タグ:イギリスのもの ( 11 ) タグの人気記事
ロンドン旅行記:Steve Harrison's workshop
d0165723_22395470.jpg


5日目の午後。

ランチの後、この電車に乗って憧れの陶芸家Steve Harrisonの自宅兼工房へ出発!

Steveの器に出会ったのは2009年。
個展会場が通勤路だったので通りかかり、「おお!素敵!」と中に入り、彼の器に出会いました。
一目惚れしてクリーマーをひとつ購入。
翌日にもう一度行って、マグをひとつ購入。
その後、2012年、2014年と個展の度にひとつづつ集めてきました。
いつかイギリスで彼の器を買いたい、と思っていて、かおちゃんに
「この人の器が買えるところに行きたい」と伝えたところ、
本人にメールでどこで買えるか聞いてくれたのです。
そしたら「うちにどうぞ」と返事が。

最初は「ええー!!無理無理、緊張しちゃう!!」って思ったのだけど、
かおちゃんの「せっかくですから!」という言葉に背中を押され、行くことにしました。
ということで、憧れの陶芸家のお宅訪問の旅!



d0165723_22395455.jpg


ロンドンを出発して約1時間。
こちらの駅で降ります。




d0165723_22395959.jpg


駅前の通り。
交通量はそこそこありますが、とってものどかな眺め。
ザ・イギリスの郊外、という感じです。



d0165723_22395980.jpg



Google Mapを頼りに、Steveが住む住宅街を目指しててくてく。
途中、分かれ道で「え!どっち!?」と迷ったりして。(笑)








More
by ruki_fevrier | 2016-07-13 21:30 | | Trackback | Comments(0)
バーレイのヴィクトリアンチンツ
d0165723_23531253.jpg


数か月前に伊勢丹の英国展で買った器。
バーレイのヴィクトリアンチンツシリーズのブルーです。
まさかトリオで揃うとは思わなくて、おお!と興奮して買ってしまいました。
ついでに朝ごはん用に中皿も。


d0165723_23531140.jpg



これは数年前に揃えたピンク。
バーレイの他のピンクはそれほど好きではないのだけど、
このシリーズのピンクは可愛くて。
しかも意外に使いやすい。

なのでブルーもいつか、と思っていましたが、気付いたら生産終了に。
お陰でバーレイのオンラインショップでは買えなくなりました。



d0165723_23531104.jpg



右がピンクの21.5cmプレート。
左がブルーの22cmプレート。

ヴィクトリアンチンツはブルーキャリコと同じ型なのですが、
なぜかブルーの中皿はアジアティックフェザンツの型で作られています。



d0165723_00002634.jpg



なので重ねるとわずかにブルーの方が大きい。







More
by ruki_fevrier | 2015-12-16 00:14 | | Trackback | Comments(2)
ロンドン旅行記:Portobello Road Market
d0165723_22124708.jpg


2015.6.20.

ロンドンで最初の朝ごはん。
ハムエッグにパン、ヨーグルトとフルーツ、ジュース、ミルクティ。
場所は変わってもメニューは一緒。(爆)

ロンドンの苺、甘い!!
アメリカのはあんまり甘くなかったので感激です。
シードがいっぱい入ったパンは、お味は普通でした。うん、普通。
でもバターが美味しいから全然オッケー!!
バター美味しい。マジで持って帰りたいと思いつつ食す。



d0165723_22124778.jpg



トースターはポップアップ式なので、パンはこのようにフライパンで温めました。

コンロは電気で、使い方が分からず最初はちょっと戸惑いました。
なんで温かくならないのかしらーーーーって、コンロの前で数分悩む。
でも適当にいじってたら使えるようになりました。




d0165723_22124733.jpg



この日は土曜日だったので、憧れのポートベローのアンティークマーケットへ!
イギリス駐在経験のある友からは、
「10時までには買い物を終わらせること。10時からは死ぬほど混みます。」
と指示をもらっていたので、9時頃現地に着くようにホテルを出ました。

↑グロスターロード駅は、サークルラインとピカデリーラインの2線が乗り入れていて、
こちらはサークルラインのプラットホーム。
なかなか良い雰囲気。






More
by ruki_fevrier | 2015-08-02 23:47 | | Trackback | Comments(4)
ブルーキャリコ
d0165723_16013073.jpg



久々の器ネタです。
と言っても、買ったのは11月。
楽天ポイントが結構あったので、それを使ってバーレイのブルーキャリコを一揃い。
21センチプレート、シリアルボウル、マグカップ。



d0165723_16013080.jpg



シリアルボウルですが、スープを入れるのにちょうど良いサイズ。
食欲ない日の朝ごはんは、いつも野菜のポタージュ。
野菜はその時冷蔵庫にあるもので。
なので毎回味が違います。






