから入りました。

前回あまり見れなかったアフリカ美術が結構楽しくて、つい熱心に見てしまった。
これ、ナイジェリアのベニン王国の彫像「Head of an Oba」。
なんとなーく、奈良さんちっくで面白いなーとパチリ。
Obaって何でしょうね。少女、という意味かしら。


d0165723_22443337.jpg



とあるホールでは、見上げるとパプアニューギニアの天井画の板が埋め尽くすように展示されていました。
当然ハンドメイドだから、ひとつとして同じものの無い板絵。
でも全体としてはなぜか調和が取れているから不思議。

なんて、ガイド聴いてパシャパシャ撮影してたら最初3セクションくらいであっという間に1時間が過ぎてました。
やばいっ。まだ全然見れてない!
ということで、目的のひとつ、ロバート・リーマン・コレクションへ走る。

More
by ruki_fevrier | 2013-08-05 15:36 | | Trackback | Comments(2)