<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
久々の引きこもり休日
d0165723_00161168.jpg



2週間ぶりに何も予定がない休日。
天気もイマイチなので、家でのーんびりしました。

先々週の金曜日から2泊3日で二度目の台湾旅へ。
帰国して、23日にはクリスマスプディングレッスン、
26日はロースイーツレッスンと出ずっぱり。
今朝は目覚ましをかけずに思う存分寝たのでやっと復活しました。






More
by ruki_fevrier | 2016-11-27 23:58 | 日々 | Trackback | Comments(0)
杉本博司 ロスト・ヒューマン@東京都写真美術館
d0165723_00252678.jpg




庭美の後、閉館時間に間に合いそうだったので歩いて東京都写真美術館へ。
杉本博司 ロスト・ヒューマン」展、随分前に知って気になっていました。
だがしかーし、あっという間に会期終了まで残り2日…
無理かなぁと思っていたけど、庭美から意外に近かったのでなんとか滑り込みました。
美術館に入る前に見た夕暮れ。綺麗でした~




d0165723_00252732.jpg



「杉本博司 ロスト・ヒューマン」
リニューアルオープンと開館20周年を記念して開催された展覧会です。
「人類と文明の終焉」がテーマ。
三部構成で、第一部は「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」。
「理想主義者」「政治家」など、33の視点から見た人類終焉の物語が、
「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」で始まるテキストと
古物や化石などの歴史的遺物で表現されています。

中には「国土交通省都市計画担当官」や「バービーちゃん」なんていうのもある。
前者のストーリーでは、「人口減少によって近代都市の象徴である高層ビルや高速道路網などの
維持管理が不可能になり、それらは劣化し崩落し始め、近代遺跡になってしまった。
そして、かつて古代ローマの遺跡の上に中世の人々が暮らしたように、
それら近代遺跡の上に人々が暮らしている」という未来が語られている。
高速道路のトンネルでの天井落下事故などを思い浮かべ、さもありなん、と思ってしまった。

こんな感じで、そんな未来が待っているかもしれないと思わせる33の終焉ストーリーが展開する。
面白かったけど、さすがに最後は気分が欝々としました。(笑)




d0165723_00253663.jpg



第二部は《廃墟劇場》。
アメリカの廃墟となったシアターを巡り、スクリーンを張り直して映画を投影。
映画一本分の光量の長時間露光で撮影した作品。

素晴らしかったです!

シアターそれぞれのストーリーは一切示されていないが、
豪華な室内装飾の残骸を見てかつての栄華を感じ、
そこに集った人々の息遣いを感じ、
そして朽ちていく現在の姿にそれまでに積みあがった時間を感じる。
なんとも雄弁な写真群だった。

↑これはKenoshaというウィスコンシン州の町にあるシアター。
スクリーンサイドの透かし彫りのような装飾が美しくて、いつまでも見入ってしまった。
このシアターが一番美しくて好き。




d0165723_00252746.jpg



これはデトロイトのシアター。
これも豪華だよなぁ…
当時の人たちがこのシアターで何を見たのかしらないけれど、
豪華な劇場で、何かに熱狂し、この世の春と思ったことだろう。

第三部は《仏の海》という三十三間堂の千手観音の画像と一基の仏塔が並ぶインスタレーション。
この世の終わりを見た後に現れる千手観音。
未来は絶望しか待ってないんじゃないか、という気分が少し救われました。
やっぱり仏像って癒される・・・


d0165723_00253699.jpg



駆け足で回った展覧会だったけど、すごく集中して見たので長い時間いたような気分。
もっと早く行けばよかったなぁ・・・
空いている時に、じっくり見たかった。
まぁ、でも、見れただけよかった。
私にしては珍しく現代アートを梯子。
しかも両方とも死や喪失を感じさせる展覧会だった。
特に考えずに梯子したのだけど、見えない手に導かれていた気分。ふふ。








