<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ロンドン旅行記:Royal Botanic Gardens, Kew
d0165723_00273697.jpg



Petershamの次に向かったのはKew Gardens
いつか行きたいと思っていたところのひとつです。
王立の植物園で世界遺産でもあります。

いくつかゲートがありますが、私たちはこのLion Gateから入場しました。



d0165723_00273670.jpg



名前の由来はこちらのライオンちゃん。
19世紀に作られた門らしい。



d0165723_00273685.jpg



入るとすぐに見えるのがKewのシンボルのひとつ、パゴダ。
10層のオクトゴナルの屋根からなる建造物で、18世紀のキューガーデン造園当初からの建造物。
でも、確か、特に何かに使われたってわけじゃなくて、見た目重視の建物だったような…(うる覚えです)







More
by ruki_fevrier | 2016-07-31 23:56 | | Trackback | Comments(0)
ブルーベリーとブラックベリー
d0165723_23493508.jpg



帰国してから初めての予定のない週末だったので、2日間家事と庭仕事に勤しみました。

毎度のことですが、たった一週間いないだけなのに、6月は庭があっという間にジャングルと化します。orz
先週、少し草取りをしたので、今日はそのほかのことを。

・ビワとブルーベリーの植え替え
・紫陽花の剪定
・施肥(アルゴフラッシュ+木酢)

たったこれだけだけど、2時間かかったよ…



d0165723_23493598.jpg



去年、実付きで購入したブルーベリー。
今年もちゃんと実がなりました。
でも少しだけ。
ジャムを作るには程遠い量です。



d0165723_23493532.jpg



なので、そのままヨーグルトに入れて食す。



d0165723_23500470.jpg



この日の収穫はたった6粒!
ま、小さな鉢で育てているので、しょうがありません。
今日は鉢増ししたから来年はもう少し収穫できるのでは!と期待。






More
by ruki_fevrier | 2016-07-24 23:58 | | Trackback | Comments(2)
ロンドン旅行記:Petersham Nurseries
d0165723_21592709.jpg


2015.6.24.

ロンドン6日目の朝。
この日はハムエッグメインで。

この頃、そろそろ冷蔵庫整理が始まってますw



d0165723_22230774.jpg



窓の外は青空!!
ロンドンでこの天気はとっても貴重。
特にこの日は郊外に行くので晴れでとっても嬉しい。



d0165723_21592785.jpg



朝、起きたらまずはスマホで仕事のメールをチェックします。
時差が8時間あるので、朝一でチェックしても既に日本は午後。
すぐに返事をしないとその日中に対応できないのです。

で、仕事のメールを確認ついでにツイッターをチェックしてたら、
なんと女子サッカーW杯で私が応援している有ちゃんがゴールしてた!!
すぐにテレビの電源を入れ、NHKに。
おおーーー、ホンマにゴールしてたーーー!



d0165723_21592708.jpg



19番、間違いない!
次は代表でゴールしてね、って話していたから嬉しかった~
オンタイムで見たかったなぁと、これだけは旅行中であることを残念に思ったのでした。

それにしても、女子W杯は一年前のことなんですね…
なんだかすごく昔のような気がします。






More
by ruki_fevrier | 2016-07-20 00:00 | | Trackback | Comments(2)
プチ同窓会
d0165723_00064364.jpg



3連休の真ん中。
久しぶりに二度目の大学の同級生3人が我が家にやってきました。
数年前までは1年に何度もうちや都内で集まっていましたが、
最近はこうやって集まることはほとんどなくなっていました。
みんな仕事や子育てで忙しいもんね。

でも6月のとある日、産休が明けて職場復帰したアユの
「そろそろ集まりたいーーー!」という
叫びのようなメッセージがLINEで流れてきて、
「じゃあ来月集まろう!」ということになったのです。

メンバーは、
我が家に一番来ているアユ、
仲間内で一番最初にママになったユウ、
我が家に初めて来たナオ。

まずはかんぱーい!



d0165723_00064329.jpg



この日のメニュー。

桃モツァレラ
ペペロナータ
牛すじのトマト煮込み

はい、いつものメニューです。(^^;
たまには新しいレシピにチャレンジしたいのだけど、
今回も探している時間が無くていつものに…







More
by ruki_fevrier | 2016-07-19 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ロンドン旅行記:Steve Harrison's workshop
d0165723_22395470.jpg


5日目の午後。

ランチの後、この電車に乗って憧れの陶芸家Steve Harrisonの自宅兼工房へ出発!

Steveの器に出会ったのは2009年。
個展会場が通勤路だったので通りかかり、「おお!素敵!」と中に入り、彼の器に出会いました。
一目惚れしてクリーマーをひとつ購入。
翌日にもう一度行って、マグをひとつ購入。
その後、2012年、2014年と個展の度にひとつづつ集めてきました。
いつかイギリスで彼の器を買いたい、と思っていて、かおちゃんに
「この人の器が買えるところに行きたい」と伝えたところ、
本人にメールでどこで買えるか聞いてくれたのです。
そしたら「うちにどうぞ」と返事が。

最初は「ええー!!無理無理、緊張しちゃう!!」って思ったのだけど、
かおちゃんの「せっかくですから!」という言葉に背中を押され、行くことにしました。
ということで、憧れの陶芸家のお宅訪問の旅!



d0165723_22395455.jpg


ロンドンを出発して約1時間。
こちらの駅で降ります。




d0165723_22395959.jpg


駅前の通り。
交通量はそこそこありますが、とってものどかな眺め。
ザ・イギリスの郊外、という感じです。



d0165723_22395980.jpg



Google Mapを頼りに、Steveが住む住宅街を目指しててくてく。
途中、分かれ道で「え!どっち!?」と迷ったりして。(笑)








More
by ruki_fevrier | 2016-07-13 21:30 | | Trackback | Comments(0)
31回目の同窓会
d0165723_00360161.jpg


昨日は高校の部活の同窓会。
なんと31回目(笑)
今年は浦和の「うなぎの満寿家」さん。
去年はアップしそびれましたが、熊谷の焼肉屋でした。




d0165723_00360064.jpg


コース途中で出た鱧。
さっぱりしてて美味しかった~♪
今年初鱧!



d0165723_00360096.jpg



〆はしっかり一人前の鰻重。
え、食べれるかしら、と不安になりましたが、
あっさりしたお味だったので完食。
炭火で炙った香りがなんとも言えず良い感じ。
こういう食事が味わえるって本当に幸せ…

今年は2名欠席で11人が集まりました。
女11人集まると当然ですがかしましい。
個室で本当に助かりました。
てか、私たち、個室以外絶対無理w
うるさすぎてクレーム来ると思う。






More
by ruki_fevrier | 2016-07-10 23:55 | | Trackback | Comments(0)
ロンドン旅行記:大英博物館 その2
d0165723_23122729.jpg


8ヶ月ぶりに旅行記再開(汗)

2015.6.23.

ロンドン5日目の朝。
Beigel Bakeのポピーシードのパンで朝ごはん。
このパン、ちょーーー美味しかった!



d0165723_23122718.jpg



この日はまずHolbornのSir John Soane's Museumへ。
5,6年前に何かの本で知って以来、ずっと行きたかったミュージアムです。

18世紀に活躍した建築家ジョン・ソーン卿の自宅が彼のエキセントリックなコレクションとともに
美術館になっているというもの。
しかも展示は彼の生きていた当時のまま。

が、これがただの個人ミュージアムじゃない!



d0165723_23122709.jpg



こんな感じにコレクションが天井から床までびっしりなのです!
(中は撮影禁止なのでWikiから写真を拝借。)

古代ギリシャ、古代エジプト、古代ローマの遺物や、16世紀から18世紀の絵画等、
彼が尋常ならざる情熱で集めた品々が所狭しとスペースを埋めるように並べられています。
圧巻です。
こんだけ買ったのね、というのと、こんだけよく並べたねという驚きで口あんぐり。

すごいのはセティ1世の石棺。
一番下のフロアに鎮座しています。
有名なアビドスの王名表が彫られた葬祭殿の主、セティ1世。
そんな超有名な古代エジプトの王の石棺が、国の博物館では無く個人美術館にあるなんて…
あんびりーばぼー!
それ以外も見る人が見たら「おお!」と思う逸品がこの中にあるんでしょうね・・・

ソーン卿が改築して迷路のようなアパートメント。
ポンペイの赤で彩られた部屋も素敵でしたが、Study&Dressing Roomと名付けられた
1階の小さな作業場のようなコーナーが一番気に入りました。
Monument Courtという中庭のようなスペースに面してデスクが置かれていました。
ソーン卿はここで天窓からの明かりの中、図面を引いたのかなぁとしばし妄想。

彼はイタリアの画家で建築家でもあるピラネージと面識があり、
彼の版画作品も多くコレクションしているそうです。
私もピラネージが好きで彼の画集を持っているのですが、なんとなーくこの二人は似た者同士な気がします。
エキセントリックの方向性が似ている感じ…w

入場は無料ですが、一度に入る人数を規制しているため、
混んでいる時は少し待つことがあります。







More
by ruki_fevrier | 2016-07-07 22:09 | | Trackback | Comments(2)
帰国しました~
d0165723_23193487.jpg



昨日、無事に帰国しました。
帰りは最初の食事の後に即爆睡。
CAさんに「よく眠れましたか?」と言われるほどぐっすりでした。

今回もちょーーー楽しくて、昨年の旅行記から再開するのを迷うほど。
いや、でも書かねば。
かおちゃんにもしっかりプレッシャーかけられたし(笑)
ということで、近々昨年の旅行記から再開します…

それまでは、こちらでダイジェストをご覧ください…w

それにしても、、、暑い。暑すぎる!
ロンドンとの気温差、なんと10℃!
体がついてゆかず、倒れそうです…







by ruki_fevrier | 2016-07-03 23:32 | ご挨拶 | Trackback | Comments(2)