タグ:お稽古 ( 40 ) タグの人気記事
一からやり直し
d0165723_21545099.jpg


日曜日は、この日以来、2度目のレッスン。
スパルタレッスンのゆう姉ちゃん、到着したらお茶を飲むヒマも無く、即レッスン開始です。

最初は、宿題その1の指のドリル。
前回のレッスンで、1番から5番までそれぞれの音で始まるドリルを渡されていて、それをちゃんとやっているかを確認。
なんとか及第点を貰い、次のステップは1音上げて弾くように指示が。
ドで始まるのをレで始めると、当然のごとくドとファに♯が付きます。
が、しかし、その辺、全く忘れている私は、弾きながら「あ、音が違う」と慌てて半音上げたり下げたり。(汗)
とうとう、「rukiちゃん、調性をかなり忘れてるね」と言われ、「一からやり直しね。いい機会だから全部ドイツ語で覚えてちょうだい」と調性の解説が始まりました。

それからは、曲を弾く度に

「これは何調?」「・・・(必死に鍵盤を数える)ゲ、G Dur・・・?」
「記号は?」「シャ、シャープ」
「音名は?」「Fes・・・?」「違う」「フィ、Fis・・・?」

のやり取り。
エレクトーンは覚えなくても、必ずコードが書かれていたからそれ見れば分かったんですよね~。
というわけで、書棚の一番奥に仕舞っていた楽典を引っ張り出してお勉強です。
昭和59年発行のこの本。一体何年前に買ったんだろう!?

2時間ぶっ通しレッスン
by ruki_fevrier | 2011-11-30 23:09 | 日々 | Trackback | Comments(0)
地味練
d0165723_2142397.jpg


あれから1ヶ月。
毎日30分から1時間くらい練習しています。
飲み会で午前様な日はもちろんできませんけど、そうでなければほぼ毎日。
「意外に真面目な生徒」とゆう姉ちゃんに評価されています。

メヌエットとミュゼット、プレリュードはとりあえず最後まで止まらずに弾けるようになりました。
今はインヴェンション第1番を練習中。
片手づつ練習して、次にゆっくり両手で弾いて、躓くところを集中的に練習。
毎朝出勤時には、インヴェンションのCDをD-snapで聴いて音を頭に叩き込み、ようやく最後まで弾けるようになりました。

More
by ruki_fevrier | 2011-11-12 22:32 | 日々 | Trackback | Comments(8)
Bach:Menuette and Musette



バッハのメヌエット ト長調とミュゼット ニ長調。
この2曲も練習中。

最初は全然弾けなくて、「こんな簡単な楽譜なのに・・・」とすごーく凹みました。
とりあえず通して弾けるようになっても全然素敵に聴こえなくて。
曲自体に魅力を感じないで弾いていたのです。
それが、ネットでこの動画に出会い、衝撃を受けました。大袈裟じゃなくて、ホントに。
この曲、こんなに綺麗な曲だったんだぁ・・・って。
中川京子先生の音、すごく美しい・・・





メヌエットよりさらに苦手に思っていたミュゼット。
でも、これも中川先生の演奏を聴いて、練習に熱が入りました。
なんでこんなに美しい音なんだろう・・・私の音とは大違い。
でも落ち込んでる場合じゃありません。練習あるのみです。
目指せ!中川先生のミュゼット!!

ゆう姉ちゃんのレッスンは月に1回なので、次のレッスンまでにこの2曲とプレリュードは仕上げておかないといけません。
加えて、「次の曲の譜読みもしておいてね」と昨日メールが。
次はバッハのインヴェンションの1番、8番、13番。
坂本教授のschola(スコラ)、今は古典派編ですが、私はバッハ編を見直しお勉強です。

by ruki_fevrier | 2011-10-16 13:02 | | Trackback | Comments(2)
Bach:Prelude No.1 in C major, BWV846




今練習している曲。
最後まで間違えずにはまだ弾けません~。どっかで必ず間違える。
こんな風に弾けたらいいなぁ。

フーガはまだまだ手をつけれません・・・





こーんな個性的な演奏も。さすが天才。

More
by ruki_fevrier | 2011-10-12 23:13 | | Trackback | Comments(4)
四十の手習い
d0165723_2012308.jpg


先日、「えいっ!」と勢いつけて買った今年1番のお買い物、それは電子ピアノ。
本当はアンティーク・キャビネットを置こうと空けていたスペース、今はこのピアノがドンと鎮座しております。
もちろん、買っただけでは弾けませんので・・・きちんと習うことにしました。
で、本日、初レッスン~!