More
by ruki_fevrier | 2015-01-18 16:24 | | Trackback | Comments(0)
初オクトゴナル
d0165723_22375923.jpg



青木さんの個展の後に行った、ATLAS antiquesさんの展示会。
ちょうど桃居の帰り道なので寄ってみました。
で、出会ったお皿がこちら。
初オクトゴナルです。
ATLASさんいわく、ウェッジウッド製らしい。いつ頃のものか伺ったのですが、なんせ1か月前に聞いたのですっかり忘れてます。

※最初、初アンティークというタイトルにしてましたが、よく考えたら去年のオランダ旅行で買ったお皿やポットはたぶんアンティーク。ということで、変更。



d0165723_22182311.jpg



縁の装飾がダイヤ柄なんです。
可愛い~~~。


d0165723_22191486.jpg



それと、シルバーメッキのフォーク2つとスプーンを1つ。
スプーンも2つ欲しかったのですが、1つしかなく・・・残念。


More
by ruki_fevrier | 2013-12-01 22:32 | | Trackback | Comments(10)
オランダ旅:アムステルダム 蚤の市と戦利品
d0165723_2246511.jpg



日曜日、まずは自転車でオリンピックスタジアムのそばで開催される蚤の市へ。
途中、あちこち写真を撮りながら向かいました。

とある家の窓辺にオランダ国旗と使い込まれたバッグがぶら下がっていました。
これは、この家の子供が高校の卒業試験に合格したことを祝って行う習慣だそうです。
「受かったよ~!!」と街ゆく人々に宣言するわけです。それだけ厳しい試験と言うことなのでしょう。


d0165723_22571230.jpg



こんな街並みとか。


d0165723_22573336.jpg



こんな優雅な水辺を眺めながら、広い自転車専用道路を漕いで行きました。
オランダ人はかなりハイスピードなので、ガンガン抜かれます。(笑)

この日は絶好のサイクリング日和!日差しがあって気持ち良かった~♪

More
by ruki_fevrier | 2012-06-29 23:28 | | Trackback | Comments(6)
Steve Harrisonの器
d0165723_12352515.jpg



旅行前のため絶賛皿禁中ですが、どーしてもこれは我慢できなかった。
ARTS&SCIENCEで6/3まで開催のSteve Harrisonの個展「Tea at the Table 2012」。
3年ぶりの個展です。

前回の個展で、小ぶりのマグとクリーマーを買ったので、今回は大ぶりのマグが欲しいと思っていました。
まぁ、もちろん、先立つものがあればポットも欲しいんですけど・・・まだまだ稼ぎが少ないので手が出せず。

ソルトグレーズ製法で作られる彼の器は、塩が生みだす不思議な表情があります。
作家本人も、窯を開けるまでどんな風になっているか分からないのだとか。


d0165723_1243416.jpg



表は深いモスグリーンですが、反対側は爽やかな青。
これと迷った同じ型のもうひとつのマグは、全体がもっと深いモスグリーンでした。

全てがハンドメイドなので、形も色も1つ1つ違います。
お気に入りを見つけるまでの時間が、楽しくもあり、大変でもあり・・・
この時も散々迷って決めました。

取っ手フェチ
by ruki_fevrier | 2012-05-20 12:59 | | Trackback | Comments(4)
Breakfast cup
d0165723_1133073.jpg


先月末までやっていたバーレイのウィンター・セール。
今回は見送ろうと思っていたけど、欲しかったお皿が出ていたので思わずポチッ。
だって、定番じゃない柄だし、しかも£8が£4!!!安いっ。
で、ついでにブルーウィローのディナー皿も2枚ポチッ。こちらもセールで£8。送料入れたって日本の半額以下やねん。

送料が上がるラインまでまだ余裕があったので、前から気になっていたブレックファスト・カップを1つポチッ。
週末の朝食で、必ず500mlは紅茶を飲む私。150mlくらいしか入らないティーカップじゃ何度も注がなくちゃいけなくて面倒。
自然とグスタフスベリのLIモデルのティーカップやジノリのアンティコ・ホワイトのモーニング・カップの頻度が高くなります。

と、長々と言い訳を書きましたが、とにかくそんな理由で以前からバーレイのブレックファスト・カップが気になっていたわけです。


d0165723_11204840.jpg


届いた商品を見て、思わず「でかっ!」。
ホントーにでかいです。500ml入る小さいポットとほぼ同じ大きさ・・・
大きさに比例して、重い。
ジノリのモーニング・カップを「いっぱい入るからいいわ~」と愛用してる母ですが、多分これは
「いっぱい入るけど重くて嫌い」と言うことでしょう。
まずは1つだけにしておいて良かった・・・

重さ以外はほぼ私の理想通り。
重さも「これはマグカップだ」と思えば気にならない。
ミルクを多めに注いでも溢れる心配がない余裕の大きさ~~~♪
気に入りました。でも1つで十分ですが。

バーレイ尽くしの朝ごはん
by ruki_fevrier | 2011-02-06 11:36 | | Trackback | Comments(8)
ブラウニー
d0165723_2003752.jpg


確か、去年の今頃も同じような理由でお菓子を焼いていました。

 バターの賞味期限が切れちゃう!

チョコレートケーキを作ろうと買ってあったチョコレートも全然使ってないし。
両方使って作るお菓子は無いかなぁ~と考え、思いついたのがブラウニー。

材料を混ぜて焼くだけの超簡単お菓子。
オーブンで焼いている時から家中、甘いチョコレートケーキの匂いで溢れます。


d0165723_2073881.jpg


今回は、飯島奈美さんの『シネマ食堂』のレシピで。
シナモン・ロールが作りたくて買ったこの本。一緒にドライイーストも買ったのに、まだ作ってません・・・(^^;
イーストの期限はどうだったかしら。

ブラウニーは、とっても思い出のあるお菓子です。
子供の頃、通っていた教会学校でよくおやつに頂きました。
一緒に通っていた幼馴染チィちゃんのお母様がよく焼いてくださったのです。
おばさまはバザーとなると、お菓子を何百個も焼いたりして家中すごいことになっていたとか。
おばさまのレシピ、今度チィちゃんに聞いてみよう。

More
by ruki_fevrier | 2010-11-23 20:19 | | Trackback | Comments(10)
単位は“3” バーレイ編
d0165723_1318162.jpg


器ネタ連投です。(^^;
今日はちょっと引かれちゃうかも~

以前、少し書いたバーレイ
イギリスのメーカーです。
初めて見たのはAfternoon Tea。もう何年前でしょうか、ブルーキャリコがいっぱい並んでいて、思わず買いそうになりましたがちょっと自分には可愛すぎだなぁと踏みとどまりました。
その後、この方のブログで拝見し、、、おぉ、こんな柄もあるのね、とチェックするようになりました。

で、バーレイを色々と調べていて出会ったのがこのブルー・ウィロー。
折しも、その頃手に入れた、ケイティー恩田さんの『英国びいき、葉山暮らし』(神奈川新聞社)にもブルー・ウィローのページがあり、映画や写真などで見慣れたブルー&ホワイトのエキゾチックな柄はウィローパターンと呼ばれるものであったということを知ったのです。


d0165723_13275476.jpg


柳と楼閣が描かれたデザイン、18世紀にイギリスに輸出された中国陶磁器の楼閣山水画が基であるらしい。
さらにそこに、チャンとクーン・セという古の中国の悲恋話が付け加えられ、柳と楼閣、そして現世で添い遂げられず、魂となって寄り添う二人を表す二羽の鳥、というデザインが出来上がったとのこと。

スポード社やミントン社などで銅版転写によって大量生産されて、ウィローパターンはヨーロッパに広まり、日本のメーカーも輸出用に作っています。
青と白の組み合わせは、染付などでとても馴染み深いものですが、このデザインはいかにもヨーロッパから見たアジア、という感じで独特。
白い地を青で隙間を埋め尽くかのような感じは、イギリス人のアジアへの憧れを詰め込んだように見えます。
(悲恋物語も、中国から伝わったのではなく、イギリス人の創造によるらしいです)

ベースのデザインは同じでも、メーカーによって雰囲気はそれぞれ。
私はバーレイのウィローパターンが気に入ったので、まずはバーレイで集めることにしました。
が、しかし!現在、バーレイのWeb Shopでは、黒が定番カラーのようで、青はありません。
日本のショップで売れ残っているものを探し、また、バーレイのアウトレットコーナーをこまめにチェックし、やっとここまで集めることが出来ました。

ちなみに、ボウルはウィローではなく、ブルーバード。
これもお気に入りのデザイン。とても使いやすい柄で、母はよく冷や奴などを入れて和食の時にも使っています。

呆れないでくださいね~(笑)
by ruki_fevrier | 2010-08-28 13:54 | | Trackback | Comments(14)