タグ:甘いもの ( 120 ) タグの人気記事
おうちでお花見
d0165723_12470858.jpg



先週の週末はお天気が悪かったので家でのんびりお花見。
金曜の帰りに青山フラワーマーケットで買った彼岸桜。
3本で1000円くらいだったかな。
金曜の朝、蕾で入荷したらしいけど、気温が高いのでほとんど花開いていました。



d0165723_12470864.jpg



makiちゃんこと鈴木麻起子さんの大きな花瓶に。
1メートル弱ある枝ものを生けるにはこの花瓶がぴったり。
そういえば、この時もこれに桜を生けたのでした。






More
by ruki_fevrier | 2015-04-11 12:56 | | Trackback | Comments(0)
ルーブル美術館展 日常を描く@国立新美術館
d0165723_21023201.jpg



人間ドックの後、半休取って国立新美術館へ。
せっかくの平日休み、空いているうちにルーブル美術館展に行こう~
と思ったのだけど、

甘かった!!!

めっちゃ混んでました。
春休みというのもあるし、今月末まで学生は半額というキャンペーンも
やっているのもあるのでしょうが、とにかく激混みでした。
中に入ってから後悔したくらい…

「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」
という長ーいサブタイトルが付いている今回のルーブル展。
テーマは日常を描いた風俗画です。
風俗画と言えばオランダ=だからフェルメールなんだぁ、と
思っていましたが、さすがルーブル。
プロローグは古代ギリシャやエジプトの陶器に描かれた日常の風景から。
風俗画を語るのに西洋絵画だけじゃない、というところが、
膨大なコレクションを持つルーブルならではの構成だなぁと思いました。







More
by ruki_fevrier | 2015-03-29 21:54 | 日々 | Trackback(1) | Comments(6)
ホワイトデー
d0165723_22022901.jpg



同僚からのホワイトデーは今年もキルフェボンのタルト♪
実は「今年はこれにしようかと思うんだけど」と担当のK氏から
資○堂パーラーのシュークリームを示されたんだけど、
「いやいや、今年もキルフェボンでいいから」と指定した私。(笑)

そのうえ「女性スタッフの人数が増えてきたから、1.5ホールにしてよ」とリクエスト。
あはは。K氏、ちゃんと1個半を買ってきてくれました。
なので一人1/6!!
すごいでしょー。
お店で売ってる1ピースの2倍以上あります。
でも軽ーく食べれてしまう、キルフェボンマジック。

↑これはホワイトデー限定のタルトだそうです。
K氏はちゃんと予約したけど、予約なしなら1時間待ちって言ってました。
すごい。



d0165723_22022900.jpg


去年はこちら。
これも美味しかったなぁ。
しかも苺が美しい。
キルフェボンのフルーツはホントに美味しい。





More
by ruki_fevrier | 2015-03-14 22:43 | | Trackback | Comments(2)
加加阿365
d0165723_00415296.jpg



今回、一番お買い物したところはこちら。
祇園にある「加加阿365」。
カカオ、と読みます。




d0165723_00415265.jpg



「茶の菓」で有名なマールブランシュのチョコレート専門店です。
お店には茶の菓の松がw
可愛いというより笑える~

チョコホリックではないのであまりチョコレートは買いません。
でもここのは優しい甘さで美味しい!!
試食のチョコにコロッとやられ、私にしてはチョコ大量買い。(笑)




d0165723_00415117.jpg



奥のショーケースではエクレア等の生菓子も売っています。
持って帰れないので、中庭を眺めながらお店でいただきました。
これも美味しい~~~!!






More
by ruki_fevrier | 2015-03-11 01:01 | | Trackback | Comments(2)
JAPAN ARCHITECTS 1945-2010@金沢21世紀美術館
d0165723_19540813.jpg



一度行きたいと思っていた金沢21世紀美術館
そして、この「JAPAN ARCHITECTS 1945-2010」展もすごく行きたいと思っていました。
なので、金沢出張が決まった時は飛び跳ねたくなるほど嬉しかったのです。
もちろん、職場でそんなそぶりは見せなかったけどw

パリのポンピドゥー・センターの副館長であるフレデリック・ミゲルー氏の
キュレーションによるこの展覧会。
「戦後の日本建築史を再構成する」をコンセプトに、時系列に6つのセクションに分けられ、
それぞれ色が付けられています。



d0165723_19540860.jpg



最初のセクション「戦後」を表す色は黒。
黒い壁で仕切られた中に、戦前から戦後に壊れた建物の遺物が展示されています。



d0165723_19540894.jpg



この、最初の部屋だけは撮影可能。

構成は以下の通り。

第1セクション:黒
絶えざる破壊と再生、陰翳あるいは闇

第2セクション:ダーク・グレー
都市と国土のヴィジョン

第3セクション:ライト・グレー
新しい日本建築

第4セクション:カラー 
メタボリズム、万博、新たなヴィジョン

第5セクション:ノン・カラー
消滅の建築

第6セクション:白
還元から物語へ


区分については、特に後半の第5第6くらいはよく理解できなかった。
でも、第4セクションのカラーは「おお、ホントだ、カラーだ!」って思うくらい
大阪万博会場の模型はカラフルで、なるほど、と思いました。
万博会場の建築物は、あの時代の未来志向をすごく感じる。
どれも個性的でカラフル。
戦後復興が一息して、人々が目を輝かせて未来を見つめていたんだなぁと思う。