くたくた~
by ruki_fevrier | 2011-10-10 21:03 | 日々 | Trackback | Comments(10)
緑のリース
d0165723_21311395.jpg


鳥の巣ではございません。
2ヶ月に1度のmiki先生のお花レッスン@銀座le sept
昨晩は夏のリース教室でした。


d0165723_213397.jpg


イタリアン・ルスカスとオリーブ、黒唐辛子で作る緑のリース。
壁に掛けるとこんな感じです。

2本のルスカスで枠を作り、オリーブと黒唐辛子をところどころ飾ってアクセントにします。
白いスターチスも用意されていましたが、今回は渋目に行こうと思って我慢。
でもスターチスをリース全体にちりばめるとふんわりした雰囲気のそれはそれは可憐なリースになります。
他の人が作ったリースを見て、ちょっとだけ後ろ髪引かれました。

More
by ruki_fevrier | 2011-08-14 21:53 | | Trackback | Comments(14)
水無月のブーケ
d0165723_2318321.jpg


昨日は2ヶ月に1度のmiki先生のお花教室@le sept。
今回はJune brideに因んでブーケです。
先生が北鎌倉から背負っていらっしゃった沢山のお花から好きなものを選び、それに先生が合わせてくださったお花で作ります。
ホワイト&グリーンのオーソドックスなブーケにも惹かれたけど、私は淡い紫陽花で作りました。


d0165723_23214865.jpg


別の角度から。
一昨年の12月に初めてリース教室に参加してから5回。
今回が一番自分の思い描いた通りに仕上がりました♪

More
by ruki_fevrier | 2011-06-19 23:49 | | Trackback | Comments(8)
黒椿
d0165723_14254882.jpg


昨晩は銀座でmiki先生のお花教室。
いつものごとく、先生が沢山のお花を担いでいらっしゃったのでle septのカウンターは花畑状態。

艶やか系かパステル系かを選ぶ今回のお稽古。
私は艶やか系にチャレンジ。
花材は「黒椿」。深紅よりももっともっと深い紅。
しかもお花屋さんの椿じゃありませんから、枝が伸び伸びしてて活けるのに苦労しました。(ね、norikoさん!)
もちろん今回も先生の魔法のお手でなんとか形に。(^^;

で、こんな感じ。
by ruki_fevrier | 2011-04-10 14:49 | | Trackback | Comments(6)
今年の森のリース
昨年に引き続き、今年もmiki先生のリース教室に参加してきました。
今年は小ぶりで可愛い系にするぞ!と妄想を膨らませていたのだけど、結果は・・・


d0165723_2318153.jpg


赤い実を一切使わないしぶーいリースになってしまいました。(^^; あれっ!?

緑をベースにしたいなぁ、と思ったら、何故だか赤を使いたくなくなってしまったのです。
白と黒の実をアクセントにしたいなぁと。
そしたらこんな地味めなリースになってしまいました。わはは。
やっぱり私、地味好き?いや、渋好みって前向きに考えよう。

ちなみに、去年のリースはこちら
明らかに、去年の方がまだ可愛い。(汗)


d0165723_2322591.jpg


でも、よくよく見れば、まっくろくろすけもいるし。


d0165723_232341.jpg


白い紫陽花の花弁に上にちょこんと乗ってる黒い実もいるし。


d0165723_23233286.jpg


レモンユーカリの陰には美しいシダーローズもいる。
意外に賑やかなんだけども。

去年作ったリースは廊下に飾り、昨日作ったリースを部屋の壁に掛けました。
そしたらレモンユーカリのいい香りが・・・
ソファの真上にリースを飾っているので、座って寛いでいるとレモンユーカリの爽やかな香りに包まれます。あぁ、幸せ~♪

レッスン後のお楽しみ
by ruki_fevrier | 2010-12-12 23:17 | | Trackback | Comments(14)
銀座草花教室
d0165723_13131895.jpg


憧れのmiki先生の草花教室、銀座でまたお教室が開催されるというので参加してきました。


テーマは、「秋の草花・降るように生ける。」


渡された花材を眺めてしばし悩む・・・
可憐なコスモス、黄色い小花が可愛いソリダスター、赤く色づき始めたヒペリカム、そして小豆色の大きなオクラ。
オクラ、こんなのも花材になるんだ~とびっくり。


d0165723_13202859.jpg


今、一緒に咲いている花だから、どんなにボリュームいっぱいに生けても自然です。
ほとんど先生のお庭で咲いているお花だそうです。
秋にこんなにたくさんのお花が咲いているなんて。憧れます~(うちは今とっても寂しい庭です)

ソリダスターの黄色をバックに濃いピンクのコスモス。
ものすごいコントラストなのに、何故か可憐。自然の色は本当に美しいです。


d0165723_13253321.jpg


これが全体像~。
昨晩と全く同じように、にはならなかったけれど、まあまあ雰囲気良く生けられたかな。
ふんわり、が私の昨晩のテーマ。上手く表現できたかしら。

前回参加したリースの時も思ったのですが、人それぞれ本当に個性溢れるアレンジメントが出来上がります。
特に男性陣の作品には驚きの連続で。
どれも清楚なアレンジメントで、お花への素直な愛情で溢れてました。
うーむ、見習いたい。

昨年の森のリース
by ruki_fevrier | 2010-10-17 13:53 | | Trackback | Comments(9)