久しぶりに庭仕事
d0165723_22373351.jpg


猛暑のこの夏、実は庭仕事はさぼりっぱなし。(汗)
植木屋さんが手入れに入った時に多少雑草を抜いてくれるのですが、薔薇の根元にハーブを植えているコーナーは手をつけておらず、加えて母もそこはやらないのですんごいことになっておりました。
なぜかと言うと、過去に何度か私が植えた草花を抜かれて怒ったからです。(笑)
お陰でその一帯は草ボウボウ。えぇ、もうそれは草原のようで・・・

先週末は階段から落ちて腰を打ったのでとても出来ませんでしたが、いー加減やらねば、と今日は夕方の1時間だけ頑張りました。
たった1時間、1.5㎡のスペースにも関わらず、抜いた草は45Lのゴミ袋1袋分に。
やばいです。種がついてました。ひえ~。

しかも抜いていて気付いたのですが、土がカラカラ。
この夏は夕立がとても少なくて、地植えの植物にとってはとても厳しい状態だったのです。
全然気づいていなかった!!反省。
どうりでツルバキアが全然咲かないわけだ・・・去年はいっぱい咲いていたのに~。
雑草を抜いてから、地植えの植物にもたっぷり水をあげました。

薔薇はそろそろ夏剪定の時期ですが、まだ暑い日が続くようなので手がつけられません。
今年はいつ頃やったらいいのかしら。
しかも!何株がカミキリムシにやられています。
マダム・アルディーとアリスターは昇天しました。まだ株元が細かったから食害に耐えられなかったのでしょうね。
しかもスパニッシュ・ビューティー、クィーン・エリザベス、ファンタン・ラトゥール、ソンブロイユの株元にも怪しい木屑が・・・(涙)
とりあえず、次の休みに薬剤を入れよう。
暑いからと庭仕事をさぼっていたツケですね。

この花瓶は、
# by ruki_fevrier | 2010-08-29 22:58 | | Trackback | Comments(12)
5月の福岡詣で
すっかり忘れておりましたが、5月の末に福岡に行ってきました。
ブログ再開が6月だったのでアップしそびれそのままに・・・
この方のマロンタルトを見て思い出したので、記録としてアップいたします。

d0165723_12401528.jpg


福岡に行った理由は、福岡スタッフTMくんの結婚式。
彼とは私が今の会社にアルバイトとして行き始めた時からのお付き合い。
彼がまだ23歳のぴちぴちの新入社員の時でした。
一緒に2年ほど働いて、その後首都圏の別の営業所に異動し、さらに福岡に異動となり、私が入社してからは滅多に、いや、全く会えず、電話でたまにやり取りをするくらいになっていました。

「たまには福岡に来てくださいよー」「うん、そのうち絶対行くよ~!」という会話を何度したことか。
数年が過ぎ、昨年の4月に出張で行き、久しぶりに会うことが出来ました。
その時は、「本当にrukiさんと福岡で飲むとは思わなかった~」と彼。
そうだね、ホントだね、と夜中1時まで福岡スタッフと飲み→夜中のラーメンコース。


d0165723_12494159.jpg


もちろんこの日も〆は夜中1時のラーメン。
2次会、3次会と西通りのお店で飲み、最後ワカモノが一言、

 「rukiさん、今日もラーメン行きましょう!」

 「えっ、マジで!?もう1時だよ?」

 「福岡に来たらラーメン食べて帰らないと!」

というわけで1年ぶりの深夜のラーメン。男性スタッフ13名+女性3名(私、新婦、そして謎の女。笑)でゾロゾロ。
店は「一風堂 大名本店」。
「本店だけのラーメンがあるんです!」と言うのでわざわざ行きました。
本店限定重ね味。うまい~~~。「深夜のラーメンなんて無理よ~」と言っていたのに完食。
しかもスープも全部飲んじゃった。(笑)

昔は「ラーメンはお醤油味よ!」だったのに、両親が福岡に行ってからすっかり豚骨派な私。
あぁ、また一風堂の重ね味、食べに行きたいなぁ~と画像を見てて思ってしまいました。

翌日は・・・
# by ruki_fevrier | 2010-08-29 13:24 | | Trackback | Comments(10)
単位は“3” バーレイ編
d0165723_1318162.jpg


器ネタ連投です。(^^;
今日はちょっと引かれちゃうかも~

以前、少し書いたバーレイ
イギリスのメーカーです。
初めて見たのはAfternoon Tea。もう何年前でしょうか、ブルーキャリコがいっぱい並んでいて、思わず買いそうになりましたがちょっと自分には可愛すぎだなぁと踏みとどまりました。
その後、この方のブログで拝見し、、、おぉ、こんな柄もあるのね、とチェックするようになりました。

で、バーレイを色々と調べていて出会ったのがこのブルー・ウィロー。
折しも、その頃手に入れた、ケイティー恩田さんの『英国びいき、葉山暮らし』(神奈川新聞社)にもブルー・ウィローのページがあり、映画や写真などで見慣れたブルー&ホワイトのエキゾチックな柄はウィローパターンと呼ばれるものであったということを知ったのです。


d0165723_13275476.jpg


柳と楼閣が描かれたデザイン、18世紀にイギリスに輸出された中国陶磁器の楼閣山水画が基であるらしい。
さらにそこに、チャンとクーン・セという古の中国の悲恋話が付け加えられ、柳と楼閣、そして現世で添い遂げられず、魂となって寄り添う二人を表す二羽の鳥、というデザインが出来上がったとのこと。