ドローイングや図面、模型などの建築資料と実際の建築物の写真や動画が
一緒に展示してあり、それが本当に面白かった。
資料だけだと私のような素人にはそれがどういう立体なのか想像つかない。
でも、資料を見た後で写真や動画を見ると、「おお、あれがこうなるのか」と思う。
写真や動画だけより、少しだけその建築物を見る目が深くなる気がした。
最終的な形を決めるまでの、建築家の思索が資料に表れているのだと思う。
見る人が見たら、きっともっと色々わかるんだろうなぁ。

ポンピドゥーの建築資料のコレクションはかなりすごいらしい。
今度パリに行ったら、絶対ポンピドゥーにもぜひ行きたい。
(でもいつになることやら…)






More
by ruki_fevrier | 2015-02-08 21:20 | | Trackback | Comments(0)
NY旅日記 2014:Chelsea界隈
d0165723_17005190.jpg



NY3日目の朝。
華氏70℃なので快晴ではないけど心地よい天気。
前日が遅くまで起きていたので、起きたらこの時間。(笑)



d0165723_17005158.jpg



朝ごはんは去年行けなかったMurray's Bagelsへ。
2店舗あるうちのチェルシー地区にある店へ。



d0165723_17005172.jpg



お昼には少し早い時間だったけど、既に15人くらいが並んでいました。
ショーケースには色々なフレーバーのクリームチーズが。
アメリカ人はクリームチーズへの拘りがすごいのね。
こういうのを上手に組み合わせて自分なりのベーグルをオーダーできたら素敵。



d0165723_17005160.jpg



が、しかし、私には無理なので、メニューにあるものを注文。
チキンとベーコン、トマトとレタス。
BLTにチキンプラス、という感じ。
おーいーしーいーーーーー!
ふうちゃんが頼んだシンプルなクリームチーズのベーグルも美味しかった。
そもそも、ベーグル自体が美味しいんだよね~










More
by ruki_fevrier | 2014-12-30 22:07 | | Trackback | Comments(0)
Joyeux Noël !
d0165723_00452931.jpg



本日は、予定通りYちゃんとクリスマス限定パンケーキ食べ歩きの旅へ。
表参道は昨日に続き、カポーがいつもの数割増しで闊歩しておりました。
えぇ、普段の平日は誰も歩いていないような路地裏にもカポーがたくさん!
↑もちろん、このイルミネーションの下でもたくさんの記念撮影が行われていました。




d0165723_00452996.jpg



人が多い表通りを避けて裏道通っていたらこんなところに出ちゃった。
しかも、こんな結婚式場大聖堂の前でも記念撮影するカポーたちががが。
クリスマスってすごい。(笑)








More
by ruki_fevrier | 2014-12-26 01:15 | | Trackback | Comments(2)
クリスマスイブ
d0165723_00573272.jpg




ここ数年、クリスマスはおとなしく家で過ごしておりましたが、
訳あって、急きょ後輩と会うことに。
ベルギー料理とビールの宴となりました。

↑これは後輩が飲んだビール。
冬に売り出すビールだそうで、瓶もグラスもサンタさんみたいな
おじいさんが描かれていて可愛い。






More
by ruki_fevrier | 2014-12-25 01:16 | | Trackback | Comments(0)
クリスマスイブイブ
d0165723_23544870.jpg




京都に行く前に箱から出して、飾ることは飾ったクリスマスピラミッド。
が、しかし、この専用の蝋燭を買う時間が全く無く、やっと昨日買ってきました。
この色が残ってて良かった~
何年か前は全然残っていなくて、白いキャンドルで我慢した時がありました。



d0165723_23544806.jpg



今年はこんな感じ。
今朝、慌ててピラミッド以外を出して飾りました。
新しく何かを買ったりする時間が無かったから、もうあるもので済ますことに。
ま、あと2日だけだし。
後ろに吊るしたのは札幌で買ってきたスパイスリース。
ガラスの燭台もツリーも数年前に買ったもの。





More
by ruki_fevrier | 2014-12-24 00:22 | | Trackback | Comments(2)
二年ぶりの
d0165723_17173674.jpg




二年ぶりの上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトによる「ALIVE」ジャパンツアー。
今回は土日の二日間行くことが出来ました。
しかも両方ともいい席!
モニター見なくてもひろみちゃんの弾く姿がばっちり見えました。

今回も上原ひろみと愉快な仲間たちが奏でる、今宵この場所でしか生まれない音楽を
二日間、堪能してきました~
もー、このトリオ、アルバム出すごとに進化してます。
そのパワーアップ度が半端ない。
それぞれが強烈な個性とプロフェッショナルな精神でぶつかり合い
共鳴し合って生み出す音の数々。
ほぼ90%のアドリブは、息を飲む凄さ。
まるでピアノにダイブするかのような激しいタッチ。
もう猫パンチみたいなのですよ。
それなのに音は外さない。
思わず「すごい…」と呟かずにはいられなかった。





d0165723_17233015.jpg



2日間のセットリスト。
最新アルバム「ALIVE」以外からも数曲。
これがまた痺れる。
MOVEなんて、すっごい進化してた。
特にサイモン・フィリップスのドラムがすごいっ。
今までで一番ドラムが気になったライブだった。

そして大盛り上がりの後のFirefly。
泣きたくなるほど美しい旋律。
ホールにいる5000人が音ひとつ立てずに聴き入っていました。

同じ曲を聴いても、二日間とも全然違う。
ああ、これがジャズの面白さなんだよね~








More
by ruki_fevrier | 2014-12-14 23:25 | | Trackback | Comments(0)