More
by ruki_fevrier | 2016-11-16 23:58 | 日々 | Trackback | Comments(0)
クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち@東京都庭園美術館
d0165723_00062209.jpg



先週土曜日、友達に誘われて東京都庭園美術館で開催の「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち」展に行ってきました。

大好きな旧朝香宮邸、久々~~~!!
小春日和で気持ち良い中、お散歩気分で行ってきました。



d0165723_00062398.jpg



だがしかし、ボルタンスキー!?という私。(^^;
現代アートは本当に苦手なのです。
友達は画集を持っているほど好きらしい。
そ、そうなんだ…

一階は音声によるインスタレーション《さざめく亡霊たち》。
最初は突然人の話し声が聞こえてびっくりしました。
2階では代表作《影の劇場》や《心臓音》。
前者はあまりに直接的な表現でかなりドキッとした。
後者は豊島でのインスタレーションで、心臓の鼓動と呼応し赤い照明がフラッシュする。

新館の《眼差し》では何十枚もの目元をプリントされた薄布を巡る。
そして《アニミタス》と《ささやきの森》では、
チリの砂漠と豊島の森に設置された風鈴の音色が、その映像と共に流れる。
スクリーンの前に置かれた草の香りで、まるで草原にいるように嗅覚が刺激されます。
最後の風鈴のインスタレーションが好き。
チリの風鈴は、そのまま風化するよう置かれているらしい。
砂漠を渡る風に吹かれて誰にも聴かれずに朽ちてゆく何百という風鈴。
この地上のどこかにそんな場所があるのだなぁと思いながら映像を眺めました。

アニミタスとは「小さな魂」という意味だそうです。
ボルタンスキーは「チリの人にとってアニミタスとは死者に対する思い出である」
とインタビューで言っています。↓
どれも死やあの世、彼岸を感じさせる作品で、
ホロコーストという歴史的トラウマを持つ彼の背景を知ってなるほどと思いました。
まあ、なかなか理解するのは難しい作品なのですが、とりあえず彼の世界観を感じことは出来たかな。











More
by ruki_fevrier | 2016-11-14 23:58 | 日々 | Trackback | Comments(0)
阿部春弥さんの黄磁陽刻鉄線文輪花皿
d0165723_00294089.jpg




美容オイル教室の時に出会ってしまった阿部春弥さんのお皿。
見た瞬間、一目惚れ!!
5寸なのでお値段も手ごろ。
「いかーーん!」と思いつつも手から離れず…




d0165723_00294020.jpg




描かれているのは花弁が6枚の鉄線。
お花のような星のような可愛らしい文様。
繊細な蔓も素敵です。
蔓についている小さなチョンチョンとした装飾がキラキラ度を上げている。
もーーー、超可愛いわ!








More
by ruki_fevrier | 2016-11-09 00:47 | | Trackback | Comments(0)
『ハーブの美容オイル‐ウルトラ抽出法の解説』秋冬
d0165723_00145103.jpg



Style Hug Galleryで開催のすずきちえこ先生の美容オイル教室秋冬版!
有休を取って参加した春夏以来、二度目のレッスン参加でした。
前回はあまりの情報量に、頭がぐるぐるしている間に終わってしまい、ちょっと消化不良な感じでした。
今回は自分でウル抽が出来るようになる!と己に課して参加。
自分で作ったオイルで石鹸を作るのが最終目標です。
できるかなー💦



d0165723_00145020.jpg




ちえこ先生が用意してくださったこの日のオイルたち。
美容オイルは化粧水教室同様、ハーブとオイルの座学が延々続き、最後に自分でオイルをブレンドします。
ハーブの効能、オイルの特徴など、先生の口からどんどん出てくる。
聞いて、メモして、どんなブレンドにするか考える。
頭ぐるぐるになるわけです。







More
by ruki_fevrier | 2016-11-08 00:40 | | Trackback | Comments(0)