スポード社やミントン社などで銅版転写によって大量生産されて、ウィローパターンはヨーロッパに広まり、日本のメーカーも輸出用に作っています。
青と白の組み合わせは、染付などでとても馴染み深いものですが、このデザインはいかにもヨーロッパから見たアジア、という感じで独特。
白い地を青で隙間を埋め尽くかのような感じは、イギリス人のアジアへの憧れを詰め込んだように見えます。
(悲恋物語も、中国から伝わったのではなく、イギリス人の創造によるらしいです)

ベースのデザインは同じでも、メーカーによって雰囲気はそれぞれ。
私はバーレイのウィローパターンが気に入ったので、まずはバーレイで集めることにしました。
が、しかし!現在、バーレイのWeb Shopでは、黒が定番カラーのようで、青はありません。
日本のショップで売れ残っているものを探し、また、バーレイのアウトレットコーナーをこまめにチェックし、やっとここまで集めることが出来ました。

ちなみに、ボウルはウィローではなく、ブルーバード。
これもお気に入りのデザイン。とても使いやすい柄で、母はよく冷や奴などを入れて和食の時にも使っています。

呆れないでくださいね~(笑)
# by ruki_fevrier | 2010-08-28 13:54 | | Trackback | Comments(14)
単位は“3”
d0165723_1729051.jpg



春に人生のリスタート(?)を切ってから、器を買う際の単位が2から3へ変更に。
だってね、今後私が料理をするとしたら、親子3人分になるのだし。
器が揃ってないのは気持ち良くないし。
だからしょうがないよね~と自分に言い訳しつつ買い足しています。オホホ。

まずはかなり使えるKastehelmiのボウル。
丈夫だし綺麗だしサイズもいいし、で3拍子揃ったボウルです。
既にヴィンテージで2つ持っていたので、復刻版を購入。
下から順に、ヌータヤルヴィ製、アラビア製、復刻版です。

こう見ると、復刻版の白さが際立ちますね。
Bersaの復刻はいただけませんが、このKastehelmiはいい感じだと思います。
お値段も手ごろだし、普段使いにはいいですよね~


d0165723_1735183.jpg


製作年代によってツブツブの感じが微妙に違います。
上から順に、ヌータヤルヴィ製、アラビア製、復刻版です。

ヌータヤルヴィ製はツブツブに強弱があっておおらかな感じです。
アラビア製はくっきりはっきり。
復刻はヌータヤルヴィに近い感じ。
お皿も同様です。最初はアラビア製が好きでしたが、最近はヌータヤルヴィの感じが好みです。

そのほかは・・・
# by ruki_fevrier | 2010-08-22 17:45 | | Trackback | Comments(14)
帰ってきました~
d0165723_22112278.jpg


昨晩、深夜に関西より帰ってきました~

今年も4日間、天気に恵まれました。いや、もう、恵まれすぎっていうくらい晴れ続き。
なんたって、昨日の朝のニュースで、

 「今年は猛暑ですが、関西地方は今週は一番の暑さでしたね」

と言ってました。マジか~と思いつつ、納得。
4年連続で同じ場所に出張に行っていますが、今年が一番暑いと思いましたもの。


d0165723_2216508.jpg


今年もサンタマリア・ノヴェッラのポプリを持って行きました。
ホテルの部屋に戻ると、スパイシーな香りに包まれホッとします。

無機質なホテルの部屋が、少しだけ自分の空間になるような感じ。
香りの効果は絶大なぁと思います。


d0165723_22284642.jpg


もちろん、夜中のアイスもしっかり。(笑)
出張と言えばセブンティーンアイス!
疲れた体には甘いものが一番!でもそのせいか、帰宅したら体重が増加・・・
うーん、やつれているはずなのに増えてるって何故!?
ちょっと甘いものを食べすぎたかな。

今年の出張は猛暑の上、スタッフの人数が少なくて本当にハードでした。
兵庫の滞在先までは京都のスタッフS太郎が車で送迎してくれることになっていたので、帰りは京都で遊んで帰ろう~♪と目論んでいました。
京都には舎弟が3人もいるので、金曜の夜はみんなで飲んで・・・なーんて思っていましたが、あまりに疲れ果ててそんな気力も無く。

結局昨日は伊勢丹の和久傳でお夕飯を食べて帰ってきました。
ひとりご飯にしては贅沢だけど、頑張ったご褒美にいいかな、と。
鱧の餡かけに丸茄子の冷たい田楽、鯛の黒寿司・・・美味しかった~~~♪
デザートのイチジクは皮まで食べれる柔らかさ。オリジナルの日本酒で少しほろ酔いになりながらのお夕飯はサイコーでした。

ま、来月S太郎の結婚式でまた京都に行くので、その時に遊んでこようと思います。

それよりも・・・
# by ruki_fevrier | 2010-08-21 22:58 | 日々 | Trackback | Comments(